ひだまり    今は古事記に夢中! 竹田恒泰「節分のお豆はスーパーで買ってはいけませんよ」 ~ なぜ節分に豆をまくのか? & 下品な恵方巻きの「丸かじり」はもうやめよう!!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

竹田恒泰「節分のお豆はスーパーで買ってはいけませんよ」 ~ なぜ節分に豆をまくのか? & 下品な恵方巻きの「丸かじり」はもうやめよう!!

 
  
※これは、2015年2月に出した記事を追記して再投稿したものです。 

 
竹田恒泰「節分のお豆はスーパーで買ってはイケませんよ!」
~なぜ節分に豆をまくのか? 
  
恵方巻きの「下品な丸かぶり」はもうやめよう!!
あれは日本文化の破壊工作!!
 

       

節分のお豆はスーパーとかで買ってはイケませんよ!

「節分」になぜ豆をまくのか、御存じですか?
鬼(厄)を追い払うため?
では、なぜ厄払いに「豆」をまくのですか?

ほんとうはね、
ほんとうに厄を払ってくれるのは、
本当に霊力をもっていたのは 豆じゃないんです

もっと大きな、もっと手に入りにくいものなんです。
だから、その代わりに、豆をまくんです。

だから、ただの「スーパーで買ってきた豆」じゃダメなんです!!

ちゃんと、お寺や神社で 御祈祷してもらった豆
霊力の入った豆 を使いましょう!!

でないと、 その豆は、 ただの豆 です


知ってた?    ウサギ





http://www.nicovideo.jp/watch/1390791591?ref=search_tag_video





あ、あと、 

あの「恵方巻き」の
とくに、あの 異常な 太巻きの「丸かじり」(丸かぶり)もやめて~~~!!!


あれは、
あんな下品な食し方は、本来の日本人のものじゃないです!

そう思いません?

だっておかしいでしょ?
わたしの若い頃はあんな風習なかった!!
あれは、ある日突然始まった「現象」なんです。
それが、日本中にある「コンビニ」の戦略であっという間に全国区になったけど、
あれは、「バレンタインデー」と同じく、ただの「商戦」に乗っかっただけ。
つまり、騙されてるだけ。
まったく意味がありません。


意味がないどころか、
あれは明らかに、日本人の「食の作法」や「食への観念」を歪めるもので、
日本人の価値観や美意識や品性を貶めるものだと、
あの、「コンス」 が日本に広まり定着することと同じような「忌わしさ」
わたしは感じます。

「火のないところに煙は立たない」といいますから、
もしかしたら、一部には、そういう、その原型になった風習があったかもしれません
それはそれでいいと思います。

でも、一部にだけあった風習を、日本全国、全国民がやる道理はないでしょう。
たとえば、極端な例でいえば、
山村で「夜這い婚」が風習にあったとしても、それを日本全国に浸透させる必要はないですよね。

たとえば、巨大な「男●」をお祀りして、女性が乗ったり、なでると子宝に恵まれるというご利益がある・・・
というのも一部の地方でありますが、それを全国の全ての神社にやる必要はありませんよね。

その地方やその村だけにある変わった風習は、今だからこそ話題性としてマスコミがテレビで全国放送
するためみんなが知ってるし、毎年恒例のように見ることになりますが、だからといって、
それを全国の人がやるわけじゃないですよね?

そう、ああいうのは、その地方に残っている古い風習を大事にしてるからこそ価値があるのであって、
それを「全国に浸透させよう」とか、「全国でやってほしい」とか当事者だって望んでないでしょう。
だって、その地域の人たちはその祭りを真剣にやってるわけですし、
話題になったその祭りや風習を、実際に見たり体験したりしたいと思う人が、そこへ行くことによって、
それが町興しになるわけだから。

「そんな極端な風習じゃなくて、これは誰でも簡単に真似できる楽しいものだから」とお思いの方、
一見害がないように見えるから、「楽しいからやってもいいじゃない」って思うかもしれないけど、
「楽しいからやってる程度」だったら、尚のこと、もうやめませんか?

