ひだまり    今は古事記に夢中! マスコミが教えない電磁波障害の実体 ~ 急速に増える原因不明の体調不良や無気力症は、家や職場の電磁波障害のせい?

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

マスコミが教えない電磁波障害の実体 ~ 急速に増える原因不明の体調不良や無気力症は、家や職場の電磁波障害のせい?

 
 



ー動画説明の和訳ー

Cell Phone Radiation Dangers: Facts to Know About Mobile Phones

携帯電話の放射線の危険性と真実
――http://www.cellphone-health.com 
携帯電話は危険なのか? 

携帯電話は確かに、近代テクノロジーの偉大な功績の一つである。
我々の生活を大幅に改­善させた。だが、隠された損失がある。
しっかり対応しなければ、人々の健康に莫大な問­題を引き起こす恐れがある。

携帯電話の放射線の危険性についての真実
1995年、ワシントン大学のヘンリー・ライ博士とシン博士が、携帯電話の放射線に動­物を被曝させると
DNA二本鎖切断が起き、それによって生じた深刻な遺伝子変化が、­ガンや細胞死、突然変異の問題
へと繋がる可能性を証明した。
(Verschaeve、­Phillips 、 Sakar が当発見が真実であることを裏付けた)


アデレード病院の動物実験で、電磁放射線に被曝した動物にガン細胞の増殖と悪性腫瘍が­発見された。
(Slddmore、Baum、Szmigielski、Chou、Cl­earyの全員が、当発見が真実であることを裏付けた)
他の数百もの電磁波の研究で、免疫システム、酵素合成、神経系、学習、精神状態、行動­パターンに
ついて、矛盾なく統計的に有意差のある悪影響が証明された。
電磁放射線は分­子・細胞・生化学・生理学レベルで有機生物に悪影響を与える。


ドイツのフライブルク大学神経病院の研究によると、携帯電話の高周波電磁界で有意的な­高血圧
になる。携帯電話など使われるパルス高周波電磁界は、脳波図で測定可能な脳の生­物学的過程
に影響を与える。携帯電話は脳の生体電気活動に悪影響を与えるということに­疑問の余地はない。

幼い子どもの携帯電話の放射線への被曝は、とりわけ、
中枢神経系・免疫システム・重要­な臓器が、発育・成熟中にあり、さらに健康に有害な恐れがある。



携帯電話の危険性
――科学的研究による事実と数字について、専門家は以下の通り述べる­。

「悪性脳腫瘍は、子ども(15歳以下)と若者(34歳以下)において2番目に多い死因­である」
オーストリアでは1位。
そして、専門家は、携帯電話使用による電磁波放射線被曝­の増加が原因だとしている。
(※NeurologyChannel.comによる統計­値)

「電磁波被曝とマイクロ波被曝に関する非常に多くの疫学調査(少なくとも50の調査)­で、
電磁波は病気のリスク増加と関連していることが強く示唆されている。
多くの研究は­ガンに注目しているが、電磁波とアルツハイマー病の関連性を示唆する有効
な研究がある­。
米国のCTIA(セルラー通信工業会)から資金を得ている調査ですら、携帯電話の放­射線とガン
の関連性が認められた」~ EMX社、トマス・マグヌッセン博士。

「一つ一つ、カルロ博士の調査で警戒すべき兆候が明らかになった。
携帯電話はペースメ­ーカーに干渉を起こす。
発達中の子どもの頭蓋骨は、携帯電話から放出されるエネルギー­が奥にまで入り込む。
毒素が脳に侵入するのを防ぐ血管脳関門は、携帯電話の放射線で漏出する。


最も驚くべきは、
ガン診断マーカーとして知られる遺伝子損傷の一種、ヒト血液細­胞の小核を高周波が作り出すことだ。

~ジョージ・カルロとマーチン・シュラム著
「Ce­ll Phone : Invisible Hazards in the Wireless Age
(携帯電話:無線時代の見えないハザード)」から

「電磁波汚染(EMF)は、今世紀にもたらされた人的活動汚染の最も顕著な形かもしれ­ない。
見えない、感じないからこそ、危険なのだ」
~アンドルー・ワイル医師、著作本
「­Spontaneous Healing and 8 Weeks to Optimum Health
(自然治癒と8週週間で超健康体)」

携帯電話の放射線の危険性と事実をもっと学ぶこと。
健康を守るため、実行可能な解決策とともに携帯電話の安全グッズについて知るべきです­。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※放射線とは、
「マイクロ波放射線」のことで「電波」のことです。


2011年にWHOは高周波(電波)を「発がんの可能性あり」と
発表しました。


バイオイニシアティブ2012では、
0.2μW/cm2以上で小児白血病が倍増。
0.0006μW/cm2以上で疲労・倦怠感、抑うつ傾向、睡眠障害、集中困難、心臓­血管障害。
0.00034μW/cm2以上で精子数が減少。

学校でタブレットの配布が始まるようですが、とても心配です。



タブレットの電磁波はスマホよりも強い 
〜WiFiを切っても電波が!〜



元動画
http://www.youtube.com/watch?v=ANH6PE...

