ひだまり    今は古事記に夢中! 日本に皇室があって本当によかった

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

日本に皇室があって本当によかった


 
「日本に皇室があって本当によかった・・・」
と思った記事を紹介します。

世界第1の産油国を巡り
主要国が首脳・国王・日本も殿下が慰問、
壮絶な外交会場で ⇒ 韓 国 大 失 態 !

http://crx7601.com/archives/43094904.html?1422369411 より 抜粋転載~

朝 鮮 日 報 サウジで弔問外交戦、姿が見えない韓国

サウジアラビアのアブドラ国王が23日に死去したこと受け、韓国政府は25日に
黄祐呂社会副首相兼教育部長官を団長とする弔問団を現地に派遣した。

ところが韓国とは異なり主要国は首脳クラスをサウジアラビアに派遣している。
インドを訪問中だった米国のオバマ大統領はインドでの日程を切り上げ、27日に
サウジアラビアの首都リヤドに向かい、直接弔問した。

英国からはキャメロン首相とチャールズ皇太子がリヤドを訪れ、
さらにフランスのオランド大統領、カタールのサーニー国王、トルコのエルドアン首相、
パキスタンのシャリフ首相、エジプトのシシ大統領、スペインのフェリペ国王、
オランダのアレクサンドル国王、ヨルダンのアブドラ国王、デンマークのフレデリック王太子などが
続々と弔問に訪れた。
日本も皇太子を派遣した。

韓国政府は当初チョン・ホンウォン首相を団長とする予定だったが、
アブドラ国王が死去したのと同じ日にチョン首相の辞任が発表されたため、
政府はやむなく黄副首相を団長とすることに決めたという。

朴槿恵大統領が直接現地に向かうことは最初から検討されていなかったという。


世界第1の産油国であるサウジアラビアの新しい国王と顔合わせをするため
激しい外交戦が繰り広げられている現地で、韓国だけ最高指導者の姿が見えないのは
非常に残念だ。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/26/2015012601176.html



.................................. この記事についたコメントより~



すごい記事だな。
普通は相手に失礼だとか、国の品格が下がるとか、
そういった内容で批判するとおもうが
産油国で外交合戦が行われるのに残念(損した)だとか、
素でそういう価値観が第一なんだろうなw




韓国にとってサウジアラビア国王は副首相レベルってこった



王様は自分より下だと思ってるんだろ
普段から 日王 って言ってる国だし
>



韓国なんて日本から転売されてるだけだし
サウジアラビアにとって客でも何でもないから
どうでもいいと思ってんだろうな



どうせ石油に困ったら
日本にすがり付くだけだから 問題ない

 



まあ、いい言い訳になったじゃないかw
どうせ韓国は誰が行っても相手にしてもらえなかったんだからさww



>アブドラ国王が死去したのと同じ日にチョン首相の辞任が発表されたため

こういう時は、
首相の辞任を保留して、
弔問から戻るまでを任期とするんだよ。
外交儀礼以前に、国家運営の方法も知らんのやな




国際慣習なんてものを知らないアホ国家だからな



日本はこういう場合、
皇室や、縁が深い元首相が沢山いるから楽だよね

韓国なんて皇室は勿論、
元大統領すらほとんどいないから人選が大変だわ


   ( ↑ 自殺したり、処刑されたり、逃亡したり…)



皇室、王室が無い国は大変ですな



こういう時に皇室があると役立つよね
皇室反対してる奴って
ルーピー鳩山が外交しに行ってめちゃくちゃになった事忘れてるだろ




友好国の重大イベントで要人出さないといけない時
皇族出しとけば間違いないもんな
大統領とか首相とかと違って
数年で居なくなるなんてことは殆ど無いから繋がりは消えないし
馬鹿はこの価値に気がつかない




権威と権力の分離やな
700年前の 神皇正統記にも書かれている





皇太子さまは
どんな面子が揃っても見劣りしないんで
よかった




諸外国にとって日本の皇室は
日本人が思っている以上に尊ばれている。

エリザベス女王もアメリカ大統領も
皇室に対しては特別敬意を払う。





「ロイヤル外交」の重要性をまるで認識していない奴ってたまにいるけど
結局そいつらは「ロイヤルのいない国の人間」って事なんだよな?
分かりやすくていいわw



  日本のは 「インペリアル」 だけどね



英国は王室なのになんで「皇」太子って言うの?


