ひだまり    今は古事記に夢中! 真央ちゃんが世界中に与えてくれたあの感動を再び!! 涙で キリトル!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

真央ちゃんが世界中に与えてくれたあの感動を再び!! 涙で キリトル!

   
うわああ~~~ん!! 
これ、見逃してたんだ~~ 動画主さま、ありがとう~~!!!

浅田真央を心から応援する 
羽生選手、高橋選手、佐藤コーチ、 海外選手たちを キリトル!!  
  



うわ~~ん! 何度見ても涙が出ちゃう!! (><);;;;

ほんとうに、 ほんとうに、 真央ちゃんはすごかったし、

それを応援するみんなもすごかった!!!

あそこには、ただの感動だけじゃない、 愛があふれていた

それは、真央ちゃんだから。

真央ちゃんだから。





★ロシアのソトニコワ、プルシェンコらが浅田選手の偉業を祝福、絶賛!










おまけ!!

若いのに、
サービス精神多すぎ! の羽生くんを キリトル!!


なんだろ?
フィギュアスケーターって、
なんでこんなに、みんなをほっこりしあわせにしてくれるんだろう・・・




★メチャクチャほっこり♡な羽生くんを キリトル!


<span style="color:#ff0033">★いなくなってみて改めてわかる存在価値のすごさ! 
 高橋大輔 スタジオジブリとコラボ 「思い出のマーニー」





<真央ちゃん関連記事一覧> ※アメブロ時代の古い記事です。


★オペラ 「蝶々夫人」の舞台に見る ”西欧人が日本に抱いてきた偏見” の壁



★浅田選手を愛する純粋な気持ちを 反皇室扇動に利用されないでください・・・



関連記事
スポンサーサイト
コメント
天使でした☆
真央ちゃん本当に最高です☆
休養中に東日本大震災の被災地にも積極的に来てくれて子供たちに元気を与えてくれました。人間的にも尊敬ですよね。

うちも被災地住みで先日行われたアイスリンク仙台での真央ちゃんのスケート教室行ってきました!間近でみる真央ちゃんは本当にキラキラでとても素敵でした。子供もとても喜んでいました。私の隣でみていた方は福島から参加されていましたよ。うさんぽさんが住んではいけないと言っていた福島から…。真央さん福島にも訪問していましたね。今も東北は人が住んではいけない場所だと思いますか?大好きな真央ちゃんが被曝しないか心配ですか?

過去の記事のうさんぽさんの言葉で心折れました。でも真央ちゃんに元気をもらいました。やっぱり真央ちゃん最高です。絶対幸せになってほしいです。
2015/03/15(日) 00:00 | URL | maochico #-[ 編集]
Re: 天使でした☆
maochico さん、コメントありがとうございます。
真央ちゃんはスポーツマンシップだけじゃなく、人柄も素晴らしいですよね。
だから世界中で愛されているんだと思います。
かの中国人でさえ心解かされているようですし。
そういう意味でも天使ですね。


さて、こちらの件ですが、

>うさんぽさんが住んではいけないと言っていた福島から…。真央さん福島にも訪問していましたね。今も東北は人が住んではいけない場所だと思いますか?大好きな真央ちゃんが被曝しないか心配ですか?
>
> 過去の記事のうさんぽさんの言葉で心折れました。でも真央ちゃんに元気をもらいました。やっぱり真央ちゃん最高です。絶対幸せになってほしいです。


あれを書いた時期の日本の状況がどうだったか、世界がどう日本を見ていたか、
ということを客観的に思い出して考えていただきたいと思います。
わたしは東北は人の住むところじゃないなどとは言ってませんし、
何度も断って書いていましたが、
あの当時の政府の対応があまりにもお粗末というか、人間本意でなかったので
わたしが書いた意見を専門家、しかも、ずっと原発事故の影響についてずっと
研究し警告し続けてきた専門家の意見が、まったく、当時は表に出されなかった
あの状況は危ないと思ったから、はっきり言う人が必要と感じて書いた文です。
当時もよくありましたが、
あれを読んで、全部自分のことと思い込まれている人がいますが、
そこに実際住んでいる人たち全員が本当に心から安心して、心から政府の言葉を信じて
いるわけではないはずです。
わたしは、そこから逃げ出した人の気持ち、本当は逃げ出したいけど事情でできない
人の本心、それも大事にすべきだと思ったのです。
東北でなくても実はもっと危険だった地域もあるし、
東北でも危険でなかった地域もあったと思います。
でも、そういう問題ではなく、
本当に政府が、東電が、「人」ののことを考えていたら、
一番最初に、「申し訳ないが、すぐそこから非難しなさい。ここにはもう住めない」
と言うべきだったと、そういう意味で書いたものです。

たとえば、医者が病気を宣告したり、手術の説明をするとき、
本当はほとんど大丈夫だとわかっていても、絶対に最悪のことを言いますよね?
まず脅すように、患者に最悪のリスクを説明しますよね。
そして、その上で、どん底を理解した上で、自分の意志で、
希望にすがって選択しますよね?
それだったら、もし、最悪通りじゃなくても「よかった」と思うだけだし、
たとえ手術して100%成功しなかったとしても、患者は納得しますよね?

それがあの当時政府と国民の間にありましたか?
今、マスコミは意気揚々と原発反対意見ばかり喧伝しますが、
当時、それを指摘してくれたマスコミがありましたか?

わたしが怖かったのは、
自分で危険や不安を感じてそれを避けよう、問題視しようという人たちを
逆に差別し非難する風潮にあったから、
まるで、逃げる人を卑怯者扱いし、逃げられない人をいわゆる人質にとって
まだ利権を追求しようとしている人たちがいたからです。

何度も言っていますが、結果は個々のものです。
誰の言葉を信じたとしても、どういう行動をとったとしても、
その結果を最終的に受け止めるのは個々の人です。
そのときになったら、どちらが正しかったとか間違ってたとかは最早関係ない。
責任も結果も、判断した自分にあるのだということだけは自覚して
生きていってほしい。そういう思いで書いたものです。

あれでたくさんの人の心を「折った」かもしれませんが、
あれで心救われた人もたしかにいるのです。
ああ言ってくれる人があまりにいないので傷ついていた人もたくさんいたのです。
わたしは、その人のためにあれらを書きました。

そして、そうやって、
平和的で思い遣りに溢れた心やさしい日本人の間に疑心暗鬼や被害差別の
仲間割れ状態を作り、人の心や、人の関係を裂いた本当の原因は(本物の敵は)
「風評被害」ではなく、「原発の存在」そのもの、
もっといえば、「原発を許してしまったこと」そのものなのだということも
見誤らないでほしいと思います。
わたしはそう思ったから、
「原発を許してしまった」罪を感じて、誤解を恐れずあれを書きました。

同じ日本人として、いまだ原発を維持している同じ日本人として、
おそらくいつか味わうであろう、「つらい思いを誤魔化しながら生きていく状況」を
国民に強要する政府(原子力機構)こそが、いつか断罪されるべきだと、
わたしは信じています。
そのときのためにも、「出しておかなければならない意見」だと思ったので書きました。

おそらく、
ごめんなさい。
これも言葉が足りなくてあなたを傷つけてしまうかもしれませんが、
最近、この問題について語っていなかったので、機会を得てここに書かせていただきました。
失礼いたしました。








2015/03/15(日) 10:52 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示