「それをやめると不幸になる」とか「それをやらないと何か起こりそうで心配になる」とかじゃないなら、
楽しいからやってることなら、 もうやめませんか?

いえ、全部やめる必要はないんです。
恵方を大事にすることには異論はないです。
巻き寿司や「長い物」を「恵方に向かって食べる」ことにも異論はないです。
わたしが問題にしているのは、
「やめてほしい」と思っているのは、「極端な太巻きの丸かぶり」です。


ね?そこだけやめることは誰でもできるのではありませんか?

やめてもいい類の習慣なら、それ必要ないですよね?
そこまでやらないと本気で災いがあると心配な人はいいですけど、
でもそれ、もともとあった自分たちの風習じゃないし、
本当にあった正式な縁起の作法じゃないし、

あなたのご先祖さまが代々大事にしてきたしきたりでないのなら、
それ、やめてもいいと思います。



というか、やめた方がいいと思います。

美味しい「巻き寿司」を食べるのはいい。
「恵方」を大事にすることはいい。

でも、ちょっと考えてみて!

「恵方巻きは太いほどいい」 ???

「全部食べ終わるまで無言で 一気に食べ切る」 って???

その姿、鏡に映して見たことあります?

その姿を日本人全員が一斉にやってるとこ、想像したことあります?


それって、つまり、
お箸で、
少量ずつ、 
一口ずつ、 上品に食べる日本の文化とあまりにもかけ離れていません??

それって、 
卑し過ぎ、 いやらし過ぎませんか?



一度、その太巻きを必死で頬張っているあなたの姿を客観的に想像してみてください。
下品でしょう?

その下品な食べ方を、下品な仕草を、
日本中で一斉に行われている情景を想像してみてください
ぞっとしませんか?

そして、
これもあわせて想像してみて。
その「太巻き」と対極にあるこの状況を。 
 http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1579.html
お正月が「めでたい」のではなく、
一億の日本人の「おめでとう」が日本をめでたくしているんです。
一年中で元日だけ、日本中が一斉に「おめでとう」を言い合うから、
平時にはない、一億分の強力な「めでたい」パワーが発動し、
その言祝ぎによって日本が祝福され、その後一年が良い気で満ち溢れるのです。


そのご利益というか、霊力というか、
その「ありがたさ」とは、なんか真逆じゃないですか?


かくも美しい「食の作法」を生み出した日本人が、
全国一斉にその 下品な 食べ方をするって・・・ 
何かがおかしい、と、ちょっとぞっとしませんか?

つまり、何が言いたいかというと、
正月の一斉「めでたい」が「よい言霊」の発動だとしたら、
恵方巻きの「下品な丸かじり」は、
せっかく正月に充満した「良い気」をかき消すための
「悪い言霊(気)の発動」だと思いませんか?


この下品な「一斉丸かじり」によって、
せかっくの正月の一斉言祝ぎによる「めでたいパワー」を、
むしろ減退させてるような、
せっかく元旦に「プラスパワー」でみなぎっていたのを
一気に「マイナス」(負)の方に押し下げている
ような気がするのはわたしだけでしょうか?


(※追記:こういうこと書くとすぐに「在」の人が言い掛かりつけてくるので、予め言っておくと、
 この部分はわたしの「感想」です。 誰も「そう」だとは断定してないですよ~)



一回、実験できたら面白いのにな~と思います。

全国一斉丸かじりを一回やめてみては?

べつに食べるのは構わないので。
消費に影響がなければいいでしょ?
だったら、やめてみましょうよ!

そして、どっちがいいのか、
どっちが日本人らしくて、どっちがいいことがあるのか?
試しに、ちょっとやってみませんか?



追記; ※※決定的な根拠を見つけました!!

撲滅しよう!!下品で破廉恥な《恵方巻》
恵方巻なんて風習はない! 商工業史の専門家が恵方巻を否定
【仰天】恵方巻はセクハラ巻だ!【必見】
恵方巻は花街の遊女に対して旦那衆が行ったセクハラをもとに作られたキャンペーンだった!!
http://www44.atwiki.jp/ehoumaki/sp/pages/1.html


 ↑ 開いて読んでみてね!!


