ひだまり    今は古事記に夢中! 明治天皇ゆかりの「海の日」の攻防戦のゆくえ・・・ 「本来の意味が忘れられつつある」「祝日には日付に意味がある」「自民党は伝統と文化を重んじる党」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

明治天皇ゆかりの「海の日」の攻防戦のゆくえ・・・ 「本来の意味が忘れられつつある」「祝日には日付に意味がある」「自民党は伝統と文化を重んじる党」

2014.7.14 03:07更新

「海の日」を前に再度提案する 日本財団会長・笹川陽平
http://www.sankei.com/life/news/140714/lif1407140037-n1.html

 今年も21日に「海の日」を迎える。
これを前にふたつの提案をしたい。
ひとつは7月の第3月曜日となっている海の日の固定化、
もうひとつは懸案の初等中等教育における海洋教育の強化である。

 ≪日定め首相が世界に声明を≫

ともに「海洋国家日本」の存在に関わる問題であり、特に「海の日」に関しては日を定め、
総合海洋政策本部長である首相が、海の平和を守る声明を世界に発信されるよう求める。
それが国際社会における日本のプレゼンスを高める結果にもなる。


 国土交通省によると、海の日は世界の多くの国が設けているが、
日本のように国民の祝日にしている国はない。
1996年の施行以来7年間、7月20日に固定されていたが、
2003年からハッピーマンデー制度の導入で第3月曜日に変更された。

海の日の意義より連休づくりが優先された形で違和感が残る。

日本の祝日は17日もあり、連休も多い。
海の日を特定の一日に定め、首相が力強いメッセージを出せば、国民の受け止め方を前進させる
きっかけにもなる。

(中略)
 
 ≪海洋国家日本が目指すべき姿≫

未曽有の被害をもたらした東日本大震災の大津波は、漁業や水産業だけでなく、
伝統文化も海と深く結び付いた地域社会の姿、さらに、海の視点を持たない防災がもはや
成り立たない現実を浮き彫りにした。

過日、文科相経験者4人とお話しする機会があった。
英語や日本の歴史、伝統文化などの強化は当然として、海洋教育の一層の充実を図る点で異論
はなかった。

次期学習指導要領では、海洋教育の強化が間違いなく打ち出されると確信する。
「海の日」を活用した外交戦略、海洋教育の強化とも海洋国家日本が目指すべき当然の姿であり、
国際社会でこの国が負う責務でもある。

(ささかわ ようへい)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2014年8月1日(金) 17時50分掲載 .

海の日、7月20日に固定
=ハッピーマンデー制度改正へ―自民


 自民党は1日、7月の第3月曜日に指定されている「海の日」を制定当初の7月20日に戻す方針
を固めた。
共産党など一部を除く与野党が賛同しており、秋の臨時国会に祝日法改正案の共同提出を目指す。
経済効果を意図して3連休を増やす「ハッピーマンデー」制度導入に伴い不確定となっていた日付を
歴史的経緯を踏まえて固定することで、海の日の本来の趣旨を国民に周知するのが狙いだ
(時事通信)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014.9.24

「海の日」はやっぱり7月20日がいい!? 
超党派議連、祝日法改正案提出へ

http://www.sankei.com/politics/news/140924/plt1409240001-n1.html

超党派の国会議員らでつくる「海事振興連盟」(会長・衛藤征士郎前衆院副議長)が、
7月の第3月曜日と定められている「海の日」を制定当初の7月20日に戻す祝日法改正案を、
29日召集の臨時国会に議員立法で提出する。

土日を含めた3連休を増やす「ハッピーマンデー」制度の導入で、「海の日」の本来の趣旨が
忘れられつつあり、衛藤氏は
「海の恩恵に感謝する日だったはずが、単なるお祭りになってしまった」と指摘。
「改正した暁には都道府県単位で海洋国家日本の発展を願う行事を開きたい」と語った。

「海の日」は明治9年7月20日、明治天皇が全国の灯台を見回る特別船「明治丸」で東北地方
巡幸から横浜に帰港されたことに由来する。
昭和16年以降は「海の記念日」とされ、平成8年から「海の日」として国民の祝日になった。
15年以降は7月第3月曜日になり、夏休みの始まりを告げる3連休を形成している。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2014.10.23 10:31更新

「海の日」を7月20日に戻す法案、
自民部会で了承


http://www.sankei.com/politics/news/141023/plt1410230006-n1.html

自民党は23日の内閣、国土交通両部会などの合同会議で、7月の第3月曜日と定められ
ている「海の日」 について、制定当初の7月20日に戻す祝日法改正案を了承した

同法案は、17日の内閣部会では
「土日を含む3連休が維持できなくなれば観光業界への影響が出る」
などと慎重論が相次ぎ、了承が見送られていた。

だが、この日は約30人が発言し、
「海の日など祝日の意義が分からない子供が増える」
「自民党は伝統と文化を重んじる党だ」といった理由で賛成論が続出。


土日と合わせた3連休を増やす「ハッピーマンデー」制度の維持を求める慎重論は
少数派だった。

超党派の国会議員らでつくる「海事振興連盟」(会長・衛藤征士郎前衆院副議長)が
主導し、議員立法による今国会での成立を目指す。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2014.10.17 19:54更新

「海の日」7月20日に戻す祝日法改正案 
慎重論続出 自民了承見送り


http://www.sankei.com/politics/news/141017/plt1410170055-n1.html

自民党は17日の内閣部会で、7月の第3月曜日と定められている「海の日」を制定当初の
7月20日に戻す祝日法改正案について協議した。
だが、土日を含む3連休が維持できなくなることで「観光産業に影響が出る」と懸念の声が相次ぎ、
法案了承は見送られた。

海の日は明治9年7月20日、明治天皇が全国の灯台を見回る巡幸から横浜に帰港されたことに
由来。
超党派の国会議員らでつくる「海事振興連盟」(会長・衛藤征士郎前衆院副議長)が
「本来の趣旨が忘れられている」として、議員立法での祝日法改正を目指している。

だが、17日の部会では「3連休を前提に地域の行事が組まれている」「周知に時間が必要」
などと慎重論が続出。
土日と合わせた3連休を増やす「ハッピーマンデー」制度は経済効果も期待されるだけに、
意見集約は難航しそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2014.11.3 16:50更新
 
【祝日法改正】
「海の日」固定で自民で攻防激化 
二階氏らが抵抗「3連休減る…」

http://www.sankei.com/politics/news/141103/plt1411030018-n1.html

7月第3月曜日の「海の日」を平成28年から従来の7月20日に戻す祝日法改正案をめぐり、
自民党内の攻防が激化している。
日付を固定し「祝日の意義」を強調すべきだとする推進派に対し、二階俊博総務会長は
「3連休が減る」と難色を示しており、意見集約はずれ込む見通しとなった。

3連休をつくる「ハッピーマンデー」制度は平成12年に導入され、同年から「成人の日」と「体育の日」
が、15年から「海の日」「敬老の日」が祝日として固定されなくなった。

これに対し、「祝日には日付に意味がある」として超党派議連が、海の日を7月20日
に戻す改正案を作成。
会長を務める自民党の衛藤征士郎前衆院副議長が旗振り役となった。自民党内閣部会も了承した。
ところが、
推進役の二階氏がこれに抵抗。10月、党観光立国調査会に観光産業団体を集め「体育の日など残り
の3連休も確保できなくなっていく。反転攻勢を考えないといけない」と訴えた。

こうした動きを踏まえ、自民党の塩谷立政調会長代行は10月末に菅義偉官房長官と官邸で協議。
「意見が割れているので時間をかけたい」として党内手続きを慎重に進める方針で一致した。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2014.11.3 21:18更新

明治天皇ゆかりの「海の日」 固定VS変動で自民党の攻防激化 
二階氏ら「ハッピーマンデー派」が巻き返し

祝日法改正 見送りへ・・・

http://www.sankei.com/politics/news/141103/plt1411030026-n1.html

明治天皇ゆかりの「海の日」を7月第3月曜日から制定当初の7月20日に戻す祝日法改正案を
めぐり、自民党内で攻防が激化している。
3連休が崩れることに「観光産業に影響が出る」(二階俊博総務会長)などの懸念の声が続出し、
今後の党内協議は難航しそうだ。

地域経済の発展や観光需要の喚起を目指し、土日を含めた3連休を増やす「ハッピーマンデー
制度」は平成12年に制定され、同年に「成人の日」と「体育の日」を、15年から「海の日」と
「敬老の日」を特定の週の月曜日に変動させるよう定めた。

「こんなことをしていると残りの3連休も次々と相手方の有利な方向にもっていかれる。
反転攻勢を考えないといけない」。

10月29日の党観光立国調査会と内閣部会の合同勉強会で、制度創設に深く関わった
二階氏は憤りを隠さなかった。

総務会トップが個人的な見解を述べるのは異例。勉強会では、観光振興協会やホテル
協会など関係団体から「3連休だからこそ地方に足を延ばせる」「ハッピーマンデーは地方の
経済にも雇用にも貢献している」との意見が相次いだ。

海の日は明治9年7月20日、明治天皇が全国の灯台を見回る巡幸から横浜に帰港された
ことに由来する。
このため、超党派の「海事振興連盟」(会長・衛藤征士郎前衆院副議長)を中心に
「国民が海の恩恵に感謝する日として日付を明確にしよう」との機運が高まり、議員立法に
よる祝日法改正を目指してきた。

ただ、ハッピーマンデーの活用は、安倍晋三政権が重要政策に掲げる地方創生と密接に絡
むだけに衛藤氏らは分が悪い。しかも提出法案は全て総務会の了承が必要となるため、
「総務会長が二階氏である時点ですでに勝負はあった」(中堅議員)との声も出ている。

それでも自民党保守派は、祝日変動化について
「皇室とゆかりの深い旧祭日を無意味化させる」として断固反対の立場をとる。

かつて自民、公明両党の一部が、宮中祭祀の新嘗祭(11月23日)にあたる「勤労感謝の日」を
「秋のゴールデンウイーク」と称して変動させようとした
のを封じた経験もあるだけに、簡単にあきらめる
はずはなく攻防がますます激化する可能性もある。

(力武崇樹)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 転載おわり



その国の「国民の祝日」というのは、その国の国柄そのままを現しているといいます。

日本であれば、2600年以上の歴史の上にたった、日本の国柄をあらわす、
日本民族の価値観をそのままあらわすものが「国民が祝う日」として制定されているはず・・・
です。

しかし、実際には、そうではない。

いえ、本当はそのはずなのだが、
「そうとは分からないように誤魔化されて制定されている」というのが今の現状なんです。

だから、保守というより、真っ当な日本人としては、戦後押さえつけられてきた「ナショナリズムの否定」
から、もういい加減脱却すべき! と声を上げたに違いありません。

日本国の祝日の本来の意味がいかに戦後歪められ、否定され続けてきたか!
それを糺す機会が第二次安倍政権となってすぐ訪れた・・・はずだったのに、
口惜しいことに、また
「日本の民族性や伝統を否定したい」輩たちによって阻止されてしまいました。


廃案になったのは口惜しい。
残念だけど・・・

しかし、今までの自民党ならこんな案すら出なかっただろうと思う。


だが、この日は約30人が発言し、
「海の日など祝日の意義が分からない子供が増える」
「自民党は伝統と文化を重んじる党だ」といった理由で賛成論が続出。



こういう保守政党としての本懐ともいえる意見を大勢の議員が声をあげたこと
それ自体は自民党としての正当性を示したものとしてわたしは評価したい。

この動きはひとえに、安倍自民が本来の「憲法改正を主眼とする保守政党」としての
意義と目的を確かに立て直しつつある証拠だと思う。

安倍総理が掲げる「戦後レジュームからの脱却」の完成は、
この「祝日制定」も大きな試金石であると思う。
日本国の本来の国柄を示す祝日の意義を国民の意識の中に取り戻すこと、
それなくしては、「戦後体制が終わった」とは言えないのではないか?

「勤労感謝の日」などという、中国共産党まがいのおかしな祝日名を
もとの「新嘗祭」に戻すことを筆頭に、他にも、

2月11日 神武天皇即位  (現・「建国記念 の 日」)
11月3日 明治天皇の誕生日  (現・「文化の日」)
11月23日 新嘗祭  (現・「勤労感謝の日」)


これらを元の名称に戻すまで、日本を取り戻したことにならないと思います。

安倍総理はもちろん、それを承知していると思います。
ただ、今は、あまりに火急な案件、困難な案件が多すぎるのだと思う。
以前のように、ただ闇雲に突っ走って潰れてしまうよりは、
息を長くこの「空気」を育てていってほしい。
そう思います。

今、安倍政権を迎えて、
これまで無為にくすぶっていた「国のために戦う情熱」を取り戻した政治家を引き上げてほしい。
そして、確実に、この日本を本来の姿へと導いていってほしい。

経済至上主義なはなく、本物の日本再生へ向かって!





<関連>
海の日が国民の祝日となったのは平成8年度より
http://www.kaijipr.or.jp/marine_day/marine_day2.html
http://www.meijijingu.or.jp/qa/gosai/04.html



★ありがとう 安倍政権! 
 海の日、7月20日に固定! =ハッピーマンデー制度改正へ−自民党


★日本人が取り戻さなければならないもの・・・ 「海の日」はなぜ祝日であるのか?
※ぜひ、お読みください。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示