ひだまり    今は古事記に夢中! 本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~


  

「本当に怖い皇統保守を装った反皇室ブログの実体」 
~まとめ~



これまで出した「反皇室ブログの実体」シリーズを一挙まとめてみました。

検証内容が多いため、一個の記事でもとても長いのですが、
最近、初めてこの「疑惑」に触れ、
「本当かどうか信じがたい」と思い疑惑を払拭したいと思っている
まだ美しい心を見失っていない日本人の方々のために、
これらの情報が、あなたのその「不愉快な疑惑」を払拭し、
本来の天皇・皇室に対するまっすぐな信頼と崇敬心を取り戻すことの一助となれば幸いです。


どうぞ、時間をかけてじっくりお読みください。

皇室の弥栄のために。

日本の未来のために。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ① 
 本当に皇室を思い、皇后陛下や東宮妃批判の情報を信じ拡散している方々へ!


※このシリーズを書くきっかけになった事件。
 ある有名皇室批判ブログ(某BB)にうっかり足を踏み入れ、うっかりマジレスしてしまったことで
 酷い目に遭い、おかげでこの手のサイトの実体…闇の深さと怖さを実感し、
 「こんな現象をこのままにしておいてはいけない!」と、わたしを奮起させてしまうことに・・・




★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ②
 「皇統保守」を装いながら実は皇室解体へと国民を導く危険なブログ(ツイート)にご注意ください!




★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ③
  「”立て札”事件」を検証する!
 → 皇室批判は無知と無恥からくる憶測と捏造と邪心の産物!




★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ④
  「浅田選手応援ブログ」を装って実は皇室不信を煽るブログにご用心!!

※「真央ファンってこわい・・・」の印象の理由がここに!!



★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態」⑤ 
たとえあなたが反皇室のつもりでなくても、皇室への疑問や不信を少しでも「発信」することは、
「皇室不信の拡散」に協力することになり、「皇室解体」に加担することになります!




★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ⑥
 日本人の崇敬心~  うっかり東宮(外戚)批判を信じて騙されてしまっても、
 両陛下への中傷で目が覚めるのが日本人なのです!




★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実態 ⑦ 
 ”正当な保守言論(擁護派)を封殺するためのテンプレート” 
  これに引っかからないようご用心!!




★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体 ⑧
 ”保守離反のためのテンプレート”その2 
 わたしを「反皇室工作員」だとか「支那・朝鮮反日工作員」として
 「全力でこの反日ブログを拡散する」 そうです。




★本当に怖い「皇統保守を装った皇室批判ブログ」の実態 ⑨
 歴代天皇や皇室を敬愛しているけど
 「もしこれが本当だったら、そんな天皇をわたしは認めない」と思っているあなたへ・・・




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



こうして並べてみると、本当にたくさん(しつこく)書いてきたんだな~と思います。
ほんとうは③くらいで終わるはずだったんですけど、
ツイッターを見てると、いまだしつこくありもしない中傷が繰り返し繰り拡散され続けているうえ、
これらの記事に対しても、明らかにちゃんと本文読んでいないであろう、その一文、一語だけに
反応した言い掛かりとしか思えないコメントがたくさん来て、あまり礼儀のない、といか、意味不明
の口汚いただの罵倒や脅迫コメは完全無視するんですが、分別ありそうな文章においては、その
イチャモンに対してちょっと指摘すると、今度は同じ人なのか別の仲間なのかが反応して、攻撃的
な恫喝体制に入るコメントがたくさん来てうんざりしております。

もちろん、それ全部にはいちいち対応しませんけど、ときどき自分が書いた返信コメントに、けっこう
重要なことが含まれてたり、相手の反論や疑問に答えているうちに、書きながら新しい発見があった
り、自分の考えを整理することができたりして、それをまた別記事にして紹介してるうちに、どんどん
このシリーズが増えていってしまいました。

しかし、これだけたくさん書いてきても、まだ、この問題については解説しきれないところがあります。
各記事、各文にできるだけ補充解説をつけましたが、それでも足りないくらい、この問題を正しく
理解するための基本的認識が多すぎる・・・というか、日本人にその認識・知識が足りな過ぎる・・・
という現実に毎回突き当たります。
そのくらい、この問題は、闇も深いけれど、元々、皇室への認識すべき知識の範囲が深すぎるの
だと思います。

