ひだまり    今は古事記に夢中! 今、安倍政権を潰すということは、中国共産党の日本侵略に手を貸すということです!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

今、安倍政権を潰すということは、中国共産党の日本侵略に手を貸すということです!

 
今、安倍政権を潰すということは、
中国共産党の日本侵略に手を貸すということです!


※以前は 『安倍政権に反対することは、中国共産党の日本侵略に手を貸すということです』
というタイトルでしたが、考えがあって少しタイトルを変えました。
その理由は、
安倍政権の個々の「政策」について意見したり、時には 反対すべきことに対して ”反対すること”
それ自体はけっして全部悪いことではないからです。
しかし、今、
民進党や共産党らがやっているような、政策の内容の是非や意味(長期的な展望)に関係なく、ただ
「安倍政権を倒す」「安倍総理を引きずり下ろす」ことだけしか考えていない言動に対して、また、
それに騙され、安倍批判・安倍叩きに乗っかってしまうことに対して警鐘を鳴らすものです。


               
先の記事
『共産党の意見に同調するということは、中国共産党の日本侵略に加担するということです。』

に追記、追記していたら、あんまり長くなったので、(いつもすみませんっ)記事を二つに分けました。)




・・・・と、ここまで懇切丁寧に書いたのは、
いまだに
「安倍政権が暴走して9条を変えられたら日本が徴兵制になっちゃう!」
って本気で左翼の嘘を信じている若者がいるからです・・・。

「9条改正反対!」「集団的自衛権反対!」
「安倍政権反対~」 って本気で言ってる若者たちがいるからです。



左翼は上手い。
折りしも特攻隊を「賛美する(←嘘!)」映画が流行ったあとでしたから
効果的でしたよね。
おかげで、「徴兵されるとしたらオレたちじゃね?」「そんなのまっぴらゴメンだ!」
ってすぐに反応した(信じた)みたいです。


でも、もうちょっと頭を冷やして考えてごらん?

あれだけ! マスコミが、 
テレビが、新聞が、毎日毎日、四六時中、安倍政権を必死に批判していたのに、
(だからあなたもそう思ったのに)
なぜ、 安倍内閣が、自民党が過半数を、ほぼ3分の2もの議席を獲得できたと思いますか?
なぜ、 あれだけ「批判された」安倍総理がこれだけの支持を集めたと思いますか?



マスコミの意見が  だからですよ。
誰もマスコミの意見(安倍批判)なんか信じてないからですよ。



けっしてマスコミは言わないけど、
これが ほんとうの 日本の民意 ってことでしょ?

3分の2も取ってて「日本の民意じゃない」なんて、
どこにそんな根拠があるの?


本気で、マスコミが言う「対立野党が不甲斐ないための単なる消去法による勝利だ」
とでも思ってるの?

まだ分ってないの?

安倍政権を支持したみんなは、マスコミなんか信じてないんですよ。


みんなは、気づいた。 

解ったから安倍政権を支持したの。

新聞やテレビが言ってることなんかひとつも信じてないの。
気づいた人は。


でも、
自民を支持した人でも安倍さんの政策で反対している部分もあります。

当然です。
安倍さんだって万能じゃない、神さまじゃないんだから。
だから、「ここは違う」 「これはダメだ」 と皆はっきり言ってます。

でも、だからって「安倍を降ろせ」とはならない。
なぜなら、その十倍もの期待があるから、「信頼」があるから。
もはや揺るぎようも無い、認めざるを得ない「信頼」と「実績」があるから。
だからみんな支持してるんです。

支持者だってちゃんと批判すべきことは批判してます。
でも、 マスコミの批判なんか誰も信じません。
前にも書いたけど、あれは 敵国 中国からの批判 だから!

中国はね、はっきり、明確に、日本の敵 ですよ。
あんなにあからさまに日本の領土を取ろうとガンガン仕掛けてきているじゃないですか。

その敵国が反対しているってことは、
領土を狙ってる敵国が「やめろ」と「手放せ」と言っていることは、
日本にとって大事なものだと、手放してはならないものだということでは?
わたしたちの暮らしの安全と平和を守るために必要だってことじゃないですか?

それに気づいたから安倍政権を支持したんです。

中国が嫌がることが日本の平和と国益を守ることだからです。

中国が死ぬほど嫌がる「安倍長期政権」が日本に必要だからです!



