ひだまり    今は古事記に夢中! 羽入結弦 2014GPF 海外解説「わたしたちは競技の歴史の新たな1ページに立ち会っていた」 「羽生は別次元。 羽生ワールドは別世界だ!」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

羽入結弦 2014GPF 海外解説「わたしたちは競技の歴史の新たな1ページに立ち会っていた」 「羽生は別次元。 羽生ワールドは別世界だ!」

羽生くん、GPF優勝おめでとう!!

終盤、
3LTで転倒したあとの解説者の言葉がすごい!!
「わたしたちは本当に、競技の歴史の新たな1ページに立ち会っていたんです」


転んだ後…なのに! 
まだ演技終わってないのに…

<GPF 2014 FS イタリア語解説>





あまりにもすごいことを、
あまりにもうれしいことを言ってくれているのでもう一度!

(※意訳入ります!)


「わたしたちは本当に、
競技の歴史の新たな1ページに立ち会っていたんです!」


「羽生は常軌を逸している」
「氷上にスケーターがいて、羽生はさらにその別次元にいる」

「4分前わたしは言いました。
(昨シーズンが良すぎたので)同じような演技をするのは難しい、と。
(だから普通は競技を休むのに)
しかし(予想を裏切り)羽生はもっと高いレベルへ行ってしまった。」

「これだけのクオリティーの4Sを僕は知らない」

「昨日は(SP)批判が集まったんだ。
点数が出すぎだとか、フィギュアは見せかけになったとか、信頼性がなくなったとか。
SPはボロノフが勝つべきだったとかね。
しかし、今日、羽生が完膚なきまでに見せつけた。 
これが羽生だ、と。
凄まじいまでにライバルをせん滅させてしまった。(もう誰にも何も言わせない!!)

「練習では見ることはあっても、
試合でこんなクオリティの4Sを僕たちは(誰も)見たことがない

「そして二つの3Aのクオリティ!スピンはすべて高難度!
(こんなこと)彼にしかできない!」

「いろいろ小手先の工夫をする選手はいるけれど、
この選手の創り出す3Aのクオリティはそれとは違う。
流れのあるジャンプ、そしてナチュラルに表現すること
(演技の途中にジャンプを跳ぶのではなく、
音楽の流れの中で、その表現の一部のように自然なジャンプをする)

これこそ彼だけのもの、オンリー・ワンだ。

「羽生ほど豊かなトラジッションを組み込んでいる選手はいない。他は比較対象にもならないよ。」 
「そうだ。そうだ。」
「3Aのクオリティは他の選手の比較にならない」

「誰が何と言おうと、彼が世界№1であることを証明しました!」

「これまで五輪王者が次のGPFに出場したことはありませんでした。
(モチベーションやレベルを維持するのが難しいので普通は避けるのだが)
しかし羽生は出場し、優勝しました!




あああ、 羽生くんあなたは、
フィギュアを愛するすべての人間の誇りです。


いいえ、

あなたの勇気、
あなたの情熱、
あなたの生きる力の強さ、優しさ、誠実さ、
そのすべてが、

この地球に生きる すべての人類にとっての誇りです。


だから、 おめでとう より、 ありがとう を言いたくなる。


あなたのおかげで、
日本は、 世界は、 もっと良くなるような気がします。




















必見!  2014 GPF 男子シングル表彰式 <スペイン語> 翻訳の神様付き











★あの”フィギュアの品格” とも言えるカート・ブラウニング氏が
 羽生選手のジャンプについて ”異次元的な” 評価をする!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示