ーー動画の説明の和訳ーー

世界中の医師団が無線放射線に対する予防処置と被曝の削減を求めて、
特に、子ども、若­者、妊婦、乳児を守るよう声を上げてきました。

医学的勧告:14機関の WiFi に関する声明
放射線と子どもの健康
http://www.safeinschool.org/2013/02/m...

ハーバード大学神経学者の警告:
WiFi 放射線は子どもの脳機能にダメージを与える可能性がある。

https://docs.google.com/file/d/0BxkLX...

当動画について:
iPad のパルス・マイクロ波放射線を Acoustimeter (電磁波測定器)で測定。
iPad の WiFi 機能は「入」だが、インターネットブラウザーを使用していない状態です。

多くの人々が­、インターネット接続を必要としないアプリを iPad で使用していますが、
WiFi 機能が「入」になったままなので、知らぬ間にマイクロ波周波数帯の放射を強烈に浴びて­います。

この放射線レベルは、数秒毎に Acoustimeter の最大限界値を超えます。
他の高周波測定器で測定したところ、通話中の iPhone より数倍の高い値であることがわかりました。
iPad の裏面の磁界も測定すると、15〜20ミリガウスと、安全レベルの3ミリガウスと比べ­高いことが
わかりました。



アドバイス——

子どもは、必ず次の条件を満たしてのみ iPad を使用すること。

・機内モードを「入」
・WiFi を「切」
・iPad をテーブルに置き、手で持ったり膝に乗せない。
・アプリのダウンロードは、有線接続で行うこと。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



電磁波を浴びた際に見られる、様々な症状を指して電磁波過敏症と呼びます。
日本ではまだ認知されてはいませんが、スウェーデンやデンマークでは、
電磁波過敏症は病気として認知されています。

具体的な症状は、下記に挙げたものになります。



視力低下、目の痛み、目の疼きなどの症状

皮膚
できもの、乾燥、赤みなどの症状


鼻づまり、鼻水などの症状


火照り、むくみ、水泡、異常な乾燥などの症状


血の味が口中に広がる、口内炎などの症状


歯や顎に激痛が走る

粘膜
異常な乾燥


頭痛、記憶喪失、うつ症状

疲労
異常な疲労や、それに伴う集中力の欠如

目眩
気を失うほどの目眩やそれに伴う吐き気

関節
肩こりや、腕や膝などの関節痛

呼吸
呼吸困難や、それに伴う動悸

痺れ
腕や足の痺れや麻痺


<こんな症状ありませんか?>


携帯電話を使うと耳や頭が痛くなる

パソコンを使うと目や頭が痛くなる

部屋の家電で不快感がある

頭痛や動悸がして電車に乗れない

近所に高圧電線があり体調が悪い

自動車に乗ると異常に疲れる

電気量販店に行くと異常に疲れる

ホットプレートや電磁調理器のそばにいると頭が締め付けられる感じになる
(調理が終わった途端(電源を切った途端)、症状がなくなる)

屋外にいるときよりも家の中にいるときの方が、疲れやすく、アレルギー症状が強くなる

(他にも感じ方はいろいろあります)



電磁波にまつわる様々な研究レポート

電磁波の危険性については、数十年前から多くの研究者が報告してきました。

小児白血病が4.69倍
20V/m以上の電場被曝で、小児白血病が4.69倍にも有意に増加している
(1995年のコギール(英)論文)


小児白血病が2.98倍、脳腫瘍は2.4倍
配電線や配電所近くに住む子どもの小児白血病の発症率は一般の2.98倍、
脳腫瘍は2.4倍(アメリカのコロラド大学医学部・ナンシーワルトハイヤー博士らが1979年に発表)。


住民のほとんどが頭痛に
コネチカット州にあるメドウ通りは、巨大な変電所と高圧送電線に囲まれており、
過去20年間で、このメドウ通りの9世帯のうち4世帯から、脳腫瘍患者が出て、住民のほとんどが
頭痛に悩まされている(有力雑誌『ニューヨーカー』1990年7月9日号)。


.脳腫瘍発症率が2倍
携帯電話使用者の脳腫瘍発症率は、不使用者の2倍(2000年、スウェーデンで発表された論文)。


イヤホンの使用が義務化
アメリカでは携帯電話を使って脳腫瘍になった、という裁判が各地で起こっており、
カリフォルニア州では、携帯電話を直接耳につけての使用を違法とする法律ができ、
イヤホンの使用が義務づけられた。


