ひだまり    今は古事記に夢中! 教育委員会の”圧力”で削除された ≪愛知県一宮市立中学校長のブログ全文≫

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

教育委員会の”圧力”で削除された ≪愛知県一宮市立中学校長のブログ全文≫

                  
 ※いろいろ追加しました。

神話や建国記述「間違ってない」「感動した」 
一宮市教委の注意で削除の中学校長ブログに激励


2015.2.22 11:50  産経ニュース

http://www.sankei.com/smp/life/news/150222/lif1502220014-s.html    より転載~

 愛知県一宮市の市立中学の男性校長(56)が、学校のホームページ上のブログに、
神話に基づく日本建国の由来などに触れながら、自国に誇りを持つよう訴える記事を掲載したところ、
市教育委員会から「神話を史実のように断定的に書いている」との注意を受け、記事を削除していた
ことが21日、分かった。
学校側には教職員組合から抗議文も出されたが、「校長は間違っていない」「感動した」などと記事内容
を評価する声も多数寄せられているという。
ブログ記事は削除しなければならない内容だったのか。  (河合龍一).


市教委や校長によると、校長は建国記念の日を前にした9日、朝礼で「日本の起源」について話し、
同日午後に、その基になった原稿をブログに掲載した。.

記事では冒頭、日本の建国について「初代神武天皇が即位した日が始まり」と記し、
16代仁徳天皇が家々から炊事の煙が上がらないのを見て民の窮乏を知り、税を免除して
自らもつつましく暮らしたという「民のかまど」の話を紹介。
「この話は神話」と断った上で
「こうした神話こそが、その国の国柄を示しているとも言える」と書いた。.

その上で
「皆さんは世界一長い歴史とすばらしい伝統を持つこの国に誇りを持ち、
世界や世界の人々に貢献できるよう、一生懸命勉強に励んでほしいと思います」
と締めくくっていた。.

記事を批判する電話が12日に1件寄せられたことを受け、市教委が校長を注意
校長は「生徒や職員に迷惑をかけたくない」として自ら記事を削除した。.

中学社会科の学習指導要領では
「神話・伝承などの学習を通して、当時の人々の信仰やものの見方などに気付かせるよう留意すること」
と明記されている。.

校長は「神話を通じ、子供たちに『自分より人のため』という古代からの日本人の精神性を伝え、
自国に誇りを持ってもらいたかった」と話した。

市教委学校教育課は「部分的に読むと史実と受け止められかねず誤解を招く」としている。.

市教委にはこれまで「偏向教育だ」という匿名の手紙が1通寄せられたほか、
一部報道を受け、賛否の電話が十数件あった。
学校側にも海外在住の日本人を含め、電話やファクスが多数寄せられ、
大半が記事を評価したり、「削除する必要はない」などと校長を激励したりするものだという。.

元公立小学校長で狭山ケ丘高校(埼玉県)校長の小川義男氏は
「神話と断っている上、学習指導要領にも即しており、何の問題もない」と指摘している。.


◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇ 



     ≪愛知・一宮市立中学校長のブログ全文≫.

2月11日は建国記念日です。
そこで、今日は日本のルーツ、日本の起源について、お話をしたいと思います。
日本の建国は、今から2675年前の紀元前660年2月11日、
初代、神武天皇が即位した日が始まりです。
世界一広いお墓、大仙古墳で有名な、16代仁徳天皇が、ある日高台に登って遠くをご覧に
なられました。すると人々の家からは、食事の準備のために煮炊きする煙が少しも上がって
いないことに気付いたのです。.

仁徳天皇は
「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。
都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」と仰せられ、三年間、税を免除されました。.

税を免除したために朝廷の収入はなくなり、宮殿は大いに荒れました。
天皇は衣を新調されず、茅葦屋根が破れ、雨漏りがして、星の光が屋根の隙間から見える
という有様でした。.

三年がたって、仁徳天皇が同じ高台に出られて、遠くをご覧になると今度は、人々の家々
から煮炊きする煙が盛んに立つのをご覧になり、その時、仁徳天皇がこのように言われたと
いうことです。.

 「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」.

そして、一緒におられた皇后に
「私は豊かになった。喜ばしいことだ」とおっしゃったということです。.

皇后はそれを聞いて
「陛下は変なことをおっしゃいますね。
衣服には穴があき、屋根が破れているのに、どうして豊かになったといえるのですか」.

