ひだまり    今は古事記に夢中! まだまだ日本人は中国人を知らなすぎる! 元警視庁 通訳捜査官 坂東忠信のよく解る中国人の話 ①

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

まだまだ日本人は中国人を知らなすぎる! 元警視庁 通訳捜査官 坂東忠信のよく解る中国人の話 ①


世界でも悪評、中国人のマナーの悪さ



これは序の口。
最近、嫌韓ブームに押されてうっかり忘れられがちですが、
民主党政権が立つまでは、つい最近までは、日本での外国人犯罪のダントツトップは中国人
だったのです。
それが、ここ数年であっという間に韓国人にとって代わったけど、(「在日」犯罪はまた別です)
それでも、
忘れちゃいけない、警戒を怠ってはいけないのが「大朝鮮」と言われる支那・中国の人間です。

もともと、朝鮮人の民族性を作ったのもこの大朝鮮こと中国、支那の民族性。
それを日本人は知らなさすぎる。
いくら上のようなマスコミ情報を得ていても、それでも彼らの本質を知ったことにはならない。
そのくらい、かれらの民族性、本質は、日本人の理解の外にある。
理性でそれを知っているつもりでも、それでも日本人はどうしても日本人の価値観の上で彼らの
ことを理解しようとしてしまう。
そこが問題。 
そこに、かれらは付け込んでくる! 
と彼、元警視庁刑事 通訳捜査官 の坂東忠信氏は語る。

間違った「友好」戦略、間違った国交や交流でこれ以上日本に被害を与えないように、
この情報はすべての日本人が持つべきです。
彼等への警戒心は持ってしかるべきで、持ちすぎることはない。
なぜなら、
間違った認識でもってこれまで国益が損なわれ、日本人が被害にあってきたことと、
今後もそれが増大することが確実視されているからです。
それをしっかり理解し、把握することが、今後の日本人にとってとても大切なことです。
国益と、あなたと、あなたの家族を守るために。

どうぞ、時間をとってじっくりお聞きください。

※ わたしは聞きかじった知識や偏見でこういう警鐘を鳴らしているのではありません。
わたしは実際に中国に住んでいた経験や、中国人の使用人、知人、友人、恩人を持った経験上、
実感をもって、これらの情報が日本人にとって必要不可欠だと、足りないと思って紹介しています。


(※少し動画の順番を入れ替えました。)


『中国人犯罪の取調べ①』
坂東忠信 AJER2012.6.25(1)



『中国人犯罪の取調べ②』



『中国人が車を運転すると・・・・①』
坂東忠信 AJER2012.8.6(1)



『中国人が車を運転すると・・・・②』
坂東忠信 AJER2012.8.6(2)



 
『中国人女性に捨てられる日本の男たちへ①』
坂東忠信 AJER2012.11.12(1)



『中国人女性に捨てられる日本の男たちへ②』




『中国人の幸せとは①』  坂東忠信 AJER2013.5.20(1)




『「中国人」を知ろう①』  坂東忠信 AJER2013.1.28(1)



『「中国人」を知ろう②』  




『報道されない中国人民の民度①』
坂東忠信 AJER2014.3.3(1)






そして、大事なこと。

このとんでもない異文化、180度違う価値観(死生観や自然観、民族(国家)観)の違いを知った上で
ある場合は警戒し、ある場合は受け入れる・・・それの両方ができて初めて、それを「理解」といい、
「お互いに理解し合う」という意味になり、それが本当の交流であり、友好であると思います。

この動画の最後の京都の取り組み、紹介はされていませんが、わたしが体験した高山市の対応は
それに当たります。




「理解し合える」のは、本当のお互いを知ってから。
思い込みや都合のいい情報だけで、上面の利益だけ得ようとすると
とんでもないしっぺ返しを受けます。 (それがこれまでの外交のツケです)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示