ひだまり    今は古事記に夢中! 追記! そこまで言って委員会NP 2015.5.17  (そこまでミスリードしていいんかい?)

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

追記! そこまで言って委員会NP 2015.5.17  (そこまでミスリードしていいんかい?)

 
※ご指摘があり、
文中の「同性婚」であるべきところをすべて「同婚」と表記していたことがわかりました。
「同性」と「同姓」ではまったく違う意味になり、誤解を与えかねない誤字(誤変換)に長い間気づかない
まま公開しておりましたことをここにお詫びして、訂正させていただきます。 m(_ _)m



               
そこまで言って委員会NP 2015.5.17
中国・韓国・北朝鮮の不穏な動き徹底解明!

国民投票シュミレーション結果大発表SP!!

議 長 :辛坊治郎
副議長 :渡辺真理 .
パネラー :花田紀凱、 桂ざこば、 加藤清隆、 長谷川幸洋、宮家邦彦、 須田慎一郎、 小島慶子、
       竹田恒泰
ゲスト   : 朴一、 富坂聰、 髙英起




動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます。m(__)m

最近消されてしまうことが多いので、消される前にすぐ見てね!



今日は時間がなくてまだ見てないです。
ゆっくり見てから、何か言いたいことがあれば、また追記していきます。


5.18 追記:
もう、「そこまで言って委員会」じゃなくて、「そこまでミスリードして委員会」にしたら?
って言いたくなるくらい、ほんっと、ナレージョンに悪意を感じます。
まあ、いつものことだけど、「そこまで左に傾きたいんかい?」っていうくらい
涙ぐましいまでの必死の「左への舵取り」が見え見えです。

反日朝鮮マスコミの常套手段だけど、
たとえば、気をつけて聞いてみてください。
「肉親が殺されたとしたら?」 → 「被告に死刑を望む? or 望まない?」
というのと、
「徴兵制が復活(?)したら」 → 「9条改正に反対? or 賛成?」
っていうのは、 ぜんぜん次元が違うでしょ?

これをさらっと同列に並べるところの意図は明々白々です。
ようは、これを聞いてる視聴者、すなわち、
自分の意見がまだ固まっていない情報弱者(正しく判断するだけの知識を持っていない人)
または、「テレビ脳」に犯されている人たち(反日テレビと知らずにどっぷりテレビに浸かっている人)
を共産・左翼の都合のいい方にミスリードするためです。

逆から考えたら分かります!

「凶悪犯に死刑を執行すべきか?」という判断は、ごく一般的なものであり、
それを身近に想定して「被害者家族の立場に立ってみる」ためにこの前提を使うのは
ごくごく自然の成り行きとして理解できます。

が、
「9条改正すべきか?」つまりは「集団的自衛権」を認めるべきか?
すなわち、
この「問い」に対する本当に正しい認識は、
「自国の安全保障が脅かされたときには交戦する権利」
を認めるべきか?

です。 
それ以外ありえません。 
共産・左翼の「勝手な解釈」は「間違い(嘘)」です!

まずはそれを前提に考える必要があります。
その上で、考えてみてください。

上の想定(他の設問の想定)と、比較してみてください。

「徴兵制度」が「復活」したとしたら?
というのは、違和感を感じませんか?
だって、まったく関係ない「想定」ですからね。
なぜなら、
わざわざ(これがミスリード!)「復活したら」という言い方をしていますが、
「復活」の意味がわかりません! (というか、魂胆見え見えだけど)

日本に「徴兵制」があったのは、「戦時中」だけです。
戦争中に「徴兵」するのは、あの時代当然のことです。

あの時代は、今のハイテク時代と違って「人海戦術」でしたから、
どんどん兵隊が足りなくなくので、「職業軍人」(今で言う自衛隊員)だけでは足りなくなるから
「徴兵」するのです。
当然素人ですから訓練も必要ですから、前もって準備期間を含めて「召集」されるわけです。
「戦争中」ですから。

それと、今のこのハイテク時代の戦争(紛争)を無理やり同列にしようとするこの姑息さ!!
なんという卑怯、卑劣な誘導でしょう!

たとえ、この先戦争になったとしても、
(ぜったい永遠に戦争が起きない保障などないですから)
一般人が「徴兵」されるような「徴兵制度」など起こりません。

それはなにも「安倍総理が保障したから」ではありません。

ちょっとでも軍事知識があれば普通の人でも分かります。
「徴兵制度」(この「制度」という言い方もクセモノです!)が必要だった時代と今とでは、
戦争そのものスタイルが違います。
ド素人の兵隊なんか必要ないんです。
むしろ邪魔なだけです。(どっかの国みたいに人民を「盾」に使うなら別だけど!)

そりゃ、大事変が起こって自衛隊員がいきなり全滅したのなら分かりませんが、
そんなこと想定しても無駄でしょう。

で、あれば、
この設問の設定がいかにおかしいか、もうお解かりでしょう?

「9条改正」(集団的自衛権の賛否)と「徴兵制度」とは、何のかかわりもないのです。

かかわりのないものを想定して是非(賛否)を問うのは明らかにおかしいでしょう?


つまり、今回、この番組を利用して、
左翼はこういうメッセージを「公共の電波」を使って送っているわけです。

「安倍の言うことを聞いていたら
 お前は(息子は)兵隊に取られて戦場へ送り込まれるんだぞ!いいのか?」


こう 思わせたい わけです。

共産・左翼は、常にこれだけを、
この大嘘を「テレビ脳」の人たち伝えたいのです。


これが、左翼マスコミのミスリードの仕方です。
よ~く覚えておいてね。


騙されないでくださいね。

とくに、おじいちゃん、おばあちゃん、
そして、
政治に興味を覚えたばかりの、若い学生さんたち、
これから選挙権を持つ人たちは特に気をつけて! (気をつけてあげてくださいね!)



あれ?
タイトル(最初のナレーション)だけでこんなに書いちゃった!
内容については、またおいおい追記します。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<前回のコピー>

「同性婚」なんて認めたらダメ!!  です。

なんだろう? メンバーだけはまともな保守だと思ってたら、
まさか同性婚で竹田さんが多勢に無勢になってて驚いた。
竹田さんの意見におおいに同意です。
だめに決まってるでしょう!同性婚を合法化なんて。

事実婚なら分かりますよ。
同性愛が存在することも、同姓恋愛の自由も認めます。
でも、「同性婚」を「法的に認める」ってことには大反対です。
それはお天道様が許さないでしょう!
少なくとも、この日の本の日本では!!

そんなこと許していたら日本社会は終わります。
もう、そんなの日本じゃない。

存在を許すことと、法的に立場を許すことは違う。
存在は消すことはできないので、暗黙の了解で許してきたことを
全面的に公に許したら、社会の秩序の均衡を失うと思います。

そりゃあ、解禁してすぐには分からないかもしれない。
でも、ぜったい、じわじわと影響が、影響が出て、
「しまった」と思ったときには、もう遅い! ってことにかならずなります。

「ジェンダーフリー思想」を取り入れたソ連が崩壊寸前まで社会が乱れたように。

それを目的として推し進めている勢力がかならずいると思います。

今、世界が「移民」問題で苦悩し、後悔しているのをごらんなさい。

「婚外子」を認めることも、
「夫婦別姓」を認めることも、
「同性婚」を認めることも、
「戸籍制度」の排除も、全部つながっていると思います。

誰かが独りだけ富も権力も情報も独り占めし、
その他の「人類」を飼い殺しにするための準備でしょう。

そのためには、まず、民族性の排除。
これがあるといつまでたっても国家観や国境がなくなりませんからね。
「そんな古いしきたりや制度なんか要らないんじゃない?」
って思わせるには、こうした民族の絆を深めていた古い伝統や慣習を
次々と破壊していくのがすじ道なんです。

それを担保していたのが、日本の「家族制度」なんです。

震災時、諸外国から絶賛された「日本の秩序社会」「公徳心の高さ」を担保してきたのが
その「家族制度」です。
戦後政策によりいくつか破壊されてきましたが、
それでも諸外国よりはずっと確かに残っていた。
日本人のDNAの中に。
それは、つい最近できた制度じゃないからです。
日本人がずっと昔から大切にしてきた
「制度」になる前から持っていた民族観や国家観の賜物です。

だから、
それを奪おうと、破壊しようと画策しているのです。

フェミニストとか呼ばれる左翼たちが。

「同性婚」「夫婦別姓」「戸籍廃止」 は ぜったい ダメ です。



★マスコミが教えない ジェンダーフリー思想の正体 ~ まとめ

★田母神俊雄 「女性が働かなくても生活が出来る国を目指すべき」 その②



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★遅ればせながら ツイッター始めました!


