ひだまり    今は古事記に夢中! ベトナムの第一外国語が「日本語」に!! その国の言語を学ぶということは、言葉だけでなく、その国の文化や価値観(国家観や思想理念)を学ぶということ・・・

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

ベトナムの第一外国語が「日本語」に!! その国の言語を学ぶということは、言葉だけでなく、その国の文化や価値観(国家観や思想理念)を学ぶということ・・・


ベトナム、第一外国語が「日本語」に!
|竹田恒泰チャンネル




素晴らしい朗報です。
ベトナム政府が、国民に学ばせる第一外国語に「日本語」を選びました。
これはたいへんなことです。
ただ単に「日本語を勉強してくれれば、日本への観光客が増えて経済効果が高まる」
ってことだけではないのです。
「日本語」を外国人が体系的に学ぶということは、
ただ単に「言語」を
「言葉」や「会話」を覚えるということに留まらず、
日本独自の文化や日本独自の習慣、
とくに、
今や世界中の人たちが賞賛してくれている
「日本人だけの価値観や思想理念」(死生観・国家理念)

等を、外国人たちが学んでくれる ということなのです!

これはたいへんなこと! 素晴らしいことです。

なぜなら、
世界のどの国にもない、日本人だけが持っているといってもいい、
人を幸福にするための価値観、
民を幸福にするための国家観、
世界を幸福にするための共存共栄の理念

世界中の人たちが日本語を通じて学んでくれるということなのですから!






今こそ見直そう!! 「日本語」の力!!







★日本人の「共存共栄」の心
  ~環境汚染を続ける中国国家主席に直接進言した日本の天皇陛下!!


★「過ちは繰り返しませぬから」
  真の世界平和への呼びかけは「主語のない日本語」にしかできない



★やっぱり日本語っていいな・・・ 

★うまし国 言霊の国 の日本

★日本語最高! 有色人種で唯一 先進国になった要因がここにある!!

★日本人が英語が苦手な本当の理由!
   「日本人がバカだったら、英語が得意になってただろう」


※「日本人がバカだったら、英語が得意になってただろう」
また、
「日本人がもっと愚かだったら、今ごろ「中国語」を話していただろう」
の理由は、
もし、日本が、歴代天皇が中国に朝貢し続けていたら、
もし、日本が中国への朝貢({隷属)をやめて、自分で国号を決め、対等外交をしていなかったら、
今頃日本人は、漢文で文章を書き、中国語を話していたかもしれません。
少なくとも、
今のような豊かな日本語を使いこなしてはいなかったはずです。

参考記事 ↓

★なぜ日本の漢字は発展し、中国の漢字は衰退したのか? ① 
日本語がなければ中国は“言葉を失う”、
それでも外来語(日本語)を排斥できるのか!?


★なぜ日本の漢字は発展し、中国の漢字は衰退したのか? ④  
 もっとこの素晴らしい日本語を残してくれた先人たちに謝意と敬意を!!

其の①から読んでね!


★日本人の9割に英語はいらない!

★日本人が外国人に伝えるべき本当のこと

★森は生きている ~ 日本人だけの自然観  

★ブルーノ・タウトの言葉

★再 『デイ・アフター・トゥモロー』
  
★日本人は超能力集団 ??




・・・・・・ しかし、同時に

よい思想理念を孕む言語を学ぶのはいいが、
言語を学ぶ副産物として、
または意図的に国家戦略的に
悪しき思想理念 をも学んでしまう(知らずと学ばされてしまう)危険もあるのです!!

つまり、その言語を学んでいるだけのつもりが、
知らない間に、無意識に、
その国の思想理念を ガッツリ 学んで 洗脳されてしまう 危険があるのです!

いえ、それはただの「危険(懸念)」ではなく、本当に、実際に効果(被害)があることなのです。

その最たるものが 「中国語」 です!!

これは差別や感情論とは別の現実の問題です。













※気をつけよう!! タダよりこわいものはない!!
 「無償」や「便利」や「親切」(弱者にやさしい) の裏にはワケがある!!!

   ↑   ↑  共産党の常套手段!!!


※「中国語講座」だけでなく、
日本人が普通に使う日本語の中にも「共産主義用語」は蔓延して
います!



※日本人は、知らず知らずに刷り込まれた共産主義が造った言葉を常用するうちに、
自分はそのつもりがなくても、共産左翼に都合のいいものの考え方に誘導されてしまっているのです。


そのくらい、共産主義思想の執念はものすごく怖いんです!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示