ひだまり    今は古事記に夢中! ピケティ会見「日本は例外的に格差が少ない」 「日本だけは格差対策よりも景気回復を」     

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

ピケティ会見「日本は例外的に格差が少ない」 「日本だけは格差対策よりも景気回復を」     

       

「格差が」「格差が~」って、
ずっと非難してきたマスコミさん、お隣さん、聞いてる?
             
ピケティ会見「日本は例外的に格差が少ない」
「日本だけは格差対策よりも景気回復を」
     


ピケティ氏も困惑 
日本だけ格差縮小、と米紙指摘


http://newsphere.jp/economy/20150212-2/

経済格差の論客として知られるフランスの経済学者、トマ・ピケティ氏が来日し、
各地で講演などを行った。
同氏は世界的ベストセラー『21世紀の資本』の著者。
資本主義経済における格差の拡大について論じている同書は、日本でも13万部以上売れ、
話題となっている。

同書は格差について、
過去300年分のデータをもとに「資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、
資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す」ことを論じる。
同氏は資本主義を支持しつつも、結果的に生じる持続的な格差に対し、
より民主主義的な支配の回復を説く。
同書では、グローバルな資本に対する累進課税を提案している。

ブルームバーグなどの海外メディアは、来日中のピケティ氏にインタビューを行い、
日本における「格差」の問題を取り上げている。その中で、ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は、
日本の格差がここ数年縮小していることを指摘した。


◆「日本は例外的に格差が少ない」

 WSJは、世界経済の格差拡大を論じるピケティ氏に対し、
「日本だけは例外かもしれない」と、ピケティ氏自身が監修する最新のデータを挙げて論じている。

 WSJは、主要30ヶ国の収入格差のデータを集めるピケティ氏監修の「ワールド・トップ・インカムス
・データベース」から、日本に関する未公表の最新データを独自入手。
それによれば、日本の収入格差は1990年代初めからゆっくりと拡大したが、最近になって、
横ばいまたはわずかに縮まる傾向にあるという。
同データベースは、各国の年収上位1%の人々の年収が国民全体の年収に占める割合を、
「格差」の大きさの基準にしている。
日本の場合は、1990年代初めは7%だったが、2008年までに9.4%に上昇。
2012年には9%に下がった。

 別の調査でも、「日本の経済格差は主要48ヶ国中2番目に低く、(トルコの首都)アンカラの方が
日本全体よりも億万長者が多い」という結果が出ている。
対して、先進国で最も経済格差が大きいのはアメリカで、2013年には上位1%が17.5%を占め、
なおも拡大傾向にあるという。
企業のCEO(最高経営責任者)の平均報酬と労働者の平均賃金に対する比率を見ても、
アメリカが354で世界一格差が大きく、日本は最低レベル67という数字が出ている(WSJ)。


◆日本は格差是正よりも景気回復を

 ピケティ氏は、「日本は例外的に格差が少ないのでは?」というWSJの疑問に対し、
「(1990年代初めよりは)2012年の上位1%のシェアは大幅に上がっている」と指摘。
2009年以降の横ばい・縮小傾向については「景気後退の影響かもしれず、長期的な傾向を
反映した数字ではないかもしれない」と見解を述べた。
また、得られた最新のデータは安倍首相が就任した2012年のものであるため、アベノミクスによる
株価上昇や物価上昇により、その後格差が広がっている可能性もある、という見方もある(WSJ)。

一方、「ワールド・トップ・インカムス・データベース」の日本のデータ作成に協力した一橋大学の森口
千晶教授は、「日本の問題は収入格差が大きすぎるのではなく、反対に小さ過ぎるということなのかも
知れない」
と、WSJに語っている。
森口氏は日本の有力な投資家や野球選手が、より高い対価を求めてアメリカに渡った例を挙げ、
「一部の天才が本当にハードに働いて突破口を開くには、日本はインセンティブが少なすぎる」と
説明している。

 ピケティ氏の研究論文の共著者であり、森口氏とデータベースの作成にも携わった米カルフォル
ニア大学バークレー校のエコノミスト、エマニュエル・サエス氏は
「日本は一般的に収入格差が少ない国だ。
なぜなら、特にエグゼクティブの報酬が企業の基準と年功序列の賃金体系により、非常に抑制され
ているからだ」
と分析する。
そして、
「今の日本にとって最も大事なのは格差の是正ではなく、景気回復だと、WSJに持論を述べ
ている。