我が家は、これを知ってから 「丸かじり禁止」です!!


※上記記事より抜粋転載~

日テレ「スッキリ!!」で放送
ニュース番組「スッキリ!!」で紹介された恵方巻きの起源。
お寿司屋の当時の店長が、芸者さんに教わった事から始めたらしく、
花柳界では、節分に旦那さんに見立てた物を食べるという事だったんですね。



MSN産経ニュース論説
大月隆寛氏(民族学者)論説:抜粋
芸者衆があの太巻き を一本丸のまま、眼を白黒させながらほおばる姿が… といった、
まあその、上方のだんな衆のなぐさみになっていた、という次第。
だもんで、そんなにおおっぴらに、
それも ごくふつうの一般家庭の日常に入り込ませちまっていいのかなあ


大勢の日本女性たちが、太巻きをあたかも陰茎をくわえるように食べているのを見たら、
外国人はどう思うでしょうか?


なぜ、外国人の事を気にするかというと、
日本人が淫乱な事をしているという誤解が広まってしまうと、
日本人女性が海外で性犯罪に遭遇する可能性が高くなる懸念があるからなのです。

すでに似たような問題として毎日新聞Waiwai変態記事問題が起きています。



・・・・・・・・・・・・抜粋転載おわり (一部校正)



さらに追記;

これを読んで、
さらにあの「コンスの蔓延」との関連を確信いたしました。

なぜなら、
こんな極々一部の人間しか知らなかった「下賤なお遊び」が、
まるで「日本人の風習」であるかのように一気に広まった「不自然さ」。
たとえば、
極一部の特殊な世界の特殊な「お遊び」である「女体盛り」なんていう恥ずかしいモノが、
あたかも日本の文化であるかのように世界中が誤解していること。
今や、今や、有名海外ドラマや映画にまで堂々と「それ」が描写されてしまうまで、
世界中で日本人への破廉恥な誤解が定着している現状を考えると、
それが日本人の趣味(性質)であるかのように世界中に触れ回ったヤツがいたということなのです。

そして、その「犯人」も解っているのです。

かの国では、日本女性のことを隠語で堂々と「スシ女」と呼んでいる現状を考えると、
それと関係していないとはとても思えません。

つまり、どう考えても、
かの国の、
または反日在日組織の日本人を貶める戦略の一環だとしか思えないです。

きっと、この「習慣」を広めた(マスコミに乗せて拡散した)張本人は
毎年、こんな、自虐的・屈辱的な習慣を
何も知らずにあっという間に身に着けてしまった愚かな日本人
を見て、
さぞかし笑いが止まらないことでしょうね?

プラス、
上記の引用文最後にある「懸念」も深刻です。

日本の在日マスコミは、
ずっと日本人に、あたかも「海外の方が性に対して奔放」だというイメージを与え続けてきましたが、
事実は、逆で、
海外では「日本女性は性に奔放(だらしない)」という認識になっています。

これは想像なんかではなく、現実にそういう思惑が存在しているのです。
これは、敗戦後に限らず長年かけて周到に計画された
日本民族の「種」を汚し淘汰するための「オレンジ計画」とも深い関係があるのです。

そりゃあ中には、お馬鹿な尻軽女(どう見ても尻軽に見える女性)がいることも確かでしょうが、
問題は、
そういう「間違った情報」によって、日本の女性がすべてそういう目で見られることにより、
普通の日本女性までもが、海外または、国内においてもそういう扱いを受けたり、
犯罪に巻き込まれやすくなっているという現実です。

韓国など、在日が作る日本のAVを見過ぎるあまり、「日本女性はああいうもの」だと思い込んでいる発言
があまりにも多いのが現実です。自分の願望と映画の作り話を簡単に混同できてしまう脳内構造だという
のは、今の彼らの慰安婦想像を見てても「さもありなん」と思うしかないでしょう。

世界的にも彼らは「そういう情報」を精力的に発信していて、
現に、ある年の調査で、「もっともエイズに感染しやすいのは日本の女性」
=「日本女性は誰とでも安易にフリーセクスする」という
まことしやかな「統計」が出ているくらいです。