白血病の死亡率が120倍
大阪府門真市末広町には、住宅街の上に送電線が張り巡らされている。
この町の周辺では白血病の死亡率が大阪府平均の120倍。
現在では、電磁波が細胞のカルシウム・イオンを流出させることで、神経細胞の伝達を乱れさせ、
それがガン細胞の発生など様々な悪影響に関連しているという説が有力となっている。




電磁波と上手につきあう方法

我々の現代生活は、すでに電磁波から逃れることができないものとなっています。
電磁波の影響と考えられる病気や疲労などの症状が急増している今、個人レベルでも最低限の安全策
を取る必要があるのではないでしょうか。
電磁波防御用品を利用するのもひとつの手段ですが、以下に、すぐにできる電磁波対策をリストアップ
してみました。

1.携帯電話は耳から3センチ離す
電磁波の影響は距離の二乗に反比例します。
耳から離せば離すほど良いわけです。聞こえにくくなる限度の3センチほど離せばいいでしょう。


2.携帯電話のアンテナを伸ばす
携帯電話のアンテナを伸ばせば電磁波を拡散できます。
中には、アンテナを伸ばすと10分の1も電磁波が抑えられるという機種もあります。


3.PHSを使う
PHSの電波は、他の携帯電話の10分の1程度です。


4.子どもには携帯電話を使わせない
脳細胞への悪影響が考えられるので、10年20年後を考えて、使用を控えさせましょう。


5.電気暖房器具の使用は控える
電磁波対策のなされていない電気毛布やホットカーペットなどの使用は控えましょう。
特に赤ん坊など小さい子どもへの影響は大きいと考えられます。
ドライヤーなど強力なモーターのある製品も注意しましょう。
電磁波対策済みのホットカーペット、電磁波抑制温熱ケットもあります。


6.テレビは2メートル以上離れて観る
ただし、テレビゲームなどは、遊んでいる間、常にコントローラーを握っているため、
パソコンの帯電と同じ状態にあるといえます。


7.パソコンのモニターとの距離は70センチ
モニター(ブラウン管)から最低でも70センチ離れましょう。
ちなみにカリフォルニア州には、「ブラウン管から少なくとも1メートル離れる」という条例があるほどです。


8.アースを正しく取る
電化製品の使用量は年々増え続けています。
パソコン、プリンタや冷蔵庫、電子レンジなどアースのとれるものはアースを正しくとりましょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

<関連過去記事>

★見えない危険・電磁波汚染  ① <海外では障害(因果関係)と認定!>

★見えない危険・電磁波汚染 ② 怖い極低周波電磁波の影響        

★見えない危険・電磁波汚染 ③ 見えない恐怖! 発症してからでは遅すぎる
 



日本は、あまりにもこの認識が遅れています。

「男女同権」とか「夫婦別姓」とか「同性婚」とか推進する者たちは、いつもオウムのように
「日本は海外と比べて遅れている」 って言うけど、
本当に、日本が海外から遅れていて
真剣に、緊急に
意識を高め、対策を急がねばならないのは
こういうことです!!


なんでも便利だから、流行ってるから、普及してるから、
みんなやってるから・・・っていって安心してると、
とんでもない被害にあうことがある。

みんなやってるから正しいわけでも、
みんなやってるから安心・・・なわけではない。

マスコミや国が教えない大事な情報、正しい情報を知っているのと知らないのとでは、
あなたの将来、あなたの家族やお子さんの将来が確実に違ってきます。


これらの情報のほとんどは、
日本では「科学的に立証されていない」と「されている」ことです。
でも、その日本が、日本人だけが「井の中の蛙」のことだってある。

信じる信じないは、あなたの自由。

信じても、信じなくても、やってもやらなくても、
どちらを選択しても、
いつか出るであろう「結果」はあなたのものです。



スカイツリーの強力な電磁波

「自分の身は自分で守る」
政府やマスコミは本当のことは言わない・・・




ここからは「実践編」です。
具体的に家庭内の電磁波状況を解りやすく解説しています!



「電磁波」とは

電磁波は「電場」+「磁場」で電磁波です。
どのように電化製品から発生するのか実演し­ます。



ノートパソコンの電磁波(電場)



電磁波コム  電磁波とは何か

電場をカットするためのアースって何?



