ひだまり    今は古事記に夢中! 大阪市歌  ~大阪市が「賑わい」「優る」のは、こういう精神を大事にしてきたから?

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

大阪市歌  ~大阪市が「賑わい」「優る」のは、こういう精神を大事にしてきたから?

                         
「高津の宮の昔より……」
で始まる大阪市歌が制定されたのは大正10年4月で、中之島の市庁舎建設を機に公募したものです。

全国から、2398編もの応募があり、森鴎外、 幸田露伴ら5氏が審査にあたり、
香川県三豊中学校長の堀沢周安氏の作詞が入選。
賞金は500円だったそうです。
作曲は東京音楽学校助教授の中田章(薫)氏です。



1、高津の宮の昔より、
  よよの栄を重ねきて、民のかまどに立つ煙
  にぎわいまさる 大阪市、 にぎわいまさる 大阪市

2、なにわの春のあさぼらけ、
  生気ちまたにみなぎりて、物みな動くなりわいの
  力ぞ強き 大阪市、 力ぞ強き 大阪市

3、東洋一の商工地、
  咲くやこの花さきがけて、よもに香りを送るべき
  務ぞ重き 大阪市、 務ぞ重き 大阪市



楽譜つき ↓
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000028864.html








今日の竹田さんのニコ生を聞いていて、
橋下元市長の『大阪「都」構想』関連記事で、この「大阪市歌」の話が出ましたので紹介します。

この大阪市歌のことは、竹田研究会が出している「古事記完全講義DVD」の仁徳天皇の話が入って
いる巻末に詳細が出てきます。
わたしは毎日車の中でこのDVDを繰り返し聞いているのですが、
折りしも、ちょうど今日、この大阪市歌の逸話のところを今朝、車の中で聞いたばかり!

これを聞いて、わたしは大阪市民がうらやましく思いました。
こういう歌を作った人がいるだけでなく、
こういう歌を「これこそわが市歌にふさわしい」と判断した人たちがいるだけでなく、
なんと、この歌を作って応募した人も、中学校長だったという・・・

なにか符合しませんか?

ほら、あの、
『教育委員の”圧力”で削除された 愛知県一宮市立中学校長のブログ』ですよ!

あれはまさに、「聖の帝」と呼ばれた仁徳天皇の「民のかまど」の話でした。

しかも、 ただ「民のかまど」の話を紹介しただけではなく、
そのような「民のための政治」が日本では古来から行われ、
それを代々の天皇が模範として、その精神を確実に受け継いでいるということ。
ゆえに、
日本は、戦争に負けたことでアメリカによって初めて民主主義を教えられたのではなく、
われわれ日本民族は、伝統的に、民族的に、
民主主義のもっとも大事な精神をすでに誰よりも知っていたということをしっかりと示してくれている
のです。

ただ歴史としての知識を子供たちに与えようとしただけでなく、
わが日本という国家に対する正しい認識を、
その素晴らしさへの敬意を、日本人としての誇りを、
それを子供たちに教えようとしたこと、それこそが尊いと思います。


こんな心ある学校長がもっともっとたくさん増えれば、

日本の教育は、日本人は変われると、 

日本はもっと美しく、輝きわたると思います。



竹田氏
”都”を名乗れるのは、天皇がいらっしゃるところだからだ。
橋下さんは大阪人のプライド(虚栄心)を「都」でくすぐったんですよ。
でも、もうそんなもので揺らいでる時期は終わったんです。

大阪市と大阪府がいっしょになったら、「大阪府」か「大阪市」でよろしい。
それが自然じゃないですか。
だけど、
大阪府になって、大阪市がなくなっちゃったら、この大阪市歌がなくなっちゃうんじゃないか!
こんな素晴らしい市歌をなくしたらダメですよ。
(それだけは困ります!)








関連記事
スポンサーサイト
コメント
高津宮で感激した歌です
こんばんは。

昼にもコメントしたのですが多分失敗したので、再コメントです。
もし重複していたらごめんなさい。

この大阪市の歌は、高津宮にお参りした時に知って羨ましかった歌です。

こんな素敵な歌が出来たのもこの地なればこそ。

確かにずっと繁栄している地であるのは、仁徳天皇を慕う人々が集まったからですよね。

そして、この歌が出来て言霊と化したのかも。

この素晴らしい歌は、未来永劫大阪で歌い継がれてほしいものです。
2015/03/20(金) 21:34 | URL | あらみたま #-[ 編集]
Re: 高津宮で感激した歌です
あらみたまさん、コメントありがとうございます。
まあ、ごらんになったんですか?
本当に、うらやましいですね。
そもそも自分の都市に「市歌」があるなんてことすら知らなかったんですが、
ただの地元自慢(自分自慢)にならないで、
こういうことを誇りにする姿勢が素晴らしいですよね。
しかも、これも中学の校長先生の作とはびっくりです。
大阪市民のみなさんこそ、この歌の意味をかみしめ、誇りを取り戻してほしいです。
2015/03/21(土) 20:08 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示