(ま、今や「国連」も「WHO」も、韓国マネーでなんとでも常識を書き換えられる世の中だけどね)

しかし、その「結果」(現状)について、
「今では、海外で日本女性は誤解されてこんな風に思われています。
海外では、また外国人には気を許さないよう気をつけましょう」
 とは、
なぜかマスコミは自国の女性に伝えようとしません。
海外で、日本女性が陰惨な性犯罪に巻き込まれていても、なぜかほとんど報道されません。
なぜでしょう?
それは、それこそが目的だったから・・・ではないでしょうか?

それに加担してきた反日(在日)マスコミの情報操作による「成果」(被害)が、
まさに、このような穢れた習慣を日本人に定着させることで、
本来の日本人の感性を汚し、
海外からの日本人への敬意や信望を失わせているのです。


このまま、こんな習慣を続けていたら、
また、「女体盛り」のように、
「女子高生の援交」のように、
日本へのとんでもない誤解が世界に広まり、
日本人が、
日本女性が、そういう目で見られることになるのです。

それが回りまわって、現実に、日本人や日本女性への暴挙となっているのです。

これは、想像でも、都市伝説でも、陰謀論でもない、現実です。



そういうことです。

日本人はやつらに騙されたんですよ。




それでもあなたは、今年も恵方巻きにかぶりつきますか?





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。






そうそう、
バレンタインも、バレンタインで、

一年間のチョコの消費のほとんどを賄うくらいの
その「馬鹿げた消費」は誰のため?

少なくても、
その膨大な「無駄チョコ」の原料であるカカオ生産地の労働者、
とくに、児童労働者たちのためではないですよね?

あんな馬鹿げた習慣があるのは、
日本と、 韓国だけ・・・ みたいですよ。


あんまり名誉なことではありませんね。


★バレンタイン終了! のお知らせ ~
 「バレンタイン」も「恵方巻き」も、日本の良さを壊すための策略だった・・・!



2016.2 追記

★在日の画策を晒すと噛みついてくる人たちって、いったい何を守ってるんだろう・・・

より抜粋転載~




<※※追記>
恵方巻の《まるかぶり》と称する食べ方を実演している人々の画像集。
いかにこの食べ方が下品で破廉恥かご確認下さい。


http://livedoor.2.blogimg.jp/tvmania/imgs/c/3/c3fa8e93.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/64/38/9b7fc7eac1e790b51c4f1faaccddac0f.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2b/4e/d3a06a360558a24b9a7eca49fe1de131.jpg

http://sirabee.com/2015/02/02/16778/

http://matome.naver.jp/odai/2135986231711320601

https://twitter.com/clubkisai/status/558756738631880704

http://next.spotlight-media.jp/article/236678767275823978

http://hosyusokuhou.jp/archives/42158722.html

http://minkara.carview.co.jp/userid/1599618/blog/35010118/

※こういう画像をネットでいくらでも拾えるということは、
つまり、
これを「日本女性の振る舞い」だとして
悪意をもって世界中に発信できる
 ということなのです。
もちろん、国内の、これらを「喜ぶ」人たちに。
実際に、日本の在日マスコミは、
日本人や日本女性についての在らぬ情報、とんでもない下劣な嘘情報
英語でわざわざ海外へ発信し続けてきました
そのおかげで、世界的に日本女性はずいぶんと「尻軽」で「破廉恥」で「HIV感染率が高い」
などと思われています。
これは事実です。

(「日本の女子学生三割が援交を経験している」という虚偽情報が国連から発信され問題に
なったばかりです!
いくら日本政府が抗議したとはいえ、
こんな情報が国際機関から一度でも世界に向けて発信されたことはもう、
日本女性に対する悪質なイメージを与えたことになります。
あとで訂正されようが、一度与えたイメージ(インパクト)を完全に拭うことは極めて難しい。
慰安婦問題でもそれは理解できましょう。

それを目的でこういう画策している人たちがいるのです。)