◆若者の向けの財政優遇策を「第4の矢」に

 一方、ブルームバーグによると、ピケティ氏は「今、日本にとって重要なのは税制の再構築だ。
財産を得ることに非常に苦労している若者世代が有利になるような税制改革が必要とされている」
と提案したという。
消費税増税については、「日本の格差是正のためにはあまり良い方法ではなかった」と述べたという。

 日本経済に詳しい経済コラムニスト、ウィリアム・ペセク氏は、ブルームバーグのコラムで、
上記のピケティ氏の提案をアベノミクスの“第4の矢”にするべきだと主張。
それはピケティ氏が提唱する「財産の再分配」の日本版で、
主に大企業の利益につながるとされる今のアベノミクスが目指している法人税減税とは、
逆の発想だとしている。

 また、大規模な金融緩和などこれまでのアベノミクスの成果について、ピケティ氏は次のように
批判している。
「お金を刷れば株式市場と不動産価格にバブルを作り出すことはできる。しかし、必ずしもそれは
消費者価格のインフレと経済成長をもたらすわけではない」
(ブルームバーグ)。

。。。。。。。。。。。。。。。。



あら?  ウサギ


「日本は例外的に 格差が少ない 」  だって?

韓国のみなさん、聞いてる?


だって、ねぇ~
いっつも、 いっつも、 いっつも 
同胞が日本文化に触れて 「日本の見習うべきところは見習おう」 っていう意見を出すたび、
判を押したように かならず
「でも 日本は格差社会だから。 わたしはそんなところに住みたくはない」とか、
「でも 日本は差別社会だから、ストレス多くて生き難い社会だから」
って言ってたけど、

どこでそんな「知識」身につけてきたか知らないけど、
それ、違うから。

いつも言ってるけど、 
それ 架空 の日本(韓国内だけで認識されてる日本)だから


もう一回言うよ?
 「日本は例外的に格差が少ない」の。 
わかった?


え? 聞いてなかった? 
 
じゃあ、もう一回言うよ?  ウサギ


日本はね、
世界一、格差が少ない 超 経済大国なの。


聞こえた?  ウサギ

 

あ~~ そこで聞かなかったフリしている NHK さん、
他のマスコミさんたちも、
ちゃんとこれも報道してくださいね?


「日本は格差是正よりも景気回復を」

あら? NHKさん、当てが外れたわね?
これじゃあ、安倍叩きの逆になっちゃったじゃない?

もしかして、
アベノミクス叩きじゃなくて、
アベノミクス支援本を うっかり 普及させちゃった?

「格差が~~! 格差が~~~!!」 
って 必死に叫んでた 反日サヨクさん、
  残念!!

いつも「景気回復策」を打ち出すたびに、
「そりゃ、一時的に景気はよくなるかもしれないが、(もうなってるよ!)
このままでは 格差がますます大きくなるばかりではないか?
(安倍)政府は結局金持ちの味方で、貧乏人には死ねと言ってるようなものでは・・・」
みたいなこと口を揃えて言ってましたよねぇ~~~?

でも、「格差」は気にしなくてもいいみたいですよ?
世界一格差が少ない日本が「格差」に敏感になってたら、 
他の国はとっくに死に体になってるからね。

格差なんて小さいこと気にしてないで、
どんどん景気回復策を進めていくべき なんですってよ?

格差は横に置いといていいんだって!

少なくても、 日本は他の国とくらべて、その余裕~があるらしいですよ?


聞いてる?

残念ね~
また、これでひとつ、安倍政権叩きのネタがなくなっちゃったわね?


ピケティ本が流行っちゃったせいで、
少なくとも、あなた方がこれまで叩いてきたこととは違う「成果」が出ちゃいそうね?



