ひだまり    今は古事記に夢中! ぶっ飛んでいるけど、とっても腑に落ちる! 日本人のヒーローとしての超・楠木正成論

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

ぶっ飛んでいるけど、とっても腑に落ちる! 日本人のヒーローとしての超・楠木正成論


 


ぶっ飛んでいるけど、
日本人として とっても腑に落ちる!
 
日本人のヒーローとしての 超「楠木正成論」


これを聞いて解った。
今の日本人に足りないのは これか!!

 (※いつものように、感動と興奮の冷めやらぬまま書いてるから許してね)


これが日本人
これが、本当の、日本のヒーロー観
そして、
紛うことなき、これこそ「日本の誠」 です!


この動画に出会えてよかった!!! 

先の記事を書いてるときに、久しぶりに竹内睦泰氏の最近の動画を拾っていて
こんなすごいのを見つけました。

これ、 すっごく面白いです! いえ、 すっごく感動します!!

いやはや、
この二人(お一人はちょっと冷めてるけど)にかかると 歴史がこんなに面白くなる!!
必見(必聴)です!!



チャンネルくらら】 特別番組歴史人物伝
「番外編:日本人のヒーローとしての楠木正成
竹内睦泰 山村明義 倉山満








※「番外編」とあるのは、元の「楠正成論」の①があるからです。
こちらも面白いです。
南朝子孫に受け継がれる「足利スイッチ」って なに?






<概要>

明治維新を興したヒーローたちは、みんな「太平記」を読んで大きくなった!

昭和の初期まで子供たち(日本人)は
「大化の改新」「建武の忠孝」「明治維新」を、「日本の三大改革」と教えられ、
それを誇りに育った。

文字色負けると解っていても、大義のために戦う・・・

昭和の人間(古い方)は、そんな楠正成みたいなのを心のヒーローとして、
楠正成みたいな生き方に憧れていた。

(が、 W.G.I.Pによって戦後教育から封殺された!)


3000人の敵に一人立ち向って行った高杉晋作はまさにそれだ!



という予備知識から入って・・・  下のキーワードをまとめたみた。


<高杉晋作>
大群を相手に、孤独な突撃


一里行けば一里の忠。二里行けば二里の義。
1キロでも前に進めば、それによって正義の姿を示せるのだ。
負けたわけではない。

功山寺挙兵(決起)、これがあったから、明治維新があった。





<戦艦大和>
沖縄を見捨てていないことを証明するために、勝てないと解ってて突撃、撃沈
まさに、
みんな(艦長以下乗組員たちは)、楠正成に成りに行ったようなもの。

(ちなみに、戦艦「大和」という名は、昭和天皇が付けた名前です)



<帝国陸軍>
自分の国でもないアジアの大義のために命を懸ける


「聖戦の大義のために戦ったのに裏切られた」と言って主義を変えた左翼。

(あれ? それって、本当の大義のための聖戦って精神じゃないんじゃ?
そういう人間って、結局見返りを期待してる利己主義から脱してないじゃん。
だから犠牲(被害者)気分になるんだよ)
その思想をそのまま反映させたのが「ガンダム」 (だからここにヒーロー扱いされてない?)


なぜ戦後、ヒーロー物が大量に制作されたか?
その理由の一つは、「軍歌を歌わせてもらえなくなったから」!!
(このへんの倉山節がステキ!)
戦後政策のために、軍歌や偉人伝をおおっぴろに謳えなくなった。
だから、その代わりに、
その精神を投影した「子供向け娯楽作品」と称した「ヒーロー物」が作られた。

ヒーローアニメの主題歌は「軍歌」の代わり!!
ちなみに、
初期のウルトラマンの主題歌は二拍子か四拍子・・・ つまり、軍歌!!
(おお!!)
ウルトラ警備隊の歌は歌詞まで軍歌。



<芹沢博士(ゴジラ)>
「乙女の祈り」に決意。
自分の目的を捨てて、見ず知らずの子供たちを救うため、
自らを犠牲にしてゴジラを殺す。


しかし、初め、ゴジラは、自らの命と刺し違えてゴジラを倒す芹沢博士をもって
「軍国主義の亡霊」と言われ、ボロクソに叩かれた。
しかし、
ゴジラが日本を攻撃したルートは、米軍に日本が攻撃されたルートと同じ。

賛否が大きく割れたのもさりありなん。
あれは、空襲からまだ9年後の作品だった。(それもすごい)

破壊の神ゴジラ・・・だったが、
皇居だけは踏めなかった!!