ですから、
これは単なる杞憂なんかではなく、
ただの「ネトウヨの嫌在日感情」論とかではなく、
恵方巻きを売っている人たちや買って食べてる人たちに全くそのつもりがなくても、
こうやって客観的にその行為を見ると
実際その仕草が淫猥な印象を与えることは事実であり、
また、
その行為、そのイメージをこういう女性蔑視や日本蔑視に使われることを想定した上で
これを全国に奨励しているであろうことが容易に(確信的に)想像できるということなのです。

つまり、
これを仕掛けた人間の意図は、
日本の一般女性たちにそうとは知らせず蔓延させることで、
「遊女にしていた女性蔑視のいじめ」を普通の日本の女性たちにやって楽しんでいる
ということ、
あの、奴隷がやる(隷属を示す仕草)「コンス」を日本女性の間に流行らせているメンタリティと
まったく同じってことです。

日本女性に、これ以上淫猥なイメージを定着させたいですか?


そうやって日本女性を貶めてほくそ笑んでいる。
それを知らずに止めもしない日本の男性を裏で嘲笑っているということを
想像してみてください。

だから、
その「楽しみ」を奪おうとする者たち、
コンスや丸かじりを止めさせようとする人たちを口汚く攻撃して、
または、
逆差別(在日認定・お花畑(思考停止)認定=悪者扱い)して言論を封じようとするのです。

ついでに言っておくと、
「お花畑」とか「思考停止」とか「陰謀説」とかやたら使いたがるのは、
自分の言葉で論破できないから、そうやって論点すり替えて保守言論を封じしてるだけ。
それも「共産左翼用語」のひとつです。
それに、
本当に自分が正しいなら、毅然としていればいい。
口汚く相手を罵る必要もない。 そう思うのが日本人だと思います。




※あらかじめ断っておくけど、
一言、一句だけを切り取って、そこだけに言い掛かりつけるのはもうやめてね。
記事全体、参考記事を含めて、
この問題の主旨と
問題の全貌をきちんと把握して理解した上で意見を言ってね。


ここまで言っても
「在日は関係ない」「反日とか関係ない」って言ってる人までを納得させることは
もはや不可能だと思うので応対できません。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


★甘いチョコレートの苦い話
※ぜひご一読を!

★TBSドラマ「まっしろ」第一話感想  「いきなり韓国式 ”コンス”満載で 気持ち悪い!」
※最近全国で流行り出した「本来なかった習慣」にご注意を!!


★外国人「キリスト教の宣教師が一番布教に苦労した国は日本らしい…」
  これは先人たちに感謝すべき!!

※「日本人らしさ」があるおかげで、日本を失わずにこれたのです!
 日本とって必要なものは受け入れて改良する。
 日本に必要ないもの、日本人の価値観に合わないものは断固拒否!
 それが先人たちの知恵。 
 その「英断」のおかげで今の日本があるんです。




★今あなたに伝えたいこと  ~「日本人目線」で外交・政治を語ることの大切さ~


たかじんの「竹田恒泰 いったい何者?」  ~ 竹田恒泰って何ぞや? Ⅱ
※メッチャ長いから覚悟して!

竹田研究会入門 ④ 「古事記入門 Ⅰ」 古事記を読むまで死んではいけない!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
先生の仰ってることはすごくよくわかるんですが。
私は大阪で生まれて今は他県に住んでいる日本人ですが30年以上ずっと食べてきました。
2月3日には具を煮るところから始まって自分で巻きます。
もう慣習になってしまっていて、子供の頃からずっと食べているものを否定されるのって正直あまりいい気がしません。
嫌なら食べなければいいと思いますし、不快に思う方もたくさんいる現状では、自分自身は外でおおっぴらに食べないようには気をつけたいと思います。
2016/02/01(月) 22:12 | URL | 名無しさん #PTOhTOQU[ 編集]
Re: タイトルなし
名無しさん、コメントありがとうございます。
ところで、
先生って誰のことですか?