ま、 もちろん、 これも揚げ足取って、
なんでもミソクソに 「アベのせいだ~」 ってやるんでしょうけどね。

あなたたち見てると、
まるで郵便ポストが赤いのも、闇夜のカラスに驚くのも、
バナナの皮で滑って転んでも、
「みんな安倍せい!」 って言ってるみたいだもんね。
もう、信憑性ないよ。




でもね、ピケティさん、 
あなたは 「正直」 な人だと思う。

そこは認めるよ。

うっかり正直だったのか、根っから単純だったのかはわからないけど。

ピケティさんは、けっして「世間知らず」じゃないよ。

ピケティさんはたしかに「世界」を知ってる。
なにしろ、誰も調べたことがなかったことまで調べ上げて
誰もやらなかった統計出したんでしょ?
よく調べ上げたよね~

だから、ピケティさんは誰よりも「世界」を知ってると思うよ。

ただ、 「日本」を知らなかっただけ

「日本がいかに特殊な国なのか」 をね。


そうだよ。

ピケティさんの言ってることは 正しい と思う。

あなたはとても 正直な人だね。

そう、 日本だけは 特殊 なの。

日本経済は特殊なのですよ。

だって、
日本経済は、日本社会の中で作られる。

日本経済は日本人が作ってるんだからね

そりゃ 世界のものさしじゃ測れない。


そう、 日本人はね、特殊なの。
だから、 世界中の常識(統計)では測れない。


だって、 こんな「和」の精神があるのは、世界中で日本だけ。

「大和心で経済動かしてるのは日本人だけだもん


だから、ね、
日本のことだけは、読み間違ってもしょうがない。 

恥かしくないよ。

だってこれまでの人も、
今も昔も、み~んなみんな、読み間違ってきたからね。


でも、 これで分かったよね?


日本だけは 特殊なの。


日本はどこにもない価値観で、誰もできないやり方で成功してきた
特殊な民族なの。

誰にも似てない。

誰にも真似できない。

誰とも比較できない。

日本のことは、日本人の中でしか理解できない。

日本人の中に入って、日本人の気持ちを理解して、
日本人と同じ気持ちになってみないと
日本の中で起きている現象を理解できない。

日本人以外の価値観や感性ではとうてい理解できない。
それが日本だから。


だから、 他の国でとったデータも分析も日本では役に立たない。

「自分たちならこうなるはず」 っていう発想じゃ理解できない。

経済は  人生は 「金儲け」 だと思ってる民族に分かるわけない。


「どうやって金を手に入れて、あんな生活をしてやろうか」
と考える人間たちに、
「どうやったらお金のないあの人たちにも、
こんな楽しみを味あわせてあげられるのだろうか・・・」

と考える人間社会が理解できるわけがない。

でしょ?

「最高のものが欲しかったら金持ちになれ」 
っていうのが正論だと思ってる欧米人にとって、
「最高のものをみんなが持てるようにしてあげたい」
という日本人の発想は 想定外 でしかない。

でしょ?

だから、欧米の「方程式」に日本社会は当てはまらない。

ピケティ理論にはたしかに穴があるけど、それは日本のせいじゃない。
欧米世界で通説のことが日本では通じないからしょうがない。

ピケティさんの「日本だけは例外」というのはけして負け惜しみじゃないよ。

日本は特殊な民族なの。

日本人にとって当たり前のことが、
日本以外の国では奇跡になる・・・ それが日本なの。



わかった?


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



★たかじん委員会 2015.2.8 「ピケティ本」を持ち上げたNHKの狙いは安倍批判?
※日本だけは、他の国のデータが当てはまらない。
 大昔から、日本は外国人が「これだけはありえない」と思ってきたやり方でずっとやってきて、
 それで上手くいってきた民族だから。



★やっと現実(情報)が追いついた「ほんとうの日本経済と中韓経済の正体」

★世界のトヨタと真央ちゃんが教えてくれたこと ・・・その2 「持続的な成長」の重さを学ぶ


★韓国のネット住民はよく 「日本はストレス社会で生きにくい」って言うけど、違うよ!
  でも…教えない方がいいよね?


★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、
 昭和天皇が初めて一般人に向けて歌をお詠みになった


★【竹田恒泰】 『民族の価値観を決定づける3つの柱とは?』  
 日本人の行動を決定づける価値観は他のどの国の民族にもない特別なものである


★「日本語は亡びない」 ③  ~ 主語をもたない日本語の戦略

ブルーノ・タウトの言葉


★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!
    日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家



★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示