ひだまり    今は古事記に夢中! 【女子高生】「うちの親はそんな非常識なことは言わない」                       世界に誇る「秩序と思い遣りあふれた日本社会」の礎は家庭から!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

【女子高生】「うちの親はそんな非常識なことは言わない」                       世界に誇る「秩序と思い遣りあふれた日本社会」の礎は家庭から!


タイトルからだと、いったいどんな話なのか想像がつかないけど、
聞いてみると、思わずほっこり・・・ いや、
「まだまだ日本の家庭教育もすてたもんじゃない」 と誇りに思える
感動的ないい話でした。


【女子高生】
「うちの親はそんな非常識なことは言わない!」




長蛇の列に並びたくないために、割り込み注文を頼んだ(強要した)女性に対して、
後ろでそのやり取りを聞いたギャル風のJK(女子高生)が誅して、
その自己中な「勘違い」女を完全論破した話です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どっかの記事にも書いたことあったけど、
わたしは高校生のとき、よく、わたしの将来の夢を
「輝ける日本の未来の母!!」  と言っていた覚えがあります。
根拠はあんまり覚えてないけど、
きっとどこかでこんなフレーズを見て気に入って使っていただけだと思うけど、
少なくとも、わたしの中の「母親」のイメージの中には、おぼろげながら、
「母親が日本の未来を作る」 んだと、
「立派な母親が立派な国を作る」 んだと、
「親の教育で日本の未来が決まる」 と、なんとなくだけど思っていたんだと思う。

そういえば、幼稚園の頃に「将来何になりたいの?」って聞かれると、
昔は女の子の半分くらいは「お母さん」って答えていたように思う。
当然、そんな頃は違った意味で「お母さん」に憧れていたんだと思うけど、
「お母さん」が女の子の憧れの「職業」に位置していたことはある意味すごいと思う。
「他に花形職業がなかった」なんて身も蓋もない意見は置いておいて、
少なくても、母親という「仕事」が憧れと敬意をもって受け取られていたことだけは事実。
けっして、田嶋さんたちが豪語するような
「虐げられた惨めな存在」なんかではなかった証拠だとわたしは思います。

そして、だからこそ、
それが事実だからこそ、
今でも、こんな素敵なお母さんが存在し、
それを真っ直ぐに尊敬できる立派なお嬢さんたちが存在しているんだと思います。





<参考記事>

★ 『韓国の子育て観』 と 『日本人の子育て』を「子供の日」に考える・・・

★夢を叶える力は家庭から

★再 ・ あなたの「家」を守ってください

★「弱者にやさしい社会」の裏の顔・・・

★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 ! その①
★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その②
★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その③

★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!

★「日本の女性は世界一大事にされている」? 海外の反応は田嶋脳とは逆!

★日本の「道徳教育」は素晴らしい!!
  『子供たちに人を思いやる大切さを教える日本の先生』 が海外で絶賛される


★要約・改訂版 『電車やバスのケータイ通話ってなぜいけないの?』

女だけど昔の男尊女卑時代のが良い


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示