ひだまり    今は古事記に夢中! 日本叩きしていたマスコミが、なぜ今こんな 「日本ヨイショ」ブーム?

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

日本叩きしていたマスコミが、なぜ今こんな 「日本ヨイショ」ブーム?


日本人の9割超 「日本が好き」 
…が不都合なはずのマスコミが、なぜ「日本ヨイショ」ブーム?

http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-2831.html ~より抜粋転載(少し加筆校正)



「マスコミが反日だっていうけど、へんだよね?
最近テレビでは「すごい日本」っていう 日本ヨイショ番組ばっかり
やってるじゃないか!」


・・・って言う人がいるけど、
本当にあれが、ただの「日本ヨイショ番組」だと思ってる?

違うよ!

あれらの「ヨイショ番組」の作りをよ~く見ててごらん?

ホントに「日本礼賛」ばっかり? 
ホントに「日本大好き」ばっかり?

違うでしょ?

もし、そうとしか受け取れなかったとしたら、あなたはまだ
テレビを無防備に信じすぎ。

「褒め殺し」って言葉があるけど、
それは、けっして「相手を褒めること自体が目的じゃない」ってことでしょ?
それと同じで、
あれは、一見、ヨイショを全面に出してるけど、
中身は、マスコミの本当の目的は、
日本人を気持ちよくしておいて、
その隙に、しっかりと
あるイメージをインプットしてるんです。


(サブリミナル効果=「気持ちいい」状態にして ある印象を植え付けると潜在意識に残りやすい)


たとえば、国際結婚 はすばらしい!」
たとえば、「外国人はこんなに日本に友好的(外人(在日)を疑うな!)」
たとえば、
「こんなに日本を愛してる外国人に、日本人は冷たくしていいの?
(差別はダメよ!)


「日本はもっと”外国人に優しい国”にならなくちゃ!!」
「日本はもっと”外国人にとって住みいい国”にならなくちゃ!!」
「日本人はもっとためらわず混血を進めなきゃ!!」


・・・・っていうことを せっせと インプット してるんです。

それをただボ~っと見てるには、心地良い「ヨイショ」要素に感心したり、感動したり、
何気なく「気持ちよく」見てるだけだけど、
そんな洗脳シグナル
何度も何度も、あっちからこっちからインプットされ続けると・・・? 

誰に、何に有利になると思う?

それは、言わずと知れた大量移民ですよ。

そのためのメッセージなんですよ。

『もっと外国人に優しい国づくりをしましょう!!』
  ↓ (本音)  ↓
「日本人のための国なんか要らない!!」 
 
ってこと。

だって、「日本人にとって住みいい国」は、「在日にとって住みにくい国」だから。

その証拠に、しょっちゅうやってるでしょ?
「在日を差別するな~」
「弱い者(働かない在日)にもっと優しくしろ!」
「日本の古い習慣はもうやめよう!!」・・・ってね。


でも、頭から、「ああしろ!!」「こうしろ!!」「日本人は外国人の奴隷になれ!!」
・・・って言ったら反感買うだけだから、
日本人の習性や心理をよ~く理解している在日は、
「馬鹿な日本人はこういう言い方に弱い」って知ってるから、
「はこう言えばすぐに警戒心を解いて騙される」って知ってるから、
だからこその「日本ヨイショ」なんです。
それを「利用」してるんです。



さらに、
人のいい日本人は、
戦後、ずっと「反省しろ」「自粛しろ」「頭を上げるな」ってやられてきたから、
急に「すごいね!」「素晴らしい!」って褒められ続けると、そりゃあ悪い気はしないから、
それで人のいい日本人は
「わたしたちはこんなに恵まれていて、こんなに優れているんだから、
困ってる人たちにもっと親切にするのは当然だよね・・・・」
って思っちゃう!
情報弱者ほどね。

急にブームになったマスコミの「日本ヨイショ番組」。
あれらはすべて、そういう意味で、
在日(外国人)のために「日本人を躾け直す」ための番組
だと思うと解り易い。

日本人だけが理解(共有)できる独自の価値観や、
日本人だけが実行できる独特の習慣やしきたり(マナー)などは、
日本が嫌いな外国人にとっては邪魔なだけ!!


