ひだまり    今は古事記に夢中! 日本政府がメタンハイドレート採取成功! の報に対する韓国人の反応

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

日本政府がメタンハイドレート採取成功! の報に対する韓国人の反応


日本政府
「メタンハイドレート採取成功した、あと971か所100年分ある」
⇒何故か韓国が現実逃避
「独島を欲しがる理由も、これが最大の理由」

http://crx7601.com/archives/42597233.html より抜粋転載~


日本が成功、次世代燃料メタンハイドレートを日本海で初採取・・
韓国ネットは「日本の致命的な欠点が消える」「独島を欲しがるのも…」


韓国・聯合ニュースは25日、日本の資源エネルギー庁が同日、日本海の秋田・山形県沖と新潟県
上越沖の3か所でメタンハイドレートを採取したと発表したことを報じた。

日本は、昨年3月の調査で渥美・志摩半島沖でメタンハイドレートを採取したが、日本海での採取
に成功したのは今回が初めて。
また、今年度の音波探査では、埋蔵の可能性がある地点が新たに746か所発見され、昨年度の
調査と合わせると971か所になった。

メタンハイドレートは、天然ガスの主成分メタンと水が結合した物質で、氷の状態で海底の地層など
に埋蔵されている。日本近海には、日本の天然ガス消費量の約100年分が埋蔵されているともい
われ、次世代のエネルギー源として期待されている。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。
主なコメントを紹介しよう。

「韓国が独島(日本名:竹島)を欲しがるのもそれが原因じゃないか」

「日本が独島を欲しがる理由も、これが最大の理由。
あれ売って一儲けしようとは、やはり猿だな!」

「だとしても、独島には手出しできない」

「数世紀の間に地球の資源が枯渇するのは避けられない現実だろう。
その前に今 の時代の人間はみんな死んでいるだろうが」

「100年以内に沈没するという点が落とし穴w 」

「韓国は手をこまねいて右と左の喧嘩に明け暮れ、国が滅ぶだろう」

「戦争の時代が近づいてきたな…」

「メタンハイドレート層を下手にいじると一遍に発火して超地球温暖化するってご存知でしょう?
だから採掘も困難な訳で。下手すれば終末を迎えるのです」

「独島が自国の領土だと強弁するところを見ると、独島近海の埋蔵量が相当あるみたいwww」

「それは掘るな、お前らの墓になるぞ。地震がもっと起きる…」

「金大中が独島を共同水域にしようとした結果が、こんな形に」

「あれが商用化されれば、日本にとって戦略的に大きな資産になるだろう。
価格が高く商業的には大きな利益が無くても、外交ではエネルギー禁輸で日本を圧迫できなく
なり、日本の致命的な欠点が一つ消える。外交交渉面で強大な武器になる」

(編集 兼田)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こいつら「日本人は猿」ってのが最大の侮辱だと思ってるんだろうな


と言うか普通逆だろ?
もの売って儲けようと努力するのが人間
物が有るのに使い方がわからないから放置してるのが猿


羨ましいニダってかw


もうすぐ佐渡島は韓国の領土って言い出すと思う。


その前に壱岐か隠岐だな



日本と友好的だったら明るい未来があったのに残念でした(




太平洋岸より日本海側のハイドレートの方が
採掘しやすいので採算はあうらしいよ。
政府が最初にGOサイン出した太平洋岸は地層的に
深くて採掘が難しいが埋蔵量が多い。



青山の話だと
メタンは常に海中に溶け出し、気化して温暖化の原因になる
燃やしてしまうとその温暖化効果を20分の1に抑えられるという



エネ資源確保は国家100年の計だからね。
特に日本においては。



日本は資源大国




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 転載おわり



★竹島、海底資源が日本復活のカギ ! それを狙う米中韓の脅威と既得権の壁・・・

★日本の再生可能エネルギー開発とその現状

★石油をつくる奇跡の藻 ~  日本が産油国になる日


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示