★改訂版 「憲法記念日」にちなんで <憲法改正問題 記事一覧> 作りました。
                           ↑         ↑
<一部抜粋>
誰も知らない「日本国憲法」の真実 ①  「国民主権」ってほんと?
誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!  
  日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家

誰も知らない「日本国憲法」の真実 ③  日本国憲法は破棄してはいけない!!
   日本国民が守るべき「日本の国体」が何たるか正しく知ろう

誰も知らない「日本国憲法」の真実 ④ 日本国憲法は破棄してはいけない!!
   大切なものを守るための改憲なんです!



★陸軍の少年飛行兵だった男性(90)
 「憲法改正は必要。平和のために抑止力を持ち、米国との同盟強化が必要」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★たかじんのそこまで言って委員会 2015.3.29 総力SP!昭和天皇と激動の時代

★そこまで言って委員会NP 2015.4.5 さらば○○大特集! 
 ついに番組が、たかじんさんの遺志を捨て去った日・・・


★そこまで言って委員会NP 2015.4.19 竹田さんが結婚!「教科書検定」を検定する!



マスコミ最後の良心・・・だと思っていたこの番組が、
唯一の保守派、いえ、正論を言える番組が、ついに、その「良心」を失っていく・・・
日に日に制作サイドがこの番組から日本の良心を削り取っっていくのが見えるようだ。
まるで、視聴率を下げたいかのように、
まるで、この番組を潰したいかのように・・・

各局の報道倫理が政府からも注目される今、あまりに偏向思想タレ流し番組が多い中、
この局がこの番組を固持することで、少なからずバランスを保っていられたはずなのに・・・ 
この番組があるがゆえに、このテレビ局が担う価値を少なからず示せたはずなのに・・・

そこまでこの番組をなくしたいのか・・・?
そこまで日本人を「目覚めさせたくない」のか・・・?
もう、心の底からガッカリしましたけど、
それでも、まあ、他の討論番組よりはまだマシかと思って、
竹田さんをはじめ、「この番組でしかできないこと」に使命を感じて頑張っている
パネラーの皆さんのために、そして、まだこの番組を見たい人のためにも、
できるだけ続けて動画を上げて行きたいと思います。



たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html

※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html
(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)




★「たかじんのそこまで言って委員会」が関東地方で放送できないわけ・・・
 http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1498.html



※ あわせてこちらもご覧ください。

★「憲法記念日」にちなんで <憲法改正問題 記事一覧> 作りました。


★教科書では教えてくれない百人一首  ~今こそ日本の真実を~


★再・なぜ今の日本に「安倍長期政権」が必要か?

★安倍演説歴史的快挙の本当の意味→「核兵器は非人道的」と日米声明を引き出す!

★ケリー長官「防衛協力範囲は、日本が領有権を主張するすべての範囲」


★「たかじん委員会」でしか聞けない!!
  「南京大虐殺の中国側の証拠はみんな捏造だったという証拠を検証する」

★必見!!たかじん委員会 2011.8.28 麻生&安倍 ダブル元総理大臣スペシャル!!

★たかじんのそこまで言って委員会 2014.5.11 女性が考える女性問題SP!!


★今あなたに伝えたいこと ~日本の教科書やマスコミに欠落している「日本人目線」の大切さ

★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話

★「立派な天皇」は国民の鑑である ①   

★日本国民がどのように宮内庁とマスコミの巧妙な皇室解体計画に騙されてきたのか
※宮内庁、マスコミは嘘ばっかり! それに保守派の論客までもが騙されている!

TVドラマ版「永遠の0」は、まるで韓国人のドラマみたいだった! ①

★沖縄に米軍基地が残ったわけ・・・  ありがとう・・・天皇陛下

★「アナと雪の女王」をこれ以上子供たちに見せないで・・・!!

※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html
(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示