ひだまり    今は古事記に夢中! その日焼け止め ちょっと待って!!花王『ビオレ』 資生堂『クレ・ド・ポーボーテ』     カネボウ『ALLIE』  人気の日焼け止め化粧品から環境ホルモン検出!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

その日焼け止め ちょっと待って!!花王『ビオレ』 資生堂『クレ・ド・ポーボーテ』     カネボウ『ALLIE』  人気の日焼け止め化粧品から環境ホルモン検出!

       
カネボウ『ALLIE』、花王『ビオレ』、資生堂『クレ・ド・ポーボーテ』
人気の日焼け止め化粧品に環境ホルモン成分
母親の血液や母乳からも検出


http://www.mynewsjapan.com/reports/2151

夏を前に、紫外線防止効果が極端に高い日焼け止め化粧品が出揃ってきた。
だが、カネボウ、花王、資生堂などの売れ筋商品に軒並み使用されている紫外線吸収成分
「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」に、環境ホルモン作用があり、
動物実験で子どもの前立腺と精巣サイズが小さくなり精子数減少も確認され、
脳の発達への影響も指摘されていることがわかった。


この成分は皮膚から浸透し体内へ吸収されることが分かっており、
授乳中の母親を対象にしたスイスでの調査では、母乳の78%から検出された

日常生活では「SPF50+」といった強い紫外線防止は不要なので、同成分を含まない商品を選ぶことを
お勧めする(著者調べでは売上トップ10中、不使用は1つだけ)。

口紅やネイルカラーなどにも使用されているため要注意だ。



 しかし、こんなに強い紫外線防止が本当に必要なのか。

化粧品工業連合会ですら、SPFで35以上、PAで+++以上必要なのは「炎天下でのレジャー、
リゾート地でのマリンスポーツなど」と示している。
日常生活では、SPF20以下、PA++以下の弱い日焼け止めで充分なのだという。

紫外線防止効果の高い化粧品には、作用の強い成分が使われることになる。
そうした成分は、肌に塗ると皮膚から体内に吸収されることが分かっている。

近年ヨーロッパで問題にされているのが、日焼け止め成分の一部に環境ホルモン作用があるものだ。

EUのNGOグループが作成している規制強化し代替化を促進すべき化学物質のリスト(SIN List)
には、環境ホルモンの疑いのある化学物質が47種類挙げられているが、そのうちの7種類が、
日焼け止め化粧品に使われる紫外線吸収剤なのだ。


厚労省の化粧品基準で定められた、日本で化粧品に使用可能な紫外線吸収剤は、32種類ある。
その中でEUの環境ホルモンリストに挙げられているものは、4種類だ。
オキシベンゾンー1、オキシベンゾンー2、オキシベンゾンー3、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル。

海外の研究では、オキシベンゾン類は肌に塗った場合の体内への吸収量が高く
メトキシ系飛散エチル壁汁の26倍、という指摘もある。

そのため、オキシベンゾン類は日本でも代替化が進んでいるようで、化粧品成分の処方例が検索
できるcosmetic-info.jpというサイトで調べても、オキシベンゾン類を使った化粧品は少ないことが分かる。
オキシベンゾンー2を含む化粧品は27件挙げられているが、販売時期が古く、現在でも売られている
ものはほとんどない。

オキシベンゾンー1を使った化粧品は249商品あるが、ほとんどはネイルカラーで、日焼け止めには
使われていない。
ネイルカラーに使われている理由は、爪の日焼け防止ではなく、ネイルカラー自体が紫外線によって
劣化するのを防止するためだ。

比較的多く使われているのはオキシベンゾンー3で427件挙げられており、日焼け止め化粧品に使わ
れているものがある。しかし著者が店頭やネットでチェックしてみた限りでは、オキシベンゾン-3を
使った日焼け止め化粧品で、現在でも販売されているものは、「TiME SECRETミネラルUVミスト」という
商品1件だけだった。

大手だと、DHCが「DHCサンカットQ10スプレー」という商品に以前使用していたが、現在販売中の
リニューアル商品にはオキシベンゾンー3は使用されていない。

◇カネボウ、花王、資生堂も使用の「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」
唯一、日本でよく使用されている環境ホルモン作用のある紫外線吸収剤が
「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」で、日焼け止め化粧品に使われている。
「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」の環境ホルモン作用については、オランダ政府の環境省
の主導で評価した報告書に詳しく掲載されている。
この成分は、女性ホルモンだけでなく、
男性ホルモンや甲状腺ホルモンもかく乱することが示されている


2011年のラットを使った実験では、妊娠中と授乳期での母親へのばく露によって、
母親と生まれたオスの子どもでの甲状腺ホルモンレベルの減少が確認されている。
オスの子どもでは、男性ホルモンの量が少なく、また前立腺と精巣のサイズも小さかった。

成長後の精子数の減少も確認され.....

※この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。


。。。。。。。。。。。。抜粋転載おわり



その 日焼け止め ちょっと待って!!

ひょっとして、この成分入ってない?
    ↓    ↓
「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」




※売上10位内で唯一環境ホルモン成分「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」不使用だった
 「ノブUVミルクEX」。 買うならこの商品。


<商品写真>

    



おもわず早速注文した・・・


わたしはもともとUVカット商品には厳しいので、おかしな成分が絶対に入っていないものしか
使わないようにしてきたのですが、ちょうど、買い足そうと思っていた矢先・・・
こんな情報を仕入れてしまったので、すぐにこれは皆さんにもお教えしないと! と思いまして、
ついでにちゃっかり、自分も上の商品を注文しました。

本当に、肌から吸収される成分には気をつけなければいけません。
それについての警鐘は過去記事を読んでみてください。
ぜひ、ご一読をお勧めします。
大事なことなので・・・



<化学物質・その他 健康に関する参考記事>

★化学物質過敏症の話


★経皮毒 ~ 神様からのギフト
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-129.html


★経皮毒 ~ 悪魔の錬金術
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-144.html


★悠香「茶のしずく石鹸」で小麦アレルギー患者1500人超に

★流行する香り付き柔軟剤の被害! 「外出できない…お願いやめて!」 過敏症」の人たち悲鳴!


★見えない危険・電磁波汚染 ① <海外では障害と認定!>

★見えない危険・電磁波汚染 ② 怖い極低周波電磁波の影響

★見えない危険・電磁波汚染 ③ 見えない恐怖! 発症してからでは遅すぎる

☆ がん検診で癌になる! ~ 医療放射線の危険性

★再・「調味料 (アミノ酸等)」の裏に化学調味料(合成化合物)あり!
  ・・・大量摂取した世代が今「草食系」と呼ばれているのはなぜ?



★ <子宮頸がんワクチン問題> につてこれだけは知っておいてほしいこと
※娘さんを持つ関係者だけでなく、この問題の深刻さを同じ国民として共有してください。



                             ※コメント欄の情報も参考にしてください。   
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
NOVはノエビアだから、so-ka系ですよ。何だか?です。
2015/05/08(金) 02:27 | URL | 梨 #-[ 編集]
Re: No title
梨さん、コメントありがとうございます。

> NOVはノエビアだから、so-ka系ですよ。

なるほど。選択肢の参考になる情報としてあげておきます。
ただ、
こう考えたらいかがですか?
上に上げた三品目は、大々的に広告費をかけてきた人気商品。
ということは、価格の大半は広告費、つまり、優良成分は少しだけ。
方や、NOVは通販だけで人気商品。つまり広告宣伝費は少ない。
つまり、価格の中の広告費より優良成分の方が多い。
想像ですけど、もしかして、
so-ka の人たちだけがコッソリいいものを使うために出したものだったりしてね。

ともかく、成分表示としては問題ないと思います。
もちろん、全く合成化学物質が使われていないわけじゃありませんが、
他にも安全な日焼け止めはあるのでしょうが、
もっと完璧を期するとわたしが知ってるのはネットワークビジネス商品とか
もっとバカ高いものになってしまいます。
少なくとも、手に入りやすい花王『ビオレ』とかを知らずに常用するよりいいと思います。
特に若い人はこれから子供を産むのですから気をつけてほしいです。

これはひとつの情報ですので、不信があれば調べてみてください。
2015/05/08(金) 08:05 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示