竹田先生なら、恵方巻きのことには何も言及してませんよ?
動画は「なぜ節分に豆をまくのか?」についての講義です。
動画をちゃんと見て、記事をちゃんと読んで、
内容をきちんと把握してからコメントしてください。

この問題は、在日企業が広めたおかしなお辞儀のコンスや、
日本の信仰や文化をないがしろにしてゆく、
本来の意味を見失ってただ消費のために暴走する異文化習慣(イベント)など、
日本文化をおかしな習慣やイベントで貶めようとしている反日マスコミの画策に
安易に乗ってはいけませんよ、と、
気が付いたら、それに違和感を感じたら、
必要なかったと気づいたらもうやめようと言っているものです。

名無しさんのところの「風習」も、
恵方巻きは「できるだけ太くて」
「一気に口いっぱいに頬張って食べないといけない」んですか?
問題にしているのは「そういう作法」ですが?

文中にも「もともと一部にあった風習かもしれない」と、ちゃんと書いてますし、
それはそれとして、
だとしても、それをまったく縁のなかった全国の人たちが
意味違いなのに習慣化する必要はない、という意味で書いてます。
もしそれ以外に読み取れたとしたら、それはわたしの筆力の無さですから謝ります。

でも、わたしはけっして恵方巻き自体を、巻き寿司自体を否定しているわけではありません。
どこにも、恵方巻きを買うなとも、食べるなとも書いてません。

「流行」の陰の思惑を知ったうえで、
もともと関係なかった人たちは
(宣伝に騙されて乗ってしまっただけの人たちは)
あんな下品な食べ方を家族でイベント化して習慣化するのはやめよう
と言っているんです。

でも、どうして、こういう記事には、
すぐ短絡的に一部を取り上げて揚げ足取るようなコメントがつくのかな~
っていつも思うのですが、
だからこっちもけっこう気を使って、できだけ誤解のないように、
突っ込まれないように、丁寧に書いてるつもりなんですが、
それでもそんな風に受け取られますか?

わたしは日本人として、下品な食べ方を「全国民が一斉に行う」姿なんか見なくないと、
そんなのは日本を呪うためのものではないかと、
せっかくのお正月のいい運気を下げるだけではないか?と、
そんなのが伝統化してしまうことだけは絶対にやめてほしい、と、
そんなことになる前に、
マスコミが垂れ流している誤解(嘘)を知らせたい、
巷の情報弱者のおばさんたちが騙されて買わされて、
家族がそれに馴染んで、次の世代にはそれが日本人の当たり前の習慣だと、
日本の伝統なんかと思い込む・・・そんな事態になってほしくないので
警鐘として書いたまでです。

もともと代々その土地の習慣としてそういうのがあった人たちは、
食べたければ食べればいい、作りたければ作ればいい、
もちろん、他の人だって買ってもいいし、食べたっていい、
でも、この「作法」を全国に広めようと画策しているマスコミの意図が、
ただの商業利益、ただの経済効果だけではないということ、
コンスやハロウィンの暴走などが蔓延していることに危惧や不快を感じている
人たちも大勢いるってことを知らせることは必要だし、
そして、日本人の作法や美徳がだんだん損なわれていくことを誰かが釘を刺して
食い止める必要があると思います。
ただの老婆心だとしても。
たとえ反発する人がいたとしても、たとえ憎まれても言う人は必要でしょ。

ずっと都市伝説のようにただの陰謀説のようにバカにされてきた
GHQのWGIPも今では反日の情報を持っている人たちの間では周知のことになりました。
しかし、まだネットにつながっていない情報弱者と呼ばれる人たちもたくさんいます。
そういう人たちは、いきなり事の全貌(反日在日マスコミなど)を聞いてもピンとこないでしょう。
だから、
「あの食べ方は下品。
あれは元々下賎なお遊びからヒントを得たもので
子供と一緒に家族で習慣にするべきものじゃない」
ってことだけでも、目を覚ますには十分な効果があるんだと思います。
自分もそうだったから解りますが、
あれをスーパーで買ってるのはほとんどが家庭の主婦です。
そして、主婦があれを買うのは、本気で真剣に縁起やご利益のため
というより、当たり前のように準備(前宣伝)され、どこでもたくさん並んでいて、
みんなが買っていて、美味しそうで、何より、「楽ちん」だから。
そう、家庭の主婦にとって最もキャッチーだったのは、
節分の日に恵方巻きを買うだけで家事が楽ちんになるから。
それに尽きると思います。
誰もそんな本音は言わないけど、買わせる方は絶対そこをついている。
マスコミって、企業ってそういうものです。
だから、見事に主婦たちはその新しい習慣に乗っかったんだと思います。
家事を楽できる便利な習慣だとね。

