ひだまり    今は古事記に夢中! わたしをバレエに連れてって!! ⑥ オレ様天才熊川哲也に再敬礼! 

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

わたしをバレエに連れてって!! ⑥ オレ様天才熊川哲也に再敬礼! 

 
 
図らずも先日、
バレエ・ダンサー 熊川哲也 の天才ぶりをあらためて実感してしまった!!

しばらくぶりでバレエの動画を見まくったのだけど、
吉田都の「こんぺいとうの精」に始まって、うっかり熊川哲也にまで手の伸ばしてしまった。
しまった!! 
これじゃあ、また、帰ってこれなくなるじゃないか!!

はい、案の定、またDVDを購入することに・・・

でも、本気で思った。

これだけ景気よく回ってくれちゃったら、

これはもはや、

これも立派な、

真央ちゃんや、羽生くんや、聖子ちゃん みたいな、
日本を 晴れ にするパワー だと思う!!  



フィギュアスケートには毎年競技会シーズンというものがあり、
テレビや新聞で巷が騒がしくなるので「解り易い」のですが、
日本には浅田選手とか羽生選手とか、引退した高橋選手とか、ファンでなくとも、日本国内のみならず、
世界中にその名を知られ、突出したカリスマ的存在がありますが、忘れてはいけない。

世界に誇る日本のカリスマは、フィギュアスケート界だけじゃない!

そう、クラシック・バレエの世界にこそ、
日本人として世界から認められ、世界から愛された、
歴史に名を残す天才カリスマダンサーたちがいることを!!

幸いにも、
同じ時代に数々の伝説と金字塔を打ち立てたカリスマの中のカリスマというべき
バレエ界の双璧が、先に幾度も紹介してきた吉田都と、今回紹介する熊川哲也です。

※吉田都についてはこちらから 


何度も書いてますが、
フィギュア・スケートを見るとき、わたしは「バレエ目線」を外すことはできません。
なぜなら、クラシック・バレエの神髄は、すべての舞踏芸術の基礎であると思うからです。
物語のイメージを伝えるための「マイム」も、元はバレエから生まれたものです。
そして、マイムが最も洗練され精彩を放つのが、シェイクスピアを生んだ舞台芸術(劇)の国である
イギリス(ロイヤル・バレエ)であるのも、さもありなん、と頷けるところでしょう。

しかし、その舞台芸術の「劇場空間」を、
今や氷の上のスケートで最も高度に表現し、最も高みへと進化させてきたのは、
もう誰も異論はないと思いますが、なんと、男女とも、わが日本人選手たちでした。

そういう意味で、わたしは、バレエの審美眼(感性)とバレエの基礎知識(うんちく)なしでは、
もはや昨今のフィギュアスケートを語れないと思うのです。

もちろん、それ以外にもいろんな目線や楽しみ方があることも認めます。
が、わたしはどうしても、結局は、最終的には、つまるところ、
バレエに通じる芸術性とテクニックの両輪を持たなければ、
フィギュア界では「天才」とか「カリスマ」とか呼ばれる「地位」にはつけないと思うのです。

まあ、何かの拍子に、一瞬だけその地位に就くことがあるかもしれないけど、
その地位を、その名を維持し続けることができる存在は違うと思います。

特に、世界のフィギュア界を牽引する日本人選手たちにおいては。

と、そんなわけで、

フィギュアスケートファンの人にとっても、実はバレエはそんなに得意じゃない人でも、
この、二人のバレエの世界だけは、何の垣根も無く、入れると思います。
だって、
真央ちゃんの表現力の源には、ぜったいにバレエ芸術に通じるものがあるし、
最近頭角を現してきた宮原選手を見ても、どの選手と比べてもバレエが入っている動きとして
突出しています。

それと、最近特に感じるのは、羽生選手を通り越して、何といっても、宇野選手です。
彼の劇場空間は、まさに、これから紹介する熊川哲也のバレエに通じるものがあると
昨夜、わたしは改めて確信しました。


そんなこんなで、先の記事でも書いてきた吉田都や、この熊川哲也を見ていると、
浅田選手や、高橋選手や、羽生選手や、宇野選手たちを見ているときと、
同じことを考えてしまうのです。

これから見てもらえれば、解る。
熊川哲也は、天才です。
しかし、 ただの天才じゃない。
昨夜、これらを見てわたしは確信しました。

彼のダンスも、 吉田都のダンスも、 形は違えど、
「神」に捧げられているものだと。

彼らの「舞い」は、ただ人間(ファン)のためにあるとは思えない。

彼らの舞いは、神と人を結ぶ「柱」を立てるため、
神が、人を、「守るべく価値」があるとするための「証(契約)」として捧げられているのではないか、
と。

そう思えてならないのです。

だから、
彼らがいるうちは、大丈夫だと。
わたしたち人類が、彼ら、彼らのような存在価値を認め、大切に守れるうちは大丈夫だと、
そう思えるのです。

人が、そういう、
美しいものを貴いものとして、
尊いものを尊いものとして守っていられるうちは、
人は、神から「守られる価値のある存在」として認めてもらえるのでは・・・と。

逆にいえば、
人類がそういう価値を捨てて、ただの即物的、拝金主義に溺れ完全に陥ってしまったら、
そのときは、もはや人類がこの地球上に存在する価値をも失ってしまうのではないか・・・
神からの救いの手、「ノアの箱舟」に乗る価値(切符)を無くしてしまうのではないか・・・と。


(どう思われてもいいもん。
ここはわたしのブログだから、自分の好きなことを、感じたまま言えるんだもん!)




というわけで、
あまりにも有名なバレエ・ダンサーではありますが、
フィギュアといっしょで、どんなに有名で人気でも、どの分野にも蚊帳の外の人たちはいますので、
そんな「バレエ初心者」や「熊哲初心者」にもアピールできるよう貴重動画を紹介してゆこうかと思います!

(自分の永久保存用として編集しました♡)


では、 どうぞ!!

ご堪能ください。
熊川哲也の「天才」ぶりを。


Tetsuya Kumakawa Don Quixote  ドンキホーテ




これが原点・・・
ローザンヌ・コンクール金賞受賞 熊川哲也  tetuya kumakawa!!

15~6歳くらい? 
これ、よく覚えてる。
辛口解説者が、彼の踊りに驚嘆し、こんなようなことを言っていたのを覚えています。
「彼にはもうすでにプロのダンサーとしてのすべてが備わっている。
彼にあと必要なのは、劇場からのオファーだけですね」
「あと、もう少し足が長ければね」 (・・・・・・・)
「ええ、でも、そんなこと忘れ去れるくらい彼は素晴らしいですよ」 ってね。

(※なんと、動画見つけました!!この二人です!!  
 すごい!熊川が金賞を取ったときのローザンヌコンクール東京決戦のほぼフル(半分)ですっ!!
https://www.youtube.com/watch?v=ksIShfcvB9A)
宮内真理子もいるよ! (18:50 と 1:1:50) 
げ!!岩田守弘もいる! (35:20 と 1:17:30) 
そのあとに、あの男の白鳥を踊ったアダム・クーパーも!!
振付賞の田中祐子も~~ (1:28:50)
ちょっと、この大会、レベル半端ない! ってか、そこで金賞取った熊川のクオリティが解るよね。

熊川の演技は、32:10 と 1:15:10 から~
(この解説者がどれだけ「辛口(毒舌)」だったか、一見上手そうに見えても、メタクソに言うし、
それにくらべて、どれだけ熊川の演技にだけ別格の賛辞を贈っていたか、
この動画を通して他の演技のコメントを聞けば解ります!!) 動画主さま、ありがとう!!!!



キリトったやつがありました!!
熊川哲也 ローザンヌ ドン・キ 解説付き!





ドン・キ その3

コメに「高さがおかしい」ってのがあってウケる。
ホント、おかしいよね? 



だれ??!!! 
こんなことして遊んだの!!

似合いすぎてハマるわ・・・




熊川哲也の 超絶 空中浮遊(ジャンプ)

ニコ動って、コメントが面白い・・・




Tetsuya Kumakawa Coppelia  コッペリア




Tetsuya Kumakawa Giselle  ジゼル




海賊




その後、こんなの作りました!

【映画 「海賊」 予告編】 
Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY 「海賊 in Cinema







「眠りの森の美女」よりグラン・パ・ド・ドゥ
吉田都 熊川哲也





Swan Lake Act lll  「白鳥の湖」




【映画 予告編】 
熊川哲也 Kバレエ カンパニー 『白鳥の湖』 in Cinema






熊川哲也 Kバレエ カンパニー
15th Anniversary Winter 2014 「くるみ割り人形」 CM




熊川哲也 Kバレエ カンパニー 『シンデレラ』CM






【映画 予告編】 
熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「シンデレラ 」 IN シネマ


すんごい。「オレ様」 リアル「千秋さま」っぷり。



【映画 予告編】 
熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「ドン・キホーテ」 in Cinema






Kバレエ カンパニー
『ベートーヴェン 第九』ほか新作二作品 CM






日曜日の秘密基地VIPルーム ゲスト:熊川哲也



熊川哲也 ロミオとジュリエット [ 熊川哲也 ]
価格:6459円(税込、送料無料)






「オレ様熊川哲也」がお腹いっぱい堪能できます!
オレ様だけが・・・!!!




見たくなった?

買いたくなった? 
それとも、行きたくなった?
熊川哲也 Kバレエカンパニーのチケット一覧



<お ま け>


高橋大輔 & 熊川哲也 対談




浅田真央 2012 GPF FS[British Eurosport] 「白鳥の湖」



★フギュアスケートに「芸術点」が必要だったわけ・・・ その2

★日本人にしか見えないもの

★真央ちゃんはなぜそんなに美しいのか? 4 お母様とバレエ


★感動って、こうやって作られるんだ!
  2013全日本選手権 鈴木明子選手の「オペラ座」の奇蹟!!



★わたしをバレエに連れてって!! ③ ~ 吉田 都 の奇跡

★バレリーナ はかくあるべき! ③  吉田都 編 >

★バレエへの熱情再び  ~  もう一度 吉田都 が見たい!!


★ローザンヌ国際バレエ、17歳の菅井さん優勝  審査員吉田都さん語る!

★映画 『ブラック・スワン』 への反論  の追記 これだけは言わせて!!

★再 『瑠璃色の地球』  ~言霊を信じる日本~



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示