ひだまり    今は古事記に夢中! AIIB 中国の本当の狙いはこれだ! 竹田恒泰「中国元を主要通貨にしてはならない」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

AIIB 中国の本当の狙いはこれだ! 竹田恒泰「中国元を主要通貨にしてはならない」

  
今更・・・と思うかもしれませんが、
まだまだ完全に諦めきれない中国の思惑が生きている以上、
この問題に関して、まだまだ枕を高くして眠れないというのが現状です。

まだ、AIIB についてよく理解っていない人でも、
中国が何を企んでこれを推し進めているのか?
中国の目論見の果てには、どんな弊害が待っているのか?
なぜ、日本はこれに迎合してはいけないのか?
それをきちんと理解しておくために、今一度、核心を突いたわかりやすい解説をまとめてみました。
  

管制管理相場の元を採用してはいけない|竹田恒泰チャンネル
  




アジアインフラ投資銀行(AIIB)日本は加入しなくてよい|竹田恒泰チャンネル






どうして、日米以外の欧州諸国は
こんなヤクザな「同盟」に加入できるのか?


日米だけが「孤立」しているなんていうのは、嘘!
日米と欧州の立場の違い。中国の脅威に対する温度の違い。
その理由をわかりやすく解説!

AIIBの正体 
左巻きの東京新聞が書かないから僕がスカパーで解説する 
長谷川幸洋






中国の酷過ぎる民度でAIIBが
来年の今頃には忘れ去られているヤバ過ぎる真実を
三橋貴明が爆笑しながら語る!






三橋貴明「AIIBの危険、決定的!! 安倍首相もアメリカ訪米で釘を刺す!」


AIIBとADBの対立構造はマスゴミの偏向報道!
麻生太郎の宣言した増資はアメリカが反対する理由





イギリスAIIB参加はインフラ投資が目的ではなかった!
習近平がイギリスにAIIBへの参加と引き換えに約束したやばい事柄とは






まったくですね!

中国なんて、普通に銀行ATMから偽札が出てくる国です。

銀行からおろしたばかりの給料の中にニセ札が入ってたときのあの絶望感・・・!

そんなとき、どうするか知ってます?
向こうに住んでるとき、日本人学校の授業料を払いに行ったら、
学校にも偽札判別機が置いてあって、(置いてあるだけじゃなくて、毎回確実にフル稼働してます!)
向こうはかならず領収書出す前にそれで調べるんですが、
なんと、わたしが払った授業料の中から偽札を発見!!
その機械から「ペッ」と吐き出されたのです・・・

わたし 「え?偽札?でも、昨日銀行から下ろしてきたばかりなんですけど・・・」
学校 「ええ、あるんですよ、ここでは」
わたし 「じゃあこれ、どうしたらいいんですか?銀行替えてくれますか?」
学校 「無理ですね。こういうお金は、市場とか判別機置いてないところで
    使ってしまう他ないです」


わたし 「え!使う? これを自分で使うんですか?」
学校 「はい。大丈夫ですよ、みんなやってます。

これが常識なんです。

銀行から偽札が出てきてしまう国ですから、国民も諦めてる。
そして、いつも疑っている。自分が偽札を掴まされないように。
そして、
もし、偽札を掴まされてしまっても、
それを誰かに掴ませて(つまり、知ってて偽札を使う!)誰かに押し付ければいいと思っている。

つまり、偽札を皆で押し付けあっている。

つまり、自分さえ「最終的に」損をしなければそれでいいと思ってる。

つまり、根本的な問題解決しようとは思っていない。

そんな国です!!!

そんな国の通貨を信用できる わけ がない!!


でも、 よかった~~~~
今、民主党政権なんかじゃなくって!!

安倍政権 万歳!!



安倍長期政権を心から望みます。





★再・なぜ今の日本に「安倍長期政権」が必要か?
※安倍政権だって、安倍総理だって万能じゃないし、完璧でもない。
 でも、今の日本には、やっと日本を取り戻し始めた日本には、
 安倍政権以外には任せられない。 まだ当分は・・・



★遅ればせながら ツイッター始めました!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示