それは、悪い意味だけでなく、
わたしたち日本の皇室の本質的なものであり、その歴史の長さ、伝統の奥深さのためであり、
そして、それに対する日本人の畏敬の念の深さ、分別の深さが、これまでそれほど専門知識
がなくても、誰も愚かな反皇室に惑わされることがなかったためではないかと思います。

それを逆手に取り、敗戦後の戦略政策で、国民に一切の知識を与えず、その無知なところに、
印象的に逆のイメージをせっせと与え続けられたために、今日のような不敬なミスリードに簡単
に引っかかってしまったのではないだろうか・・・と推測します。
ゆえに、
本来、国民がそこまで知る必要がなかった知識であるのに、そんな悪意に満ちた「まやかし」に
負けないために、これまで「無くても大丈夫だった」はずの専門的な知識も必要となってきました。

そのため、わたしのように、
素人が専門知識を必死に勉強して、独自の啓蒙活動をしているのだと思います。


このタイトルシリーズ以外にも、この問題については、とても大事な、参考になる情報が
他にたくさんありますので、次は、それらを紹介したいと思います。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



★日本人が天皇(皇室)のことをあまり知らないのは当然なのです。 ① (2015/11/20)

★日本人が天皇(皇室)のことをあまり知らないのは当然なのです。 ② (2015/11/20)



★「立派な天皇」は国民の鑑である ①

★「立派な天皇」は国民の鑑である ② 



★竹田恒泰 「宮内庁体質の外務省化にもの申す!
 ~わたしたちはどのようにミスリードされ、何を信じるべきなのか?

 ※皇族批判している人たちは、なぜか宮内庁から言質を取って得意に成っている。
  皇室不信の火種は宮内庁発言から! 
  宮内庁の虚偽失言を一切批判しない在日マスコミ。
  今時宮内庁からの情報を都合よく鵜呑みにしているのは反日左翼だけ!




★「天皇陛下は憲法改正に反対だよ?」
 この一言がどれだけ矛盾しているかを理解できないことこそ戦後左翼教育の「成果」なのです。

 反皇室左翼たちは、天皇発言(その一語一句だけ)を政治利用し、
 それをもって皇室不信(天皇不信)を広め、皇室解体への導こうとしているのでご用心!!



★皇室を守るために、わたしたちは、
 不本意ながら己の中に巣食ってしまった共産思考と戦い、今こそ、
 耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶときなのではないでしょうか?




★日本人は「皇室リテラシー」というものをもっと学ぶべき!



★皇室を守るために、日本人が絶対に乗ってはいけないこと! ①

★皇室を守るために、日本人が絶対に乗ってはいけないこと! ②



★「皇室の存在は日本の文化と伝統そのもの」 安倍晋三
※これぞ、日本の伝統を重んじる「日本の総理大臣」です!!



★「東宮批判」は誰のため? 
 竹田恒泰が皇太子殿下(東宮批判)報道について語る!




★他のエセ保守論客はもう黙れ!! 竹田恒泰氏こそが本物の皇室を語れる人物です!
 ~なぜエセ保守論客たちは竹田恒泰氏を敵視し誹謗中傷するのか?




小林よしのり「ウソ・詐欺全集」


★子供たちにぜひ聞いてほしい 日本の話


★ マスコミが教えない ジェンダーフリー(男女平等)思想の正体 ~ まとめ
※「男女差別」「男女平等」という詭弁にもう騙されないで!
 これを本気でやればやるほど現実に社会は荒廃し、国家は弱体化し滅びているのです。




保守論客の重鎮・・・と言われた人ですら、この程度の知識(無知)で皇太子批判している!
皇室批判は「無知」と「無恥」からくる 愚行!!
神武天皇崩御2600年、
皇太子殿下ご念願叶って、ご一家での神武天皇陵御参拝





※こうやって、さりげに反日マスコミたちは、国民感情を反皇室へとミスリードしているのです!※2017.1 追記
※「元号が変わることが ”国民生活に影響を与える” という発想は、
近い将来、「面倒な元号は廃止すべき」という発想につながるので危険!!






【緊急特番】
国民の心得~天皇陛下の「お気持ち」表明を受けて~
|竹田恒泰チャンネル


時間をかけて、一度じっくりお聞きください。




「委員会」に出る前の竹田恒泰氏・・・
[桜H24/1/30]
女性宮家問題と旧皇族復帰について





関連記事
スポンサーサイト
コメント
はじめまして
突然のコメント、失礼致します。
二児の男の子を子育て中の普通の父親でジムと申します。
皇室について調べていたところ、貴ブログにたどり着きました。

本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!!

1~9を読ませて頂いた上でコメントしております。

私も皇室批判を目にしてから皇室不信に染まっていた大バカ者でございます。
嫌韓から保守に目覚め嫌中になり、ようやく最近、日本人として皇室をもっと知らなければと思い、ネットを読みあさっていたところ、皇太子殿下御一家の批判や噂から始まる皇室批判を目にして、まんまと染まってました。
自分のブログに皇太子殿下や雅子殿下の「黒い噂」などを書こうとしたときに、ふと、「これ等は本当のことなんだろうか?」と思ったことがこちらを訪れることができた経緯です。
私は基本的に運命を信じてる(GHQ占領時の昭和天皇のご存在など)ので、天皇にむいてようがむいてなかろうが、日本の神々に唾はくような存在だろうが、良くも悪くもそれが運命だと思っているので、割りと簡単に皇室不信から抜け出せたのかも知れません。
あ、いや、正直なところまだ抜け出せきってないかも知れません。

貴ブログをはじめ、もっともっと勉強していく所存です。
とりあえずこちらのブログを隅々まで読ませていただきます。

長文駄文失礼しました。
2017/01/18(水) 20:21 | URL | ジム #-[ 編集]
Re: はじめまして
ジムさま、コメントありがとうございます。
わたしの記事がお役に立てて心からうれしく思います。
また、そのことをお知らせくださったことにもうれしく思います。

わたしのブログは元はうさぎの趣味ブログだったんですが、
気になることを書いているうちに、いつの間にかこんなブログになってしまい、
最近は特に、あんな危険なものと敵対してこんなことを熱心に書いているおかげで、
かなりの嫌がらせコメント(攻撃)もやってきます。
しかし、中には貴殿のように、
ここに来てやっとモヤモヤしたものが解消された…と言う旨のコメントも多くいただくと
本当にほっとします。
しかし、そういう方はよく鍵コメで下さる方が多いです。
というのは、わたしのように、うっかりその問題(暗黒)ブログで「意見して」しまったために、
予想だにしない猛攻撃、恐怖の囲い込み総攻撃を受け、
口汚い脅迫や、逆売国奴(在日)認定などを受け、相当怖ろしい目にあった方は
とても警戒していらっしゃいます。
その気持ちはわたしも痛いほど解ります。見事それを経験してきましたから。
それで目が覚めたようなものですが、
その経験を活かして、彼らの異常性を徹底的に解明してやろうと書いているうちに
こうなってしまいました。
おかしな言い掛かり攻撃コメントを見ると、
明らかにここは特定の人たちから目を付けられているのですが、
おかしなことに、そういう方が
ここの記事をわざわざ「皇室批判してる場」で紹介してくださっているらしいので、
それを読んだ方がここへきて、その批判のおかしさに気づいてくれる・・・
という不思議な現象が起きているようです。
どちらにしてもうれしいことです。
ツイッターでも正しい皇室リテラシー普及活動(今、勝手に名づけた)をしていますが、
ツイッターの字数制限ではなかなか本意のすべてを語るのが難しいのですが、
そこは、昔取った杵柄で、
この記事を紹介することで言葉の足りない部分を補てんできるため重宝しています。
ジムさまのように、皇室批判の異常性に気づき、それをきっかけに、
さらに、日本人が失ってきた皇室への崇敬心や
皇室を語る際のリテラシーを取り戻していただく一助となれば幸いです。
ご意見ありがとうございました。m(_ _)m

2017/01/19(木) 22:18 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示