     日本語読みだろ



あれ? 韓国にも皇室なかったっけ?
「チャングム」で見た


  >>中国の皇帝を帝に頂いて長年奴隷やってたんだから
    朝鮮に皇室なんかねーよ 
(「皇」の字使ったら宗主国様に怒られる!)
   あんた騙されてんだよww


          韓国人も、在日も、あのドラマで騙されてるけどね



日本と韓国だけだよね
皇室の存在を軽視してるのって

中国でさえ重要視してるのにw    (そのため政治利用している)


そりゃ天安門事件で世界中から非難され経済制裁されて孤立してた時に、
世界の主要国が制裁解除したキッカケが両陛下の訪中だからな。

その前に日本は国としては制裁解除してたけど、日本国が許して認めたってだけじゃ
世界の主要国は動かず中国を許さなかったんだよ。

それで日本国内の親中派が瀕死の中国を救う為に
藁にも縋る思いで両陛下訪中を画策した。  (皇室典範無視してまで中国を救った小沢)

天皇皇后両陛下が訪中された事で、
日本の皇室が認めたなら…と、一気に欧米諸国は制裁解除したの。

世界中である意味一番、
日本の皇室の有難みを実感してるのが中国とも言える。


(中国ではNO.2の時に陛下に朝見しに来るのがNO.1になるためのジンクスだから 
  習近平も小沢に頼み込んでそれ実現したしね…
  マスコミ・国民向けの発表写真には写ってないけど、じつは深々と陛下に礼をとっている)





仲良くご一緒に公務のできる妃殿下だったらなあ…

繰り言だけど…


  良くも悪くも、
そういうイメージを作ったのは美智子皇后陛下(妃殿下)から だから。
昭和天皇の時代までは皇后(皇太子妃)はそんなに公務に同行なさらなかったよ。

あれはテレビの宣伝イメージと
戦後の「開かれた皇室」という悪しきマスコミプロパガンダのせいであって、
皇室典範にも正式には皇太子妃、皇后のご公務としての義務はない。
(庶民的にいえば、姑が出来すぎて嫁が肩身の狭い思いをしてる典型)

それに、皇太子妃を批判することは、
未来の天皇陛下から見ても、
われわれ国民にとっても、
良い結果につながることはひとつもない。

生まれながらにして天皇になるための
帝王学を修められてきた殿下はそんなことないとは思うけど、
ちょっと想像すれば理解ると思う、

自分の家族を噂によって誹謗するような下劣な人間の幸せを守るために
一生「私」を捧げるなんて、自分だったら馬鹿馬鹿しい、やってらんないと思うし、
どんなに貴い御心を持っていたとしても、
少なくとも、何とも割り切れなく空しい思いを抱くと思う。

マスコミや宮内庁報道はそれを狙っている。
国民と天皇の信頼関係や絆を薄めようとする
反日左翼の画策に乗ってしまわないようにね。





まじで 皇太子さまには頭がさがる
このお方がいてくださることでどんだけ日本が救われてるか




皇太子殿下に感謝です。




皇室の価値ってヤバイな





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 抜粋転載おわり




ああ、 皇室持っててよかった。


ただの「偉い人」や「強い人」 じゃなくて、
「尊い人」 を持てる国民でよかった。
  






★日本の皇室のすごさ! 外国人「日本人は皇室への自信と敬意をもっと深めるべき!」

★米国人「大統領が重体になってもホワイトハウスの前にお祈りする人たちの行列はできないと思う」 


★「東宮批判」は誰のため?
 竹田恒泰が皇太子殿下(東宮批判)報道について語る!



★再 ・ 「立派な天皇は国民の鏡である」


★もてもてナインティナイン - 2013.5.18 『英国王室SP』
英国王室の ありえないエピソード! 明治天皇の玄孫 竹田恒泰氏が解説!!
あまりににも自由すぎる英国王室と日本の皇室の決定的な違いとは?

※必見です!


★「立派な天皇」は国民の鑑である ① 

★「立派な天皇」は国民の鑑である ②  

★竹田恒泰が皇太子殿下報道について語る  「皇太子殿下の帝王学は完璧である!」

★「典子さま」 ではない!  「典子 ”女王殿下”」です!!
   ~なぜマスコミは「殿下」と呼ばず「さま」と呼ぶのか?


★皇室の存在は日本の文化と伝統そのもの 安倍晋三


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(※2016.11.12)
★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~
関連記事をまとめました。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示