だから、
「日本のやり方を押し付けるのは差別だ」って、
「外国人はこんな日本の対応に困っている(悲しんでいる)」とやたらPRするんですよ。

迫りくる「大量移民政策」を推し進めるために。

だって、ほら!!中国も、韓国も、国がもう・・・ね?
もう、いろんな意味で「住んでらんねえ」って感じでしょ?
だから、賢いやつはもう考えてるんですよ。「移民(移住)」を。

昔はアメリカとかオーストラリアなどが人気だったけど、
もうそこもいっぱいだし、それに、すでに、むこうで「うんざり」されてるから、
やっぱりいざとなったら、緊急に必要なのは、「やさしい日本」なんです。
だから、
日本の門戸は広ければ広いほどいい!! わけです。


 「移民政策は安倍政権が推し進めてることで、マスコミは反対してたんじゃ? って?
違うよ。
マスコミは「移民に反対」しているんじゃなくて、ただ「安倍批判」してるだけだよ。

正しかろうが、間違ってようが、マスコミは何でも安倍叩きです。
それが社是だって自ら言ってるんだから。

安倍さんが正しい政策をすれば、中国様が困るから叩く。
安倍さんが間違ったことをしても、「ほらね!」と言って喜んで叩く。

間違ってるとか正しいとか、そんなのは「安倍叩き」にとって関係ないんです。
叩ければいいだけ。 
引きずり降ろせればいいだけ。それがマスコミの仕事だから。

だから、マスコミが
「安倍は大量移民を推進しようとしている!やはり安倍は売国奴だ!」
ってやってたとしても、それは「安倍叩き」できるからやってるだけであって、
けっして、マスコミが「移民に反対」な訳ではありません。

そこ、気をつけましょうね。


つまり、

世界の流れとして、
今問題の「在日」だけじゃなく、
もうすぐ日本には、あらゆる国の外国人が
「労働者」という名の大量移民として押し寄せてくる
(かもしれない) のです。
( ↑ そうなったら困るからね)

なんでトランプ大統領が、あんなにもマスコミから叩かれているのか?
それは「移民に厳しい」からです。

別にわたしはトランプ支持者って訳じゃないけど、
それにしても、あのマスコミのトランプ叩きは、あの叩き方は異常です。
だって、叩く理由がおかしいんですもの。

「自国が一番」なんて、普通のこと。そう思うのは当たり前のことです。
「移民が迷惑」なんて、普通のこと。そう思うのは今や当たり前のことです。


どの国より移民に門戸を開き、移民に寛容だった国、
それがアメリカです。

だからこそ、
アメリカは移民の弊害も実害も知ってるし、辟易しているのです。


もし、そうじゃなかったら、トランプが当選するなんてことはなかったはず!

マスコミは、そんなトランプが当選したら困るから
「トランプの当選はありえない」って
「トランプ支持者は異常だ」って散々下げてたわけです。

でも、どんなに下げても、どんなに否定しても、結局、トランプの魅力には勝てなかった・・・
それが、アメリカの真実。 それがアメリカの病巣。

溜まりに溜まった「アメリカの膿」を、
うんざりしていた「厄介なお荷物」を、
「このトランプなら吐き出せるかもしれない・・・」という期待があの投票結果に表れたのでは?

だからこそ、

それでは不都合なマスコミが、
それを否定したいマスコミが、

「移民政策(日本乗っ取り計画)」を邪魔されたくない在日・売国奴が、
トランプの政策を必死に(ミソクソに)下げ、
そんなトランプと握手しようとする安倍総理を必死に叩くわけです。


これまで国民には必死に隠してきたのに、
今や名実共に世界で信頼と実力をほしいままにしている安倍総理が、
そんなトランプを「上手く乗りこなしていく」ことに怯えている


・・・としかわたしには見えