ひだまり    今は古事記に夢中! 浅田真央 選手復帰戦ジャパン・オープン! チーム日本を優勝に導いた「蝶々夫人」  

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

浅田真央 選手復帰戦ジャパン・オープン! チーム日本を優勝に導いた「蝶々夫人」  

   
浅田真央選手復帰戦ジャパン・オープン! 
チーム日本を優勝に導いた「蝶々夫人」  

真央ちゃんの ”蝶々夫人” は、
裏切りに怯えて待つ ”悲劇の女” ではなく、
真心 を捧げた相手を信じようとする ”祈り” のようだった・・・


解説なし






めずらしく心温かい日本の解説・・・

というか、本当ならこれが真っ当な日本人の気持ちでしょう。
が、そんな真っ当な解説をされたことがなかった・・・ 誰かさんがいる間は・・・




他の試合のも追記






 





スポーツナビ 10月3日(土)15時43分配信

フィギュアスケートの日本、欧州、北米によるチーム対抗戦「ジャパンオープン2015」が3日、
さいたまスーパーアリーナで行われ、浅田真央(中京大)が代名詞のトリプルアクセルの着氷に成功
するなど、141.70点をマーク。復帰戦で上々の演技を見せた。


浅田真央復活!
3回転半成功 自己ベストに迫る141・70
「今までで一番いいジャパンOP」


デイリースポーツ 10月3日(土)15時36分配信

復帰戦で見事な演技を披露する浅田真央=さいたまスーパーアリーナ(撮影・開出牧)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00000063-dal-spo.view-000

元世界女王の浅田真央(25)=中京大=が14年3月の世界選手権女子フリー以来553日ぶりに
競技の舞台で演技を披露した。
オペラ「蝶々夫人」に乗せて氷上を舞い、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷するなど
復活をアピールした。

鳴りやまない歓声…真央スマイルも復活

 得点はフリーの自己ベスト142・71(14年ソチ五輪)に迫る141・70点(技術点71・88点、
演技構成点69・82点)だった。この日の出場女子選手の中では最高得点で、日本の2大会ぶりの
優勝に貢献した。2位は北米チーム、3位は欧州チームだった。

着物をイメージした、あでやかな紫色の衣装で登場。客席に無数の日の丸が掲げられる中、冒頭の
3回転半を着氷させると、大きな拍手が客席からわき上がった。

その後は3回転フリップ‐3回転ループのコンビネーションジャンプが3回転フリップ‐2回転ループに。
演技後半の3回転フリップ‐2回転ループ‐2回転ループも3回転フリップ‐1回転ループと回転数が減る
だけでなく1つジャンプが抜けてしまったが、これ以外には大きなミスはなく演技を終えた。
胸に手を当てほっとしたような表情を見せた浅田を、1万6511人の観衆は約25秒間のスタンディング
オベーションで迎えた。

場内インタビューの第一声は「ただいまです」だった。
「復帰初戦ということで緊張もあったんですけど、男子から始まり、みんな順調にいい演技をしたので、
私も足を引っ張らないように、それについていこうと思いました」と振り返った浅田。
「初戦にしては多分、今までで一番いいジャパンオープンの演技だったんじゃないかなと思います」
と手応えをつかんだ様子だった。

6分間練習から、浅田の復帰を待ち焦がれる観衆からは「真央ー」、「頑張れ!」と歓声が飛んだ。
練習時間の最後にはトリプルアクセルを成功させ、本番に臨んだ。

前日の練習ではトリプルアクセルを3度跳び、3度成功させていた。
「ソチのシーズンよりもいいアクセルが跳べてる。今は自分の中で特別なジャンプととらえることなく
きてる」と自信を深めていた。

この大会は日本、欧州、北米の3地域で争う団体戦で、各チーム男女2人ずつの4選手がフリーのみ
を滑って得点を競った。

男子は日本の宇野昌磨が185・48点をたたき出し1位、村上大介が145・77点で5位となり団体1位
で女子にバトンをつないだ。
女子は浅田が1位、宮原知子が134・67点で2位と日本勢のワンツーフィニッシュで、日本が優勝した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00000063-dal-spo




真央ちゃん 復帰おめでとう!!


もう得点とか加点とか、
そんなことはどうでもいい。

その評価は他の方に譲って、
ともかく、今回の演技についての「感想」を書きたい。

本当は、今、個人的にいろいろあって、記事書いてる余裕なんてない・・・って思ってたんです。
でも、
でも、これはもう、書かずにおられない!!

トリプルアクセルの成功も、もちろん嬉しかったけど、
でも、一番嬉しかったのは、それじゃない。

これが、本当の ”蝶々夫人” なんだ・・・

プッチーニも、
これまでのオペラ歌手も、演出家も、何んにも解っちゃいない。

これが、本当の日本女性だ。


これこそが、 本当の日本女性の真心なんだ。

 

って思って、

真央ちゃんの演技を見ながら、鳥肌立てながら感動してました。


演技冒頭の、遠くを見つめる何とも言えないあの表情。

ふとした「しぐさ」にも、ふとした「まなざし」にも、

思う相手がほんとうに「遠く」にいることを分からせてくれる。

「恋人を待ちわびる」気持ちが、ある意味、とてもリアルだった。

ああ、これが「真央ちゃん」なんだな・・・って。

「これが本当の蝶々夫人なんだな」 って。

あの時代の「待つ女」「日本女性」なんじゃないか・・・って。

今みたいに、こないメールや、つながらない電話や、
既読のないラインを気にして、
つながるはずの、つながらないスマホを手にイライラするような、
そんな、即物的な、自己中的な焦りや、恨みや、疑惑や、
自分が「悲劇のヒロイン」みたいに思い込むような「浅ましい感情」など微塵もない。

あるのは、
真央ちゃんの演技から感じるのは、相手を信じる真心・・・だった。


不安や、苦しみや、寂しさや、悲しみが、
そして何より、「信じたい祈り」がスピンやステップから感じられた。

そう、あれは、憐れに待っている女じゃない。
待ってる自分を憐れんだり、悲劇に酔ってる女でもない。

遠い異国の男性に、「真心」を捧げた女の姿だった。

だから、そこには、欧米人の演技にありがちな
「わたしはなんて可哀想な女」的な陶酔表現は微塵もない。

あるのは、本当に真央ちゃんらしい「真心」 「信じる心」。
そして、
その天使のような「優しさ」の根底にある「強さ」。

人を信じる力。

人を愛する力とは、人を信じる強さ。

そんなようなものを、あの数分間の真央ちゃんの演技の中から感じたのです。


そして、思いました。

真央ちゃんが、これまで自分を追い込んで、追い込んで、
それなりに頂点を極めながらも、まだ満足してなかったこと、
まだ未完だったこと、
「まだできる」と思ったこと、それがこういうことだったのかな・・・と、

やはり、真央ちゃんがフィギュア・スケートをする意義というのは、
まさに、こういう、 フィギュア・スケートを極める先にある
「人に訴える力」「人に伝える力」 
そして、「何かを変える力」なんだ・・・って。

もちろん、わたしの勝手な感想だけど、

わたしはこの一瞬で変わったもの。

この「蝶々夫人」が、「日本人の誠」をきっと世界に伝えてくれる・・・って。

それは、真央ちゃんだから、

真央ちゃんの演技だから伝わるんだ・・・ って。


真央ちゃんの ”蝶々夫人” は、
裏切りに怯えて待つ ”悲劇の女” ではなく、
"真心" を捧げた相手を信じようとする ”祈り”


それは、

間違った日本人観で今なお上演され続けている
「蝶々夫人」に代表される西欧の日本人への偏見を打ち破るもの


・・・だと信じたい。



わたしはその伝わる力を
「信じる力」を信じる。  

信じます。  真央ちゃんのすべてを。




これだけ言いたかったの。




あ、動画 出来たみたいです。

動画主さまに感謝!! いつもありがとうございます!


(スケートの感想じゃなくてごめんなさい)






追記;

さすが! ソトニコワ選手! 
演技後のインタビューで、
聞かれてないのに自分から浅田選手の復帰への賛辞を語る!




<真央ちゃん関連記事一覧> ※アメブロ時代の古い記事です。


★オペラ 「蝶々夫人」の舞台に見る ”西欧人が日本に抱いてきた偏見” の壁



★浅田選手を愛する純粋な気持ちを 反皇室扇動に利用されないでください・・・


関連記事
スポンサーサイト
コメント
真央は天女様
真央ちゃんが神がかっていました。彼女だけ次元が神レベル、大人の女性だなって思いました。周りが10代では余計そう思うんでしょうが。しかし、いったん休養してよかったように思います。休養して力みがとれたような気がします。もう彼女の芸術を極めるだけでいい。試合でも試合であることを忘れさせる。私にはまるで氷上のバレエ、芸術にしか思えない、そのくらい彼女は次元が別でした。やあー、もううっとり。それから宇野選手にはびっくり、羽生選手とは全然タイプが違う。17歳でこれだけできるなんて、信じられせんでした。
2015/10/05(月) 00:15 | URL | かもめ #mjjW7zPA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示