ひだまり    今は古事記に夢中! バンダービルド「 安倍首相の過去の発言は正しかった」 !!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

バンダービルド「 安倍首相の過去の発言は正しかった」 !!


バンダービルド
「 安倍首相の過去の発言は正しかった」 !!



「中国はまだ理性的な外交ゲームが可能である。
しかし韓国はただの愚かな国だ。
パククネ大統領が私たち(日本)と対立をするのは、
そばに「奸臣」がいるからであり、
その筆頭はユン・ビョンセ外相である」



-2013年11月14日、日本の雑誌(「週間文春」)が安倍首相の発言だと主張して報道した内容。

当時の日本政府は、安倍首相の発言ではないとして報道を否定 したが
正確なところは不明の状態である。

もし安倍首相が実際にこういう言葉を言ったと仮定すると、安倍首相の見る目は確かだと認める
しかない。現在、その言葉通りの状況にほぼなっている状態だからだ。

中国と韓国の両方ともが、対日強硬姿勢をとってきたが、そのうちの片方の国は、戦いながらでも
すべきこと(会談)はまるまるする「理性的な外交ゲーム」をしているが、もう一方の国は、ただ戦う
ばかりで会談の一度も持たず、「対立点を立てている」ばかりの状況だ。

ところで、日本を圧迫するために、中国は「(対日)協調をする」と言及したことがあった。
なのに、慰安婦像を設置したり、国連など会議のたびに非難したり、漫画展などで非難したり、
反日宣伝物をばら撒きまくったり、外国の新聞に非難広告を出したり、日本の首相が国賓として
訪米したとき、各種のスピーチを追いかけまわして反日の質問攻めをしたりデモをしたり…など、
何故こういった活動を、韓国がほとんどを引き受けているのか?

協調するというなら、分担しなければならないのではないか?

悪役という悪役を我が国がほぼ引き受けたせいで、日本からはもちろん米国からも、
私たちが毒々しい眼差し(「安い拍手」など)を受ける状況になったのではないか?

あのとき、意図に気づくべきだったのだ。
ハルビン駅かどこかに、韓国のために、何かの記念館を大きく建ててあげようと中国が言った
その時のことだ。
中国は、初期に一度だけこういうことをした。その後、韓国は、これがあまりにも有難くて、中国
の忠実な代弁者にでもなったかのように、分別(韓米同盟の状況など)も忘れて、反日の先鋒に
立って、粘り強くこれまで飛び回ってきたのだ。

やはり中国は共産主義国家らしく、韓国を巧妙に上手く引きこんだし、韓国はそこに飛び込んだ状況だ。
そして、こういった中国と韓国の間の構図を、すでに安倍首相はあのときに看破していたものであり、
従って、「中国はまだ理性的…しかし韓国はただの愚かな国」という発言をしていたのではないかと
いう推定が可能である。

人間でも国でも、行くべきところと行ってはならないところを最初からうまく使い分けて、断固として
判断を下すことができてこそ、後難がない。
経済は試行錯誤が通じるとしても、安全保障はそうではないという現実が、心がかりなだけだ。


バンダービルド


http://www.chogabje.com/board/column/view.asp?C_IDX=61085&C_CC=BC


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


文春報道、韓国で波紋 「韓国は愚かな国、首相が発言」

【ソウル=貝瀬秋彦】
週刊文春の最新号に掲載された記事の中で、安倍晋三首相が「韓国はただの愚かな国」
と語ったとの記述をめぐり、韓国で波紋が広がっている。

文春の記事には「安倍総理周辺によると、総理は『中国はとんでもない国だが、まだ理性的
に外交ゲームができる。一方、韓国はただの愚かな国だ』と語っていたという」とのくだりがある。

日韓・韓日協力委員会合同総会に出席するため訪日している韓国の代表団は15日、
「同記事は韓日関係の悪化を招くものであり、深刻な憂慮を表明する」としたうえで、
日本政府が事実関係を明らかにするよう求める声明を発表した。

韓国の与党・セヌリ党関係者は「韓日関係は今後、多くの困難に直面するだろう」とコメント。
最大野党・民主党は「政府が断固として対応すべきだ」と指摘した。



■菅官房長官「発言、あり得ぬ」

安倍晋三首相が週刊文春の記事の中で、「韓国はただの愚かな国」と語ったとする記述について、
菅義偉官房長官は15日の記者会見で、
「その記事は今、初めて知ったが、そんなことを言うわけがない。あり得るわけがないというのが
私どもの正式な見解だ」と述べ、事実ではないとの考えを強調した。

また、日韓関係については
「極めて大事な隣国であり、価値観を同じくするものだ。当然、日韓の発展に努めていく」と語った。


http://www.asahi.com/articles/TKY201311150424.html



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



あらかじめ断っておくと、
安倍総理の「発言」とされている記事の信憑性はないです。

ただ、「発言した」かどうかは別として、そういう情報を誰かが掴んでいた・・・ということには
間違いないのだと思います。
出所がどこでも、言ったかどうかよりも、
その言は結局、正しかったのだということが重要だと思います。




安倍長期政権を心から望みます。


★再・なぜ今の日本に「安倍長期政権」が必要か?


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示