ひだまり    今は古事記に夢中! 「日の丸」ほど日本の国旗にふさわしいものはない!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「日の丸」ほど日本の国旗にふさわしいものはない!

00                   
00  
00
   
「日の丸」ほど日本の国旗にふさわしいものはない!!

日の丸.jpg


唱歌 「日の丸の旗」

驚愕の真実
うちの子供たちは、この歌を知らなかったそうです!
わたしの頃は当たり前に習ったし、「ニッポニアニッポン」の歌も歌った記憶が・・・

時代だけじゃなくて、地域性もあったかもしれないけど、
こういう「日本の唱歌」をもっと子供のうちにたくさん歌っておかないと、
何が日本の国柄か日本人は分からなくなってしまいます。
 ほっといても子供が歌うような歌をわざわざ幼稚園や学校行事で歌わせるより
こうした「日本の国柄」が出ている日本らしい美しい唱歌をこそたくさん歌わせて教えてほしい。
いや、本気でちゃんと教えないと
日本人としてのアイデンティティが形成できずに日本が滅びます!

「レリゴー」なんて歌わせてる場合じゃない!

なぜなら、
「歌が流行る仕組み」が、その「意図」がはっきりしているからです。
マスコミが力を入れて「流行らせている」歌は、
日本の国柄がまったく出ていないもの、というより、日本の国柄と反対のもの、
つまり、「日本の国柄を否定するもの」なのです。
はっきりとは分かりにくいかもしれないけど(はっきり分かったら誰も騙されないけど)、
よ~く考えてみて。流行の歌(子供たちがみんな歌える歌)の共通点がなんなのか?
それは、
、『愛』とか、『平等』とか、
『自由』とか、『権利』とか、
『夢』とか、『理想』とかそんな美しい言葉によってカモフラージュされた危険思想がいっぱい!!
なのです。


端的な例を挙げると、こんな具合です。

「世界はひとつ」 (国境なんてなくていい→日本はいらない
「自分らしさだけが一番大事」 (社会の一員とか国家を支えるとか押し付けるな
「既存の価値観を壊せ!」 (規律とか風習とか古臭い伝統や信仰心に縛られるな
「王冠(伝統)よりも自由」 (天皇なんてただの飾り、税金の無駄だし、人権ないし、
                             もう、そんな差別的な制度なくしていいよね?


・・・そんな「呪文」(ミスリード)が隠されてるとも知らず、
親も教師も進んでよろこんで子供たちに与え歌わせる。

それらの「呪文」は、そこらじゅうから、いつでも、どこにいても聞こえてくる・・・

繰り返し、繰り返し、子らは「呪文」を浴び続ける・・・

それは、知ってか知らずか、「歌」によって子供たちを洗脳していることになるんです。
亡国に向かって・・・

こわいですよね? 
でも、残念ながら、それが現実です。

だから巷でバンバン流れている歌にはもっと警戒心をもったほうがいいです。
あなたの子供が立派な日本人になってほしいと思うのなら。
あなたの子供の未来(日本の未来)を大事に思うのなら・・・。


あれ・・・? 

いかん、いかん、歌じゃなくて「国旗」の話だった!! ウサギあせる 


日本にピッタリの国旗は日の丸以外ないだろ!  





昔から太陽を崇めてきた日本人にふさわしい国旗 「日の丸」。

天皇が崇拝してきた伊勢の御祭神は、太陽神「天照大神(アマテラスオオミカミ)」、
歴代天皇は天照大神の子孫であり、天皇のことを「日御子(ひのみこ)」と呼びました。

しかしそれは、天皇だけではありません。

われわれすべての日本人は、どこかで神武天皇の血筋とつながっています。
(※「古事記」を読めばわかります)

それはつまり、
すべての日本人は 太陽神アマテラスの子孫であるということなのです




「日出づる国の日本」 は、すでに世界中の人々に認知されています


2011年3月26日 欧州選手権2012予選  ドイツ代表 vs カザフスタン代表
日本の被災者にメッセージ  スタンドに日の丸!!




Japan Emperor Akihito greets people on New Year




★羽生結弦 「日出る国 日本代表」!! ソチオリンピック SP 
  前人未到の101点越えの神演技!!(フランス語 解説 翻訳付) 

※いえね、 日本贔屓のフランスの解説者が羽生君が登場したときに
 「日出づる国日本代表!」 と紹介してくれたのがうれしかったのです・・・



世界一長い、尊い歴史を持つ日本。

その日本にもっともふさわしい国旗「日の丸」。

これが気に入らないというのなら、日本人をやめればいいのです。

どうぞお好きな国旗のもとへ。

日本は それを止めはしません。




皇紀二六七二年 平成24年1月2日 皇居一般参賀 【高画質】






おまけ  ウサギラブラブ

★リプニツカヤ 「日本の国旗がなぜあんな日の丸なのかがわかった!」
          ↑    ↑  リプちゃんの意見です。  開いて見てね!

        リプニツカヤの画像 プリ画像 


こんな夕日を見たのかな?
日の丸









         

       たくさんの日の丸の小旗、大旗・・・
         これだけあっても、少しも威圧感がなく、仰々しくもなく、鬱陶しくもない。
         日の丸とは、なんと清清しい、平和的な国旗だろうか!


※ これ・・・とは大違い! です。



★日本人なら知っておきたい「日の丸」と「君が代」の話 より~

国旗の重み マンガール村の日の丸





許すまじ!!   ウサギむかっ
※日本人の愛国の権利を奪う許せない最新事件
★札幌市成人式会場スタッフ、
 新成人から日の丸小旗を強制的に取り上げゴミとして処分!!



★教育委員会の”圧力”で削除された ≪愛知県一宮市立中学校長のブログ全文≫
※これぞ、日本の教育のあるべき姿!!  ・・・を否定する日教組の害悪。




<日本人(自分)のルーツを知るなら「古事記」を読もう!>

★竹田研究会入門 ④ 「古事記入門 Ⅰ」 古事記を読むまで死んではいけない!
※学校が教えてくれるまで待ってはいられない! 自分からすすんで自分のルーツを知ろう!

★よく分かる 古事記と日本人についての講義 竹田恒泰
※なぜ日本人は「古事記」を読むべきなのか? 「古事記」を知らずして日本を語るなかれ!




※ユリ助さんから教えていただきました。
平成18年10月28、29日の天皇皇后両陛下の佐賀県行幸啓の際の映像


マスコミは報道しないけど、
実は、沖縄でも陛下の行幸先ではこんなふうなのですよ。
日の丸に君が代に提灯行列・・・ これが日本人です。
マスコミは伝えたくないらしいですけどね・・・


平成24年11月18日、
沖縄県那覇市国際通り~奥武山公園にて行われた、天皇陛下奉­迎提灯大パレード
7000名もの大パレードでしたが、マスメディアはほとんど報じてくれません。


★「君が代」ほど日本の国歌にふさわしいものはない!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示