でも、わたしも数年前まではまったく気にせず、その楽ちんに乗っかっていましたが、
これを知ってからはスッパリ「丸かじり」をやめました。
お寿司は美味しいから食べますが、切って食べればいいんです。
ただそれだけ。
子供には、「丸かじりなんて作法はない。あれは嘘。間違い。
悪意のあるでっちあげだよ。マスコミってのはそういうのが多いの。
うっかり載せられることもあるけど、気を付けようね~」
って確認し合うだめの日にすればいい。
で、
節分行事はきちんとやります。
桃の霊力をお豆に託して。



それから、
今回、こういう議論をしてて思い出したんですよ。
本来の日本人の作法として、お箸をきちんと使うような場面では
口いっぱいに物を頬張るとか、丸かじりするなんてことはダメ、お下品で恥ずかしいって
親に教わるものだって。
わたしの親は少なくてもそうでした。

子供の頃はその意味が解らなかったけど、わたしの親は、
縁日のリンゴ飴とかチョコバナナとか、フランクフルトとか
どんなにねだっても絶対買ってくれなかった。
「不衛生だから」って言われてた気がするけど、ずっとそれだけが理由だと思ってたけど、
だから、高校生になって初めてデートで縁日でリンゴ飴を買ってもらって食べたことは
ものすごくうれしくて記憶に残っている。
でも、あれがすごく楽しかったのは、
親に止められてたことを「ハメを外して」コッソリやったことに意味があったんだと少し思う。

お箸の作法も、
親になって娘に教える立場になって初めて、いつもはやらなかったけど、
一応親に教えられ、怒られてきたことは無駄じゃなかったと思った。
教える手前、慌てて自分の作法も直せたし、
息子はぜんぜん言うことを聞かないけど、言い続けることに意義があると思う。

話がそれたけど、
日本の礼儀作法って、だんだん失われてきたようだけど、
「最後の砦」は、そういう「親の小言」なんだと思う。

その場では言うことを聞かなくても、
小言を聞いてきた人は、小言を言ってくれる親がいた人は、
気が付けば自然にできる自分に気づくと思う。

それが日本人であり、
そうやっていつの時代も日本の文化をつないできたんだと思う。

それを
なんとかして貶めよう、壊そう、汚そうとする画策がある・・・

戦後は共産左翼だけだと思ってたけど、今では在日朝鮮マスコミの動きの方が顕著。

その現実を知ったから、
まだ知らないでのほほんとしている人たちに気づいてもらおうと、
後戻りできなくなる前に、少しでも気づいて、食い止めて、
日本の忘れられて美徳を取り戻そうと、そう思うようになりました。

また、こういうやり取りがあるおかげで、
その思いも、その考えもはっきり、強くなります。


かつて、わたしもウザいと思って逆らっていたけど、
今にして思えば、親の小言は正しかったのだと、
理由ははっきり説明されなかったけど、
大きく言って「お行儀悪い」とか「はしたない」とかいう
子供が、人が、「野蛮化」しないための教えだったんだと
今になってしみじみ思うのです。

だから、今回のことも、うっかり乗っかっていたけど、
言われてハッと気づくことができた。
まだ私の中に日本人の作法の基礎が残っていたおかげだと思います。
だから、
他の人も、今は、「へえ~」って思うだけかもしれないけど、
反発もあるかもしれないけど、
言い続ければ、誰かが、いつかは気づくかもしれないと期待して、
日本の将来を、大局を見て言っているのです。

「親の小言と冷たい酒はすぐに効かぬが後で効く」というように ね。


ちょっと長くなったので、今度これをこのまま記事にします。
2016/02/02(火) 01:31 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示