ひだまり    今は古事記に夢中! 竹田恒泰「天皇の昼ご飯はなぜ毎日「鯛」なのか?」 ①

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

竹田恒泰「天皇の昼ご飯はなぜ毎日「鯛」なのか?」 ①


天皇の昼ご飯はなぜ毎日「鯛」なのか? ①



「竹田恒泰の楚々たる毎日」
http://ameblo.jp/takeda-tsuneyasu/entry-11952699023.html より転載~
2014-11-15

明治以降はなくなった慣習だが、
幕末まで天皇の昼御膳は毎日「鯛」の塩焼きだったことは今ではあまり知られていない。

幕末の宮廷の様子は、公家の日記などにより伝えられている。

 宮中での昼御膳は午の刻(正午)。

御膳は板元(いたもと)で用意され、吟味役が毒見を兼ねた味見をし、御膳番が御膳を並べ、
複数の女官の手を経て天皇に御膳が献上される。

膳が済むと、今度は逆の経路で御膳が戻されたという。

そして、天皇の昼御膳に、一日も欠かすことなかったのが鯛の塩焼きだった。

しかも、その鯛の大きさは目の下一尺(約30㎝)と決められていた。
かなり大きい鯛である。
鉄道の無い時代に、大阪湾から京都まで鮮魚を運ぶのは大仕事だったに違いない。

鯛の塩焼きは、白木の三方(さんぼう)に載せて天皇の御前に運ばれた。
その様子は、神主が神様にお供えものをするのと似ている。
「天皇の前に鯛をお供えする」と考えた方が分かりやすい。

 では、なぜ天皇の昼御膳は毎日鯛だったのか。

それは決して贅沢のためではなかった。
鯛は「めでたい魚」であり、鯛を食べることが吉事であると考えられていたからだ。
そして、天皇が吉事を行うことは、国民に幸せをもたらすと信じられていた。

今でも正月に鯛を食べる家がある。
これは、正月に「めでたい魚」を食べることで、一年が幸せになると信じられていたことによる。
このように、国民は年始だけハレの状態を意識すればよいが、
天皇の周辺は年間を通してハレの状態を保たなくてはならない。

天皇の周辺は毎日常にお正月状態であることが求められていた。
したがって、毎日鯛をお召し上がり頂くことが、天皇の重要な務めの一つだったことになる。
それも、天皇自らの幸せではなく、国民の幸せのためだった。

反対に、不吉なものが天皇に近づくことは、国民が不幸になることを意味するため、
絶対に避けなければならなかった。
今でも不吉なものは「穢れ」といわれ、宮中では特に忌み嫌われている。

ところで、明けても暮れても鯛ばかり食べ続けるのは辛いものであろう。
しかも、目の下一尺の鯛は、とても一人で食べられるものではない。
しかし、天皇の残飯は、毎日御末という位の低い女官が拝領して、全て家に持ち帰って
いたため、無駄になることはなかった。

幕末にはおよそ7名の御末がいて、最年長者が多めに取り、残りを6名が均等に分け、
それぞれ自分の家族や親族に分けたという。
京都の町には、天皇の残飯を楽しみにしている人たちがいたのだ。


(『月刊食生活』食生活 平成23年5月号 連載「和の国の優雅な生活」に寄稿した記事です)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。転載おわり



うまし国 言霊の国 の日本
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-412.html

~より抜粋転載

わたしたち日本人は、世界一の近代国家で、世界一進化した
世界一便利で「わがまま」な生活を普通に送っているにもかかわらず、
こんな「言霊」のような観念を当たり前に信じて、
しかも影響を受けながら生きているということは、すなわち、
わたしたちが世界に類を見ない神話から今なお続いているという唯一の王朝、
天皇を戴く皇室をもっているからだと思います。

「良く」も「悪く」も、言葉の波動はすごいパワーがあると言います。
大きなものを動かすパワーもあれば、
良くも悪くも、人も、神も、「ことば」という「契約」に縛られる…とも言えます。
それが「ことばの契約」だと思います。

「祈る」人がいるかぎり・・・
「言霊」を信じる人がいるかぎり・・・
その「契約を読み上げる人」がいるかぎり続くのではと思います。

その「祈り」の中心にいるのが神道の主上である「天皇」なのです。

神と人を結び、人が神からの恩恵と庇護を得るために、
わたしたち庶民の知らない「神に通じる契約書」を
厳格な正式手順に則って日々、奏上し続けてくれているのが「天皇」なのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・転載おわり



「天皇」とは、ただの身分や権力・地位じゃない。

ましてやただの「制度」ではない。

「天皇」とは、神国日本を日本の民を「シラス」存在であり、
日本を守る「神」と「日本人」の中継ぎ役のような存在なのだと思います。

大八島と呼ばれる日本の土地土地に住む神と、
そのすべてを治める天上の神と、そこに住む民とを結ぶ地上の唯一の存在、
それが「天皇」なのではないかと思います。

天皇が毎日行う祈りが、ただの毎日の習慣などではなく、
たとえ旅行先でも、たとえ病身でも、命ある限り「毎日」行われ、
天皇にしかできないということがどれだけ「重い」ことなのか・・・

その「実感」は、たとえ皇太子でも分からないと、
天皇に「なってみないと分からない」と、竹田さんもおっしゃっていました。
それほどの重責、それほどの「孤独」なのだと思います。

毎日「鯛」を食べられる・・・
それは庶民にとっては、とくに貧しい時代にあっては
贅沢な「羨ましい」ことなのかもしれません。
または、無駄な「馬鹿馬鹿しい」ことに感じるかもしれません。
が、
これは大真面目も大真面目、本気の本気なのです。
日本では。
日本のためには。


天皇が常に「晴れ」の状態であること。
常に「晴れ」の状態で「いなければならない」こと。
「晴れ」の状態でいる側も、「晴れ」の状態を保たせる側も、
毎日毎日、一瞬一瞬が真剣なのです。

それが「日本」という国なのです。
その恩恵を享受しているのが日本人なのです。
それを「信じる心」が天皇と国民をつないできたのだと思うのです。

だから、日本は日本であり続け、
日本人は日本人であり続けてこられたのだと思うのです。

そのひとつの例がこの「鯛」なのだと思います。

また、以前天皇は毎日毎日新しい新品の「ふんどし」しか使わなかったそうです。
一度使った「ふんどし」は二度と使わない。
一度「穢れ」が付いたものは洗濯しても使えないのです。

また、宮中の中で誰かがうっかり指を切って出血してしまうと、
血を流した本人だけでなく、その場にいた全員、それを見てしまった人も含めて
「穢れ」に触れた者は陛下のお側に仕えられないということで潔斎が済むまで
何日か(程度によっていろいろ)出仕を禁じられたそうです。
ましてや、
宮中で死人が出ようものならたいへんなことになりますから、
もし、卒中で倒れたりしても、すぐに体を皇居の外へ出されるそうです。
だから、皇居の敷地内には「病院」がないとのこと。

ついでに言うと、
宮中で天皇の祭祀をお助けする巫女は、一日皇居の外へ出て「日常生活」に戻ると、
一週間潔斎をしないと再び宮中三殿に上がれないのだそうです。
そのしきたりの厳格さは、
かの伊勢の神宮の神官ですら真似できないと驚くほどなのだそうです。

また、
天皇は、どんな立派なものであっても、天皇以外の者が使った「湯船」は使えない。
だから、かつて火事で焼け出されたときも、仮住まいの屋敷に陛下専用の湯殿がまだない時、
どんなに汗をおかきになっていても、陛下は風呂に入れなかったそうです。

そこで分かることは、
陛下の側近は、ただ陛下の為だけに仕えているのではない、ということです。

陛下の都合や気持ちに沿うのではなく、
あくまで、「天皇という存在」を守るために仕えているのです。
天皇個人の為ではなく、
日本を守る「天皇」という存在意義を守るために
天皇の気分に関係なく、天皇が常に清らかであること、「晴れ」であることのために
仕えているのです。
それが、本来の仕事なのです。 (いかに宮内庁長官の発言がおかしいか!)



そこまで、あらゆることに細心の注意を払って、
天皇は「晴れ」の状態、「清い」状態を維持しなければならなかったそうです。


それを「馬鹿馬鹿しい」と「旧態依然」だと思いますか?

わたしたちのためにそこまで。。。と、
「畏れ多い」「有難いこと」だと感じるのが自然な日本人の感覚だと思うのですが、
いかがです?


わたしたちの幸福は、
こうしたひとつひとつの「しきたり」という形の「祈り」に守られ、
支えられてきたのだと思うのです。

それはただの「しきたり」(=規則)などではなく、
天皇と神との「契約」の条件であるからだと思うのです。

われわれ日本の民を幸福にするための祈りが聞き届けられるための
「条件」なのだと。



こんな最先端技術を持つ物質社会に生きるわたしたちであっても、
日々「神」の存在を何かしら信じて生きているのは、
そうした祈りの儀式を今も真剣に行う「天皇」の存在があるからこそだと思います。

そして、それを信じる心を手放さなかったのは、
われわれ日本人にだけ感じる何か、
確かに、何かに「守られている」と人々が感じているからではないかと思います。

その「何か」に通じているのが「天皇の祈り」なのではないでしょうか?

天皇が毎日毎日「鯛」を食べ続けてきたことは、
その「祈り」の心を神に示すためであったのではと、わたしは思います。




それを

「旧態依然」であるとか、
「無意味」であるとか、「無駄・贅沢」であるとか言うのは、
「神からのご加護や恩恵」を日本国から、日本の民から奪いたい者の
邪な考えであるとわたしは思います。

それを否定し、軽んじることは、
その「われわれを幸福にするための祈り」がもう「神」に届かなくなることだと
わたしは思うのです。

だから、それを奪おうと、軽んじようとする者がいるのだと・・・





まだまだ言いたいことがあるのですが、長くなりそうなので二つに分けます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(※2016.4追記)
皇室典範、国連が二千年以上の日本に文句?
竹田恒泰チャンネル

「天皇になれないのが『可哀そう』?
皇族方で天皇になりたいなんて方はいませんよ。
天皇はなりたくてなるものじゃない。
その星に生まれた宿命を背負って粛々となるものです。
国連でも何でも、もし、天皇の何たるかを知っていたなら、
「天皇になれなくて可哀そう」なんて発想は生まれませんよ」


★天皇陛下のご健康のこと ~ 歴史と伝統の継承者としての容器として ~
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-538.html



★日本人が知っておきたい『日本の皇室』の話 ① ~ 「新皇室入門」Ⅰ

★日本人が知っておきたい『日本の皇室』の話 ② ~ 「新皇室入門」Ⅱ 

★日本人が知っておきたい『日本の皇室』の話 ③ ~ 皇室の日常 陛下の祈り

★日本人が知っておきたい『日本の皇室』の話 ④ ~ 昭和天皇 と 日本国民の絆



★なぜ日本人は「日本人らしさ」を失わずにこれたのか?
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-631.html

★★世界に誇る日本の鉄道ダイヤの正確さは、すべて 「皇室」の存在の賜物であった!

★うまし国 言霊の国 の日本
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-412.html

★“日本民族のもつ最大の財産は天皇制である。
これは全く世界に類例のない偉大なものであり、人類の理想とするものである。、



★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ②  日本国憲法は破棄してはいけない!!  
  日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家


★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ③  日本国憲法は破棄してはいけない!!    
  日本国民が守るべき「日本の国体」が何たるか正しく知ろう!


★誰も知らない「日本国憲法」の真実 ④ 日本国憲法は破棄してはいけない!!
  大切なものを守るための改憲なんです!


★ 『日本の国体って? 』 日本人の原点がわかる「国体」の授業


★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態~ 
 本当に皇室を思い、皇后陛下や東宮妃批判の情報を信じ拡散している方々へ!



再 「本当に怖い反皇室ブログの実態」 ⑤ 
たとえあなたが反皇室のつもりでなくても、皇室への疑問や不信を少しでも「発信」することは
「皇室不信の拡散」に協力することになり、
「皇室改善(除染)」どころか「皇室解体に協力」することになります。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示