ひだまり    今は古事記に夢中! 【文科省】40年ぶりに通知!授業で日本海を“東海”と表記したプリントや過激派組織の残虐画像は止めなさい

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

【文科省】40年ぶりに通知!授業で日本海を“東海”と表記したプリントや過激派組織の残虐画像は止めなさい


【文科省】40年ぶりに通知!
「日本海を“東海”と表記したプリント」
「過激派組織イスラム国の画像」は授業で使うのを止めなさい


文部科学省は4日、イスラム過激派組織「イスラム国」がインターネット上に流した画像を授業で
見せるなど、学校で不適切な補助教材の使用が相次いでいるとして、有益、適切な教材使用の
徹底を求める通知を都道府県教委などに出した。

補助教材は学校教育法で「教科書以外の図書その他の教材」と位置付けられており、副読本
や参考書のほか、資料集、問題集、プリントや視聴覚教材なども含まれる。
教科書とは異なり文科省の検定は受けず、各学校の判断などで使えるが、副読本などは、教委
に届け出たり、承認を受けたりする必要がある。
個々の授業の教材は教師の判断で使用するケースが多いとみられる。

補助教材については、約40年前の1974年に適正なものの使用を求める通知が出されている。
最近、一部の小中学校で「イスラム国」が公開した遺体と見られる画像を児童生徒に見せたり、
都内の中学校で日本海を「『日本』海(東海)」と表記したプリントを配ったりしたケースがあり、
文科省は今回改めて通知を出した。

不適切画像使わないで…文科省、40年ぶり通知
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0304/ym_150304_8786290041.html


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ありがとう!!  安倍政権!!!


じつは、
わたしの小学校三年生のときの担任教師がとんでもない話をしてくれた記憶があります。
その教師は思い返しても頭おかしい言動が多かった・・・

わたしが漫画の中に出てきた「文明」という言葉を友達に話しても友達が理解できなかったので、
自分では解ってたつもりだったが上手く説明できないので先生に
「先生、文明って何か、この子たちに教えてあげて」って聞いたら、とんでもない答えが返ってきた。
「そんな言葉はない」とはっきり言われたのです。
「え?あるよ、文明だよ?」 
でも先生ははっきり「文名なら文の名前、それ以外はない」と、わたしの質問を否定した。
それを聞いた友達からわたしは嘘つき呼ばわりされた口惜しさを覚えている。
今思うと許せない。 なぜ存在する言葉を否定する?
「文明」っていう概念を生徒に説明するのが面倒だったから?
それとも「文明アレルギー」??
当然そのときから不信感が芽生えました。

すっかり忘れていましたが、その先生がもっと恐ろしいことをしたのを今、思い出しました。

それは、まったく授業に関係ないのに、なぜか突然子供たちに向かって、
「浅間山山荘たてこもり事件」の詳細を話し出したのです。
立てこもっていた赤軍が拉致された被害者をどんな風に扱ったか・・・
どんな風に残虐に人を殺したか・・・という話を
小学三年生のわたしたちに異常に事細かに教えてくれました。

わたしは詳細は覚えていませんが、(きっと途中で耳を塞いだか…?)
印象的だったのは、妊婦の腹を、針金を手にぐるぐる巻きにしたもので殴って、裂いて、
中から胎児を引きずり出して、その空いた腹に電話を・・・
生徒、とくに女の子からは「キャー」「イヤー」という悲鳴が上がったのを覚えています。
今聞いてもショッキングすぎるだろう・・・!! (まるで支那人の三光作戦)
そんな話を小学三年生が「聞かされた」のです。

もし、今、これが自分の子供だったら、間違いなく学校を訴える!!!!
ってくらい異常なことです。
が、わたしはおそらく、なぜかそれを親にも話さなかったんだと思う。
今まで記憶が埋没していたんだから、当時どういう心境だったのかも思い出せない。
もう一度思い出して話を再現するのも嫌だったのかもしれない…
それがPTAで問題になったという記憶もない。
わたしみたいに内に秘めちゃう子供が多かったのだろうか・・・?
そんなこと子供がいきなり聞いても、「気持ち悪い」としか思えないし、
デリケートな子なら、夢でうなされトラウマになるような話・・・
きっとわたしも思い出したくなくて忘れてたのか・・・
今まですっかり忘れていたけど、なぜか急に思い出しました。

でも、
今、思い返すと、こんなことを思います・・・

もしかしたら、あの話を聞いた生徒の中に、一人くらい、
あの教師が受け持ったクラスの中に一人くらい、
将来、酒鬼薔薇聖斗 みたいな猟奇事件を起こす人間が出てきたかもしれない・・・と。

逆に、もし、
猟奇殺人事件を起こした人間でも、そういう性質をもって生まれてきたとしても、
過去に体験した残虐な刺激さえなかったら、
もしかしたら、そこまでの事件を起こしていなかったかもしれない・・・とは思えないだろうか?

殺人を犯してしまうかどうかは、一線を越えてしまうかどうかは、
何か紙一重で決まってしまうのではないだろうか?

あのとき、あの刺激がなかったら・・・
あのとき、あの話さえ聞かなかったら・・・ 
でも、あの刺激と、この刺激が引き金になって、とうとう事件を起こしてしまった・・・ 
ということはないだろうか?


だからこそ、

たとえ事実だろうが、時のニュースだろうが、
「子供に与えてはいけない刺激」があるのだと思う。

それをわきまえるのが子供たちを指導する立場にある教員であるはずなのに、

たとえ親がパープーでも、子供同士がパープーでも、
それを諌めて糺すのが教師の役目だと思うが、

でも、日教組の薫陶を受けた教員は、
自分の権利だけが大事、自分の意思だけが大事、
そう思い込んでいる。

だからできてしまうのだろう。

ああいう、
わざと子供たちに人間の残虐性や猟奇的な殺人願望を「教える」教員というのは、
もちろん自身も狂っていると思うが、
意識的だろうが無意識だろうが、
ああして、自分の同類を育てているのではないだろうか・・・?

職歴が長ければ長いほど、
その薫陶を受けてしまった子供たちが増え続けていくのではないか?

などということを考えてしまいました。


それを 売国政権時代は喜んで野放しにしてただろう。



しかし、 今は違う。


ああああ、 安倍政権でよかった!!


少なくとも民主党政権だったらこんなことしてくれない!

公明党だって。  共産党だって。


他の自民党だって、こうはいかない。


安倍政権だから。


これが 日本人のための 政権だから。






もちろん、安倍政権にだって修正すべきところもあるけどね。

でも、 いいことは いい! って評価しなきゃ!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示