ひだまり    今は古事記に夢中! 「戦車に轢きちぎられたと言うな!」 天安門事件で両足をなくした生証人が中国の言論弾圧の実体を語る。

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

「戦車に轢きちぎられたと言うな!」 天安門事件で両足をなくした生証人が中国の言論弾圧の実体を語る。

   
これを「歴史修正主義」というのでは? 
 
天安門事件で戦車に両足を轢きちぎられた「生き証人」を中国当局は
「戦車に轢かれたと言うな」と口止めし、言動をすべて制限し、監視して、
家族までも当局のスパイとして監視し圧力をかけ続けていた・・・

 
戦車に両足を轢きちぎられた「天安門事件の証人」 カナダで事件を語る
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/05/html/d27879.html

 【大紀元日本5月31日】
1989年6月4日に起きた天安門事件の凄惨さを物語る1枚の写真がある。
両足が戦車に轢きちぎられた学生が写ったものだ。
その学生が22年後の今月27日、カナダのトロントで開かれた六四天安門事件の記念集会に参加した。

方政さん、1966年生まれ。安徽省出身。1989年6月4日、北京体育大学4年生だった方政さんは
天安門広場にいた。その日の朝6時ごろ、天安門広場を後にする方さんと他の学生たちは、広場に
ほど近い六部口で、後ろから人民解放軍の戦車に追いかけられた。

方さんはその一台に倒され、
キャタピラーが彼の足を押しつぶし、轢きちぎりながら通り過ぎた。

※閲覧注意! <参考写真> 

再び目が覚めたのは次の日の昼。北京の積水潭病院ですでに両足の切断手術が施された後だった。
1日か2日後には、彼はベッドごと、病院の医師と看護士に押されて病院内を逃げ回った。
軍の人が捜査に来るという噂が伝わったからだ。
その日は無事だったが、4日後の9日に、北京市公安局の人がやってきた。
担架で病院の事務室に運ばれた方さんはそこで事情聴取を受けた。

数年後に、方さんは自分のあの有名な写真を目にすることができた。
写真に写った、自分の足に包帯で巻く人に、方さんはいまも感謝している。
「この人の冷静で適切な処置がなければ、私はもうこの世にいない」と語る。

我が子を天安門事件でなくした母親たちが結成した組織「天安門の母」の調査によると、
方政さんが轢かれた六部口だけで、死傷者は14人に上り、13人は名前・年齢・所属・けが状況
・死亡原因など詳しい状況が突き止められている。

 「戦車」と言うな
 
事件後大学に戻った方政さんは大学側に「戦車に轢かれたと言うな」と口止めされた。
「軍の車と言えばいい」という。
方さんは拒否した。「あれは戦車だということを私は知っている。決して普通の軍の車ではない」。

「我々は平和的かつ理性的に天安門広場を離れていた。
 それでも彼らは我々を追いかけて殺そうとした。
 理由は何なのかいまもわからない」


その後、方政さんは「制圧待ち人員」としてブラックリストに載せられた。
1カ月に一度派出所に現状を報告させられ、3カ月に一度公安の人が家に巡察にくる。
方さんの父親も彼の情報を得るための情報源とされた。

「敏感」な時期(天安門広場の記念日など)となると、
電話が通じなくなり、旅行や友人と集うことも制限を受けていた。


体育大学出身の方さんは、障害者スポーツ競技に参加するにしても、突然参加資格が取り消される
など、スポーツの道も閉ざされた。

2005年5月、方政さんは本紙記者の取材を受けた際、実名で中国共産党からの脱退を宣言した。

2009年、方さん一家は、アメリカ在住の清華大学卒業生が設立した人道救助団体「人道中国」の助け
のもとで、アメリカにたどり着き、天安門事件から20年後、再び自由な生活を手に入れた。

 私は英雄なんかじゃない
 
「私は英雄なんかじゃない。特別でもない。六四天安門事件で、多くの人が多くのことを犠牲にした。
多くの人が長い月日が経った今も、六四の精神を貫いている。この精神こそもっとも価値のあるものだ。
私は経験者の1人に過ぎない」。方さんは27日にトロントの天安門事件記念集会で語った。

「方政」はいま、中国のインターネットで「敏感語」となっており、彼に関する情報はすべて削除されている
ばかりか、ブログも実名では開設できない。

「ネットは中共政権がもっとも恐れていること。専制に対抗する有効な手段だからだ」と語った方さんは、
民衆から思想と魂を奪おうとする中共政権の本性が、その自らの存在を滅ぼそうとしている、と指摘した。


(翻訳編集・張凛音)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


中国当局も当局だが、それに加担するNHKもNHKだ!!

★「天安門広場で一切の虐殺はなかった」 
  中国当局といっしょになって平気で日本国民に大嘘を報道するNHK



<憲法改正問題記事一覧>   (より一部抜粋)

※憲「法9条」について、左翼思想が一切入らない 日本人のための日本人目線の解説です。
★わが隣国はこういう国!! これでも9条を変えなくてもいいのか?
※ある日、食事の席で中学3年生の甥っ子が、
突然、「9条変えられて戦争になって、徴兵されたらたまったもんじゃない」と言い、
その親(夫の弟)も頷いて聞いていたのを見て愕然とし、目の前が真っ暗…になったたため、これを書きました。
そういう、メディアを信じてしまっている親子や選挙権を持って間もない若い人たちに向けて、
こういう問題を初めて考える人にも解るようにと、懇切丁寧に解説しました。


★日本が侵略されにくい国になってどこが悪い? ② 
  いつまでも「9条」を守ってたら それこそ日本人は「国民保護サイレン」を聴くはめになる


※若い人たちにこそ、ぜひ読んでもらいたいです。
★今あなたに伝えたいこと  ~外交・政治問題を「日本人目線」で考えることの大切さ~



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示