ひだまり    今は古事記に夢中! そこまで言って委員会NP 2016.12.25 2016年総決算「名言・暴言 大賞」&未公開トーク解禁SP!!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

そこまで言って委員会NP 2016.12.25 2016年総決算「名言・暴言 大賞」&未公開トーク解禁SP!!




そこまで言って委員会NP 2016.12.25
2016年総決算「名言・暴言 大賞」&未公開トーク解禁SP!!


議   長  辛坊治郎  副議長 :渡辺真理
パネリスト  桂ざこば、長谷川幸洋、須田慎一郎、竹田恒泰、加藤清隆、井上和彦、宮家邦彦、田嶋陽子



https://www.youtube.com/watch?v=C5CEDADACBY




※動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます!

※※最近、すぐ動画が消されてしまうので、すぐ見てね!!






たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/iinkai/


はい。今回も、番組HPでは、竹田恒泰氏の名前が最後になってました・・・
おかしいだろう? この顔ぶれで竹田氏が一番最後って!! 
・・・と思い、また勝手に順番を妥当なものに変えました。
本当は、こう! ↓ (番組HP順)
田嶋陽子、 桂ざこば、 加藤清隆、 長谷川幸洋 宮家邦彦、 須田慎一郎、 井上和彦、 竹田恒泰
あら!! ついに、井上さんまでラス前に!! 
嫌われっぷりがそのまま順番に出てる・・・
つまり、反日マスコミにとって都合の悪い人物認定順・・・ってことですね。
だから田嶋さんが堂々の一番、先頭ってわけです。

ホント、モロ感情的、幼稚なくらい解りやすい! (恥知らず!)

もう、毎回のことなので、
テーマタイトルとレギュラー出演者の順番の「妙」については前の記事で復習してね!


しかし、あらためて見たら、
年末の総集編で、かつてこれほどまで面白くないのも珍しい!!
ま~~聞いてて、今回ほど「時間の無駄!!」と思ったものはない。

そのくらい、もう制作サイドには、かつてのような情熱も気概も無いってことでしょう。

それでも、この番組は数少ない保守論客の発言の場…
なくなったら困るけど・・・ ね。

それから、気になった一点だけ。
ツイッターでいろいろつぶやいたので、そのまま添付します。


たまたま聞いていた娘も不思議がってました。
「なんでこの人(高森氏の名前も知らない)嘘を言い続けてるの?」
「なんでその場で”違う”と訂正入ってるのに、最後まで嘘(自論)を言い続けさせてもらえるの?」
って。

左つばさのあの馬鹿らしい判定といい、
結局、「所詮はマスコミ」 なんですよね。

高森氏は反日の反皇室のマスコミを味方に付けてるから、
嘘なのに、間違いなのに「取り上げ」られ、「言い続け」られる・・・。

かたや、竹田氏は、正しいことを言っているのに、正統なことを言っているのに、
話し途中で司会者からも遮られ、腰を折られ、「被せ」られ、
挙句、
要旨も結論も言っていない(言わせてもらえない)うちに、
たまたま言った「言葉尻」を切り取られて、屁理屈、難癖で攻撃されて終わる(話題を変えられる)・・・

本当の保守派にとっては、テレビに出させてもらうために、
「これは言ってはダメ」「これはタブー」・・・と、言えないこと、暗黙のルール(縛り)がたくさんあるのに、
反日左翼や保守の皮をかぶった打倒皇室派の意見は
何の規制もなく 言いたい放題!!

そこまでされたら誰だってブチ切れるだろう・・・ってことされた挙句、
竹田氏がちょっとでも声を荒げたり、怒りを出すと、そこだけ強調して、
『皇族芸人』とか『無知』だとか『ただの感情論』だとか、
事実と違うレッテル(アンチ・テンプレート)だけ一人歩きさせる・・・

でも、まともな日本人だったら、聞いてればどっちがおかしいか判るはず。

高森氏は、「自論の根拠」を何も説明できない。
いつだって。 何だって。
竹田氏を対立してから、まともな論拠も、論証も示したことが無い。
それどころか、言えば言うほど、声を荒げれば荒げるほど、
「お前こそただの感情論、ただの無知だろっ!!」
ってことが露呈するだけ!

自分がただ繰り返し叫んでいること、

なぜ、男系伝統を「貫いてはいけない」のか?
なぜ、本来の血統保持者の旧皇族を「活用することさえ許さない」のか?


そんなの、聞いても答えられるわけないでしょう。

蓮舫が安倍政権を叩くのと同じ。
韓国が日本を叩くのと同じ。
根拠はない。

ただ日本潰しがしたいだけ。
ただ、竹田氏(男系継承)を潰したいだけ。







★これを機に、旧皇族や宮家ついての『本当のこと』を知ってください。

どんな「立派な家」でも、どんな「伝統」を守る名門の家でも、
「男子が生まれなかったから断絶する」家なんてありますか?

男子が生まれなかったら、娘婿を取る・・・
子供が生まれなかったら養子を取る・・・
などして、なんとか「家」をつないで行くでしょう。

それができるのは、
そんな「裏ワザ」が許されるのは、
どんな名門であろうと、どんな家柄だろうと、所詮は「庶民」だからです。

では、旧皇族とは、旧宮家とは何なのでしょう?