すると「国とは民が根本である。その民が豊かでいるのだから、私も豊かということだ」と言われ、
天皇は引き続き、さらに三年間、税をとることをお許しにならず、六年が経過して、やっと税を
課して、宮殿の修理をお許しになりました。

すると人々は命令もされていないのに、進んで宮殿の修理をはじめ、またたくまに立派な宮殿が
できあがったといいます。.

この話は神話であり、作り話であるという説もあります。
しかし、こうした神話こそが、その国の国柄を示しているとも言えるのです。.


こうした天皇と国民の関係性は、何も仁徳天皇に限ったことではありません。

敗戦直後の1945年9月27日、124代昭和天皇はマッカーサーと会見をしました。
そして、その会見で昭和天皇はこのようにマッカーサーに話したのです。.

「今回の戦争の責任はすべて自分にあるのであるから、東郷や重光らを罰せず、私を罰して
ほしい。ただし、このままでは罪のない国民に多数の餓死者が出る恐れがあるから、是非
食糧援助をお願いしたい。ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持参したので、その費用
の一部に充ててほしい」と述べたのでした。.

それまで、天皇陛下が、多くの国王のように、命乞いに来たのだろうと考えていたマッカーサー
元帥は、この言葉を聞いて、やおら立ち上がり、陛下の前に進み、抱きつかんばかりにして陛下
の手を握り、「私は初めて神のごとき帝王を見た」と述べて、陛下のお帰りの際は、マッカーサー
自らが出口まで見送りの礼を取ったのです。.

このように、初代、神武天皇以来2675年に渡り、
我が国は日本型の民主主義が穏やかに定着した世界で類を見ない国家です。.


日本は先の太平洋戦争で、建国以来初めて負けました。
しかし、だからといってアメリカから初めて民主主義を与えられたわけではありません。
また、革命で日本人同士が殺しあって民主主義をつくったわけでもありません。.


古代の昔から、日本という国は、天皇陛下と民が心を一つにして暮らしてきた穏やかな
民主主義精神に富んだ国家であったのです。.

私たちは日本や日本人のことを決して卑下する必要はありません。
皆さんは、世界一長い歴史とすばらしい伝統を持つの国に誇りを持ち、
世界や世界の人々に貢献できるよう、一生懸命勉強に励んで欲しいと思います。



(原文のまま).



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




素晴らしい。

涙が出るほどすばらしすぎる・・・・

これこそが教育です。
これが教育者のあるべき姿です


このような教えを受けた子供たちはしあわせです。
親として、このような校長先生のいる学校に、わが子を預けたいです!

このような教育をこそ、わたしは望みます!!

日本中の子供たちが、一日も早く、
このような教育を「当たり前に」受けられるようにしてほしいです!


わたしはこの学校がうらやましい。
わたしの子供が入った私立の学校は、建国記念日にも授業をしようとしたり、
6年間、日の丸も君が代も一切ありませんでした。
わが子は在学中、一度も日の丸を仰ぎ見ることも、君が代を歌うことも許されなかった。
わたしはそんな学校に子供を入れてしまったことが悔しいです。

このような立派な教育者がいることを、この一宮市の学校の方々は誇りに思うべきだと思います。


これがなぜ、
「教育委員会の指導」で削除されなければならないのか?


それに対して、あなたはもっと疑問に思うべき。
そして、その疑問を、市政に、国政にぶつけるべきです。

そんな指示(圧力)をかけた教育委員会は狂っている。
そんなことを許している国は狂っている。

戦後の、そういう、当然のように「国体を貶める」亡国教育こそが間違っている。

アメリカが、アメリカの建国の誇りを語って、建国の父や英雄を語って非難されるだろうか?
フランスが、共和国建国の歴史を語り、建国の英雄を語って非難されるだろうか?

それは中国でも、韓国でも、 どの国においても同じです。

なぜ日本だけ、建国の誇り高い歴史を語ると否定されるのか?

「神話」だから? 
「確定してない事実」だから?    違います!

そんなのは詭弁、ただの言い訳です。 (※確定してることさえ否定してるし!)
アメリカだって、ヨーロッパ諸国だって、「神話」を しっかり 教えています!
「マリアの処女懐胎」も「モーゼの海割れ」も、「ノアの箱舟」も、
「ブッダは脇腹から生まれた」ことも、「生まれてすぐ7歩歩いて喋った」ことも… 誰も異を唱えません!