それが日本のためになるから。
たとえ、今しばらくは自分が辛くても、
ぜったいにそのほうが「日本の未来」のためになるから。

あなたたち若者や、
これから生まれてくる子供たちのためになるからです。




でも、確かに判りにくいよね?
なぜなら、
安倍総理のやろうとしていることは、すぐ成果が出ることじゃないからです。
景気の実感もそうだけど、教育改革などの「戦後レジュームからの脱却」などは、
2~3年どころか、十年、数十年かけてやっと真価が解るような、
すぐに結果(評価)が出ないものだからです。

でも、安倍さんが一番やりたいことは、
政治家になった目的は、総理を目指した目的がそれだからです。

民主党も、これまでの自民党でも、
「国民の生活」だの「原発反対」だの言ってるだけの政党でも
誰もやってない、やろうともしなかったことです。

すぐに判りやすい功績をあげて名を上げることしか考えていない政治家にはとうてい出来ないこと、
ただの野心家なら絶対やろうとしないことです。


じゃあなんで安倍総理は、
そんな理解されにくい、誤解されやすい、批判されやすい「茨の道」を
損な役回りをあえて選ぶと?


それに気づいた人が彼を支持したのです。

「この人が必要だ」と思ったから。



おそらく、今の安倍政権で ”いちばん”恩恵を受けるのは、
これから生まれてくる、何十年後かの日本人でしょう。


何十年後かの日本を支える日本人たちは、
きっと安倍総理に、安倍総理を支持した人たちに感謝すると思います。

「あのとき、中国(反日マスコミ)に政府が負けてなくて良かった」
「憲法を改正できてて良かった」 ・・・と。


「今の自分の心配だけじゃなく、
本当に日本の未来(僕たちのこと)を考えてくれた人たちがいて
良かった」
  ・・・と。






究極的に言えば、
「身を切る政策」に賛同した人たちというのは、
ある意味、
あの「特攻隊」の人たちと同じ英断をしたことになると
わたしは思います。

日本の未来のために必要なことをしたという意味で。



それが解った人たちが安倍自民に投票したんです。

それが、本当に日本のことを考えた人たちの「民意」だと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




※2016.4追記
でも、わたしは原発再稼働には反対です。
原発なんか要らない。 本当に必要ない。
本当に「必要」な理由は、電力・エネルギーの問題でも、経済の問題でもない。

だから、
原発に反対でも、だからといって安倍政権打倒がいいとは思わない。
安倍政権を倒したからといって、
それに代わる、ただ声が大きいだけの「反原発政党」がもし政権を取ったら、
それこそ、未来どころか瞬時に日本は滅びるかもしれないから。

千葉麗子さんが証言してくれたように、
ただ声だけが大きい、パフォーマンスだけの「反原発政党」なんかに国政を任せたら、
それこそ瞬時に、領土も、経済も、すぐに敵国に侵略され、共産主義の傀儡国にされる
かもしれない。
今だってじわじわやられてるけど、それが完遂されないのは安倍政権があるから。
そうじゃなくなったら、おそらく、安倍政権の数百倍の速度でその危機は現実化されるだろう。

だから、今の日本には少なくとも安倍政権が必要だと思う。
でも、安倍政権を盲信するわけじゃない。
ダメなことはダメだと言い。
危険なことは危険だと言い。
批判すべきこと、反対すべきことには意見を言う。

原発には愛がない。
原発には正義がない。
それだけは確かなこと。
それだけは、どうやっても日本に相応しくないこと。

それだけは、いつか、何としても、
後世に遺恨を残さないような結果を残すべきだと思う。

安倍政権はむしろ、「原発推進政権」としてではなく、
長期政権のうちに
「原発依存からの脱却」の道をつけた最初の政権として、
「万世一系の天皇の知らす国」を守った保守政権として、
後世に記憶されるべきだとわたしは思う。





★「命をかけて愛する国の為に戦った彼らを誰が馬鹿に出来るというのだろうか?」
   ~ 神風特攻隊についての海外の反応 と 百田尚樹 『永遠の0』



★共産党の意見に同調するということは、中国共産党の日本侵略に加担するということです。

★日本で衆議院選挙が公示されたことに対する中国人の反応

★「日中首脳会談は安倍首相の大勝利だった」という解りやすい証明

★解散総選挙の前に、「民主党(&安倍政権)の通信簿」を見てみよう。

★テレビ、新聞が安倍晋三を必死に叩く理由

★消費税増税で、安倍さんが「国賊」? 「裏切り者」? 「自民選挙惨敗」? 
  安倍さんはまた信じた国民に裏切られるのか…?  



遅ればせながら、<憲法改正問題 関連記事一覧> 作りました。

★なぜ憲法改正が必要か? ②
  日本国憲法の「基本的人権の尊重」は日本人の幸せを守ってくれない


★再 ・ 萩尾望都 「半神」 を読んで思うこと・・・





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示