「男子が生まれなかったら続けていく価値がなくなる家」
とは、何なのでしょう?

だから、それが「宮家」です。
「旧皇族」は、今でも立派な「宮家」なんです。

宮家だから、
「男系皇統を守るための家」だから、
それが出来なくなったとき、役目を終えたのです。

「宮家」として存続する意味を失ったのです。

「もう、自分らは皇族じゃないんだから、ただの平民なんだから、
男子が生まれなくたって、
男系なんか無視して、女子でも養子でも、ただ家督を継げばいいじゃないか」

とはならなかったのです。

ぜんぜん、まったく、
わたしたち普通の庶民とは、意識も、覚悟も違う
別次元の家 なのです。


すでになくなった家(宮家)があるように、
今後、この先、一人も男子が生まれなかったら、竹田家も断絶するのです。

逆にいえば、
男子が生まれ続けている以上、
旧宮家の「宮家としての役目(義務)」は永遠に続くのです。
「皇統を守るための血の伴走者」として。

それが、竹田家をはじめとする現存する「旧宮家」なのです。


・・・・高森氏は、それを「知らない」だけ。

または、
それを知ってるけど、

日本の、皇室の、
旧皇族の正当性、正統性を、そのすごさを知ってるけど、

口惜しくて、くやしくて、
それを「認めたくない」だけ。







まさにこれ!
二千年かけて「これしかない」ことを実証してきた
先人達の知恵の集大成である「旧皇室典範」こそ
皇室の戻る道であり、本当の「日本の進む道」です!


それ以外の道を取るということは、
日本のように続かなかった「失敗した王国に倣う」ということ。
「亡国の道を突き進む」ということです。



★そこまで言って委員会NP 2016.9.4 高森氏が所側(朝敵)に確定した日・・・


★「憲法は”言葉通り”に読んではダメ!!」~本当に陛下を貶めているのは誰なのか?

本当に「陛下の大御心」を無視し否定・愚弄しているのは、
陛下が苦心してあえて「玉虫色」にした部分のモザイクを暴き、
勝手に御気持ちを解釈して断定し、
それをわざわざ政治利用している 所氏や高森氏ら!!

憲法の「言葉」を利用して譲位の特措法を否定する愚行!
憲法は「言葉」通りに読むと誤解と誤誘導(反日)の元!!
憲法の読み方も知らない ド素人は黙っとけ!!






またじっくり見てから、思うところあったら追記します。  m(_ _)m



※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html

(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)







こちらも ぜひ、お読みください。

★『笑えるほどたちの悪い沖縄の新聞』・・・の異常さは、異常!! 

★再 ・ 「立派な天皇は国民の鏡である」

★【虎の門ニュース】と百田尚樹・石 平氏に抗議した毎日新聞が
 巨大ブーメランをくらって【毎日変態記事問題】まで暴露される!!


★映画『海賊と呼ばれた男』公開
 戦後の復興を支えた日本人の生き様を描く超大作
 
 ※まだ原作を読んでいたい方のために、参考動画を追記しました。


★最近ツイッターでつぶやいたこと・・・  「ディズニー」と「小公女セーラ」 
※子供に見せたいアニメ。子供の見せたくないアニメ。 子供たちへの愛のメッセージはどっち?


★そこまで言って委員会NP 2016.9.4 高森氏が所側(朝敵)に確定した日

★本当に怖い「皇統保守を装った反皇室ブログ」の実体!! ~まとめ~

★なぜ女系派(男系断絶派)は、
 「旧皇族の復帰」という言葉を使って「旧皇族(男系血統)の活用」を阻止しようとするのか?




そのワクチン、本当に必要なのか? 自分で考えたことありますか?







関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
竹田VS高森

この部分は僕も気分が悪くなりますが 我慢して何度も観ています。

ここの最後で辛坊さんが
”整合性があるように思えるが、違和感がある”と言ってましたね。
実に重要な指摘なんです。
BBのブログもそうでしょ。似非保守の論理には必ず違和感があるんですよ。







2016/12/27(火) 01:06 | URL | ユリ助 #halAVcVc[ 編集]
Re: No title
ユリ助さん、コメントありがとうございます。

> 竹田VS高森
> この部分は僕も気分が悪くなりますが 我慢して何度も観ています。

ほんとうに、あのやりとりを聞くと具合が悪くなるという方もいました。
蓮舫の言い分を聞いてる時と同じくらいの気分の悪さ、禍々しさを感じます。
でも、それをあえて我慢して何度も聞いてるユリ助さんはエライ!
頭が下がります。m(_ _)m
共産左翼や在日の手法って、はっきり言ってわれわれ日本人には本当に
まともに対峙すると具合が悪くなるくらい気分の悪いことですよね。
でも、そう言って避けてるだけでは解決しないし、むしろ、それこそが
向こうの手なのかもしれないので、われわれはそれに怯まずしっかり対峙し、
その誤りや過ちをはっきり示していかなければなりません。

いつも的確なご意見ありがとうございます。
2016/12/30(金) 17:56 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示