中国だって、韓国だって、「国史教科書」の中に神話を しっかり 書いて教えています。
(朝鮮人の祖先は獣姦によって卵から生まれたことになってるし・・・でも神話だからそれでいいんです!)

「民族の神話」というのは、なにも「事実であること」に意味があるわけではないのです!
「民族の神話」というのは、
民族の価値観(自然観・死生観)や民族の国家観を担保するものなのです。


それは 非常に大切なことです。
だから、どの国でも、子供にしっかり叩き込んで教えているのです。

それを教えなくなった国がどうなるか?
それを忘れた民族がどうなるか?       想像できるでしょう?

日本だけです。
自分たちの民族が共有していた「神話」を、
一部の頭のおかしい連中が言ってるだけならまだしも、公教育が
「不確定」だとか「創作」だとかいう愚かな理由で否定し
教科書から削除し続けているような国は!


なぜそんな不条理が日本の中だけでまかり通っているのか?

それは、日本が「敗戦国」であるからという理由にほかなりません。

「勝った国」から「負けた国」への指令を今もずっと守り続けているからなのです。

「勝った国に都合のいい理屈を」いまだに押し付けられているだけなのです。

戦争に負ける…
ということは、このような理不尽で不条理なことを受け入れることなのです。

自分たちの国の「真実」を封印され、語り継ぐことができなくなるのです。
白も黒だと言わなければならない 屈辱「戦後レジューム」 なのです。


われわれはそれを70年間も受け入れ続けてきたのです。
そ ん な 国 は ない
それは 異常 なことです。

他の敗戦国では、もうとっくの昔に「主権」を取り戻し、
押し付けられた「自虐史観」を捨て去り、自分たちの意志で教育も憲法も変えています
しかし、日本では、
占領軍GHQが作った日教組のような組織がいまだ権力を握り続け、
日本が戦勝国にとって都合のよい「自虐史観」から抜け出せないように
番犬
のように見張っているのです。

ちょっとでも「日本の誇り」を教育現場で語ろうとすれば、例の教育委員のように
すかさず「吠えて」、日本の正義を語る勇気を萎縮させ挫くのです。

日本人に誇りを取り戻させないように。

こんな暴挙をこのまま許していたら、
日本という国の貴重さも、日本という国を守ってきた先人たちへの感謝も
誰も知らない、誰も語れない時代を迎えてしまう。

未来の日本を担う子供たちは、誰も「日本を守ろう」と思わなくなってしまう。

このような、自国の誇りを子供たちに語ることもできない狂った教育は
もう終わらせなければなりません

「子供たちに自国の神話(民族の誇り)を教えなくなった国は
 例外なく100年以内に滅びている」 

のです。

しかし、もう戦後70年です。   
あと30年しかありません。
このまま放っておいたら国が潰れます!

この校長が語ったことは、なにもかもが正しい。

世界で唯一の2600年以上続いてきた日本の真を伝え、
国の正しい「過去と未来」をつなぐために、
国の誇りを否定するこのような暴挙に対して皆が声をあげ、 
国民が心を一つにして
子供たちの未来を、わが国の未来を真剣に守っていかなければならないと
切に、切に思います





★世界に誇る日本の鉄道ダイヤの正確さは、すべて 「皇室」の存在の賜物であった!
日本の皇室は他の国の王とはぜんぜん違う! 
陛下は民のことを「おおみたから」と呼んで慈しんできた長い歴史がある。
だから日本国民は平和的で穏やかに暮らしてこれたのです。



★仁徳天皇を代々模範としてきた天皇陛下 
  「こんないい家に住めるようになったのもみんな国民のおかげだ」




<その他参考記事>  ※校長先生のおっしゃったことは、何ひとつ間違っていません。

★“日本民族のもつ最大の財産は天皇制である。
 これは全く世界に類例のない偉大なものであり、人類の理想とするものである。



★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話

★日本人なら知っておきたい「日の丸」と「君が代」の話

★「天皇について解かりやすく」知りたいという方々へ・・・


★世界に誇る日本の鉄道ダイヤの正確さは、すべて 「皇室」の存在の賜物であった!

★「海賊と呼ばれた男」のモデル 出光佐三が亡くなったとき、昭和天皇が初めて
  一般人に向けて歌をお詠みになった


★世界一長く続いている国 日本

★大日本帝国が世界で初めて提案した『人種差別撤廃案』

★日本語最高!先人たちに感謝を! 有色人種で唯一の先進大国になった要因がここにある!

★竹田恒泰 古事記を読もう!!  安心して 楽しく読める 「古事記」解説書、DVDの紹介


<よく分かる 古事記と日本人についての講義 >
http://www.youtube.com/watch?v=2R63xtmtnUg


 ※ ↑  ↑  読んでね ウサギ   校長先生が正しいということがよく解ります!


校長先生のおっしゃっていることは、
どこも、なにも、ひとつも間違っていません。

敗戦後、何十年もたっているのに、いまだ
国の誇りを教えていない国は 日本だけ です。

日本はなぜ教育でこれ()を教えられないのか?

その不条理を 
今こそわれわれは国に問うべきです!!


安倍内閣がいくら教育改革を唱えても、
このような「圧力」が日本の中にある限り、
それは達成できません。
子供たちは一生、自分たちの誇りを教えられないままです。

安倍内閣が国のために頑張ってくれている今だからこそ、
あなたも声をあげてください。


国民の声で、 
民意の力で、 
日本国から「誇り」を奪う圧力を取り除かなければ、
本物の「日本国民としての権利」を取り戻さなければ、
日本の未来はありません。

憲法改正は、何も「9条」改正だけではありません。

国の教育を取り戻すことこそ、
われわれの子孫にとって、国の存亡をかけた急務なのです。





★竹田恒泰「全国の学校長に配布すべき!」 中学校長の建国のブログを絶賛!!
 「仁徳天皇は神話ではない!日本書紀は政府の公式見解であり、史実です」
 



・・・・・・・・・・・・・・・


★日本の皇室のすごさ! 外国人「日本人は皇室への自信と敬意をもっと深めるべき!」

★米国人「大統領が重体になってもホワイトハウスの前にお祈りする人たちの行列はできないと思う」 

★もてもてナインティナイン - 2013.5.18 『英国王室SP』
英国王室の ありえないエピソード! 明治天皇の玄孫 竹田恒泰氏が解説!!
あまりににも自由すぎる英国王室と日本の皇室の決定的な違いとは?

※必見です!


★「立派な天皇」は国民の鑑である ① 


★<憲法改正問題 関連記事一覧>
   ↑    ↑   開いて見てね


※「安倍総理の言う ”戦後レジュームからの脱却” というのは、
  ”東京裁判” の上に成り立っている国際秩序に対する挑戦である」



★なぜ憲法改正が必要か? ① 日本国憲法は日本人の誇りを守ってくれない!

★なぜ憲法改正が必要か? ②  日本国憲法は日本人の幸せを保証しない

※札幌市成人式 新成人から日の丸小旗を強制的に取り上げゴミとして処分

★ 『日本の国体って? 』 日本人の原点がわかる「国体」の授業

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?

★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!    
 日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家


★日本の教育はなぜこれを子供たちに教えようとしないのか?
※自分の先祖の誇りを教えないような国が「滅びない」わけがありません!
 「これを教えない」=「日本を滅ぼそうとしている」 ということです。
 なんとかしてそれを変えないと!
 これを当たり前にあなたの子供やその孫たちに教えられるように…。



立候補者のためというより、
まるでわたしたちの、 日本人のための胸熱の演説!!

必聴!!【次世代の党】杉田水脈 の応援演説で竹田恒泰氏が「教育」の大切さを語ります!



★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
日教組が他国へ忠誠を誓うヘンテコ集団なのは間違いない。
でも、「他の敗戦国は立ち直って」るかっていうと、ちょっと。
まぁ、イタリアなんかはお気楽な感じがするけども、ドイツはある意味日本以上に徹底的にやられてる気もする。

今じゃ極左に国政とメディアを牛耳られて、難民を無制限に受け入れて生活保護しちゃうなんてお花畑な亡国政策に走る有様。
次は極右が勢力伸ばしそうだけど、日本に対する韓国と似た様な役割を果たすイスラエルがけっこうきつい。
南京の30万がどうみても嘘くさいのと同じく、ホロコーストの600万もかなり臭い。
数万くらいなら現実的に可能だとそりゃ思うけど、600万て大都市40個に原爆落として、やっと殺せるくらいのとほうもない人数でしょ。それって大戦で死んだ日本人全体の倍近い。
専用に作られたわけでもないガス室でチンタラ殺してたらそんな数、ホントに可能なのかと疑問になる。
でも、その事について触れたり研究したら逮捕される法律があるってレベルであちらは病んでる。
間違っても、政治についてはドイツを真似しちゃだめ。
2016/03/25(金) 23:44 | URL | うーん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示