<ウルトラ兄弟>
自分の星でもない地球のために命を懸ける。

まさに、
自分の国でもないのにアジアのために戦った帝国陸軍


一度死んだヒーローがもう一度蘇る・・・ 日本古来の甦りの話
ウルトラ兄弟は実は本当の兄弟じゃない、義兄弟
つまり、これはただの家族愛じゃなくて、義理や友情の物語。

ウルトラマンの実子は、実はウルトラマンタロウだけ!
ウルトラマンエースにいたっては、みなしご!! (いろいろ初めて知ったこと多すぎ!)

カラー時代になっても白黒を守っていたのは、
白黒はじつは、「日の丸」の赤と白。 白は正義。 赤は自己犠牲。 
ウルトラマンは太陽の子。  つまり アマテラスの子!




<仮面ライダー>
自分の幸せを捨てて、人間の自由のための命を懸ける。


自分のことしか考えられないヤツは ショッカー だ!!
(足利尊氏はショッカーだ!! ←本気!)

恋人の墓を蹴飛ばされたので、その仇討ちのために立ち向って行く!!
そして、勝ってしまって、「かっこ悪いな」とつぶやく・・・
だって、
独裁者を倒しに行ったのは、大義のためであって、
自分が独裁者になろうと思ってないから!!
 「これぞ、高杉晋作だ!!」
  これが日本人だ!!




<キャプテン・ハーロック>
己の信念に従い戦う海賊。
「戦後レジューム」に対するアンチ作品。


敵であろうとも、
己の信念に従って戦っている相手のことは尊敬する。
勝ち負けは関係ない。 裏切りや嘘を許さない。




<ヤン・ウェンリー>
自分が信じる主義のための大軍相手に要塞戦。


(ちょっと割愛。動画の最後の方だから聞いてね)



あああ、いいものを聞いた!! (泣く)

こんな風に歴史を教わったらどんなにおもしろくて、歴史が好きになっただろう・・・!!
せめて、高校生や大学生の授業は、こうあってほしい。
(こんな風変りな教師が学校に一人くらいいてもいい!!)
そう思いません?


総括。

20世紀までは、
日本人の中には、楠正成がヒーローだという精神が脈々と生きていた。
けれど、バブルの辺りから、
これまでの日本にはなかった強烈な拝金主義にどっぷり冒されて、
日本人は大切なものをなくしてしまった・・・


これらのヒーロー像を全部辿ると「楠正成」に辿り着く!!
それが、今はなくしてしまった「日本人のヒーロー観」。

外国人には到底理解されない。  

(これまでの「外国人の理解」とは、究極的に言って、
「この特異な日本人精神をどうやって利用し、どうやって滅ぼすか…」っていう研究命題でしかなかった)




この 日本型ヒーロー、
楠正成のような人間が、今はいなくなってる!
それが、日本の衰退の原因(一因)であった!!


あ・・・  アメリカの「WGIP」 効きすぎ!!



さあ、 日本人のみなさん、

これを聞いて、ちょっとでも胸が熱くなった方、

これ以上日本が衰退してしまわないように、

日本が手遅れにならないうちに、

こういった、本物の「日本人像」が示す、
本物の「日本人の誇り」を子供たちに教え、次世代に語り継ぎましょう!!





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



「子供の日」に考える ~
わたしたち大人が次世代に残さねばならない最も大切なもの、
それは、”天皇を仰げる日本” を子らに残すことである。




★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話




関連記事
スポンサーサイト
コメント
そんなことはない
あなたはそんなはヒーロー居ないと言った
だが違う
居たんだ 平成にも

後藤健二
彼は間違いなくその心を持っていた
2017/02/14(火) 08:11 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示