ひだまり    今は古事記に夢中! ケント・ギルバート 「世界で植民地化を謝罪した国があるか。 韓国に謝罪を求められたら、やり返せ」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

ケント・ギルバート 「世界で植民地化を謝罪した国があるか。 韓国に謝罪を求められたら、やり返せ」

※いやはや、「永遠の0」にかまけてて出すのが遅れてしまった・・・


ケント・ギルバート
「世界で植民地化を謝罪した国があるか。 韓国に謝罪を求められたら、やり返せ」

http://hannichigukoku.info/blog-entry-7714.html より転載~


私が中国と韓国を見て理解に苦しむのは、
両国が第2次世界大戦における戦勝国だと自称することです。
そもそも、この2国は戦争に参加していません。
朝鮮半島は日本の一部でしたから韓国という国家は戦争中に存在しません。

いま韓国人と呼ばれる人たちの先祖は、日本人として敗戦の日を迎えたのです。
そして現在の中国(中華人民共和国)を支配する中国共産党は
背後からゲリラ活動をしていただけで、実際に日本と戦ったのは国民党です。

しかし国民党は、日本に対しては負けてばかりで、
第2次世界大戦後に再開した国共内戦では共産党にも敗北し、中国大陸を追われました。

はっきりいって、世界の歴史を見て、日本に勝ったのは米国だけです。
彼らが日本戦に関係する「記念日」を祝う権利がどこにあるのでしょうか。

韓国は戦後、独立国として日本と日韓基本条約を結び、莫大な額の賠償金も得たわけです。
国際法の約束として、条約に調印した。
つまり結論が出た以上はもう二度と蒸し返さないのが当然です。
そもそも、父親である朴正熙大統領の大きな功績を踏みにじり、
世界中に恥を晒し続ける朴槿惠大統領は何を考えているのでしょうか。

やられたら「やり返せ」

日本人に求められるのは、もっと積極的に各国に対して自らの主張を訴えることです。
日本は戦争の責任を重く受け止め、謝罪ばかりしていますが、
そもそも世界を見渡して、日本のほかに謝罪をした国がありますか。
たしかにドイツはユダヤ人の虐殺に対して謝罪しましたが、これは当然です。
しかし英国が植民地化したインド、香港に対して謝罪した話は聞いたことがありません。

では、なぜ日本にだけ謝罪を求めるのか。端的にいって、弱々しく見えるからです。
日本は世界から見ると叩きやすいサンドバッグなのです。
この状態から脱するには、憲法を改正して「竹島に手を出すな」
「尖閣諸島に近づくな」「小笠原近辺でサンゴ礁を不法乱獲したら、砲撃して沈没させるぞ」
と宣言しなければなりません。

以前、私の息子が学校でいじめられたことがあります。
私は息子に「やり返せ」といいました。
私がいったとおり、いじめっ子に反撃した息子は学校の規則で停学処分を受けました。
それは規則だからべつに構いません。
父親の私にこの件で怒られるのではないかと息子は恐れていたようですが、
私はまったく怒りませんでした。
むしろ息子が自分の権利のために立ち上がったことが嬉しかった。

日本も、そろそろ祖国の尊厳のために立ち上がるときだと思います。

具体的には、日本は政府主導で「戦争における女性の人権を研究する会」を発足させ、
各国に参加を呼びかけるような活動も考えるべきです。
反省の意は忘れず、諸国と共同研究して
「今後の女性の人権のために貢献したい」と呼びかけてはいかがでしょう。

ベトナム戦争で民間人へ残酷な行為を犯した韓国は参加できないと思います。
その現実を海外に発信すればいい。
この研究に参加しない韓国の姿勢をニュースにすればいいのです。
「歴史の真実に正面から向き合いたい」という日本の誠意も全世界に伝わります。

http://shuchi.php.co.jp/article/2195?p=1



。。。。。。。。。。。。。。。。



ケント・ギルバートさんは最近ビシバシ日本の正義を擁護してくれますね!
いくら安倍政権が専守防衛、情報戦略を繰り広げ始めたとはいえ、まだまだ国内の手強い敵が
手足を引っ張る状況の中、こうした外国人目線での日本擁護は頼もしい限りです。

なんでもマイケル・ヨン氏も来日するとか・・・
http://hosyusokuhou.jp/archives/42877074.html

日韓スワップ協定も終了し、日本の黎明は確実なものになってきた気配が・・・



★Michael Yon  アフガニスタンでの日本の人道支援。その裏で中国は何をやっていたか?…



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示