電子レンジの電磁波(磁場)




IHクッキングヒーターと電磁波(磁場)




IHクッキングヒーターの裏側と電磁波



※大事なことは、電磁波を「浴びない」こと、 減らせるものは減らすこと、
 体に貯めてしまった「電気を抜く」こと です。

            ↑ ↑ これを「アース」と言います。

アースの必要性


身近な電磁波対策「アースを正しく取る」

※電磁波対策・アースの必要性・アースの取り方の紹介までです。
知識を得て、必要性を納得したあと、どう対策するか、どのサイトの商品を信じるか、
何を購入するかは、あなたが選んで決めてください。



深刻な健康被害の自覚がないうちから知っておくといい
誰にでもできる簡単電磁波&エコ対策!!


節電スイッチの正しい向き コンセントの正しい向き



コンセントの極性を守ると安全と安心・エコにつながります



 ↑  ↑  これ、 ものすごく有効です。

わたしもすぐにやってみました!
チェッカーさえ持っていれば、誰にでも簡単に(面白いほど)、電磁波&エコ対策ができます。
(ただし、全く健康被害がないうちにやるべき最初の対策です。
明らかな健康被害があると認められる場合には、これ以外にもっと積極的な対策が必要です)

動画を見るだけではピンと来ないかもしれませんが、実際やってみると解ります。
わたしは電気のことにはとんと疎く、動画を見ても、説明文を読んでもすぐに呑み込めませんでした
が、実際にやって理解すると、面白いくらい「やり甲斐がある」ことです。
だって、知っているのと知らないのとでは、この対策をしているのとしていなのとでは、
明らかに、自分や家族が浴びる電磁波や、無駄な電気を減らすことができるのですから!

これを正しくやれば、いわゆる節電対策で言われる
「待機電力を消費しないようにまめにコンセントを抜きましょう」ってことをしなくてもいいのです。
なかなかまめにコンセントを抜いたり入れたりできない器具もあるし、頻繁に抜き差しすると
器具のために良くないものもあります。(アダプターとか)

でも、コンセントとプラグの「極性」を正しく合わせてやるだけで、
これまで無頓着・無防備だった「無駄な電気」や「有害な電磁波」を減らすことができるのです。


ていうか、

なんで日本だけ、こんな大事な知識が一般に降りてこなかったの???

わたしはその方が不思議で、疑問です。

これって・・・

もしかして、

日本が「世界一レントゲン大好き国」(医療被曝大国)だというのと関係してるわけ?




<これまでに書いてきた関連警鐘記事>

★見えない危険・電磁波汚染  ① <海外では障害(因果関係)と認定!>

★見えない危険・電磁波汚染 ② 怖い極低周波電磁波の影響

★見えない危険・ 電磁波汚染 ③ 見えない恐怖! 発症してからでは遅すぎる

★エコキュートはほんとうにエコなのか? 新しい低周波音被害
エコキュート被害は増えててもなぜかマスコミは取り上げない。
エコキュート被害は自分の家より隣家へ被害を与えることがあるため、人間関係を壊し訴訟問題にも発展。

★<完全LED変換への警鐘> 
 テレビでは教えられないLEDの真実… なぜLEDによるブルーライトが目に悪いのか?


★法の“空白地帯”でLEDトラブル 体調不良が続出 昆虫、小動物にも異変



街路灯のLEDが基準超す電磁波--エコ商店街推進事業
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/08/20100821t13014.htm

宮城県栗原市の商店街で、街路灯に導入した発光ダイオード(LED)電球から発する
電磁波によってテレビの受信に障害をきたすという問題が発生しているのですが、
東北総合通信局の調査によると、その原因とは街路灯のLED電球から国際基準の許容値
を超えた電磁波が出ているためだったのです。
栗原市のエコ商店街推進事業で今年3月、街路灯約520基に約1000個が取り付けられて以降、
住民から受信障害の苦情が市などに寄せられました。



<電磁波だけではない。こういう人体へ害のある危険を知ってほしい>

★医療機器で癌になる? ①  ロバート・メンデルソン 「医者が患者をだますとき」 

★その「香り」は人体に害のある合成化学物質!
 流行する香り付き柔軟剤の被害 「外出できない…お願いやめて!」 過敏症」の人たち悲鳴!


医者も知らないインフルエンザワクチンのほんとうのリスク

医者も知らないインフルエンザワクチンのほんとうのリスク  その2

★ほんとうにワクチンや薬で「安心」が買えるのか?


政府の推し進めるものが、マスコミが推奨宣伝するものが正しいとは限らない。
それがたとえ害であっても、それがたとえ健康や命を脅かすものであっても、
誰がの巨大な利権のためなら、
「真実」は公表されることなく、人々は知らない間に「淘汰」されていく。

あなたや家族の「安全」を守るためには、
あなたが個人的に「政府発表」や「マスコミ情報」以外から、
どれだけ必要な正しい情報を得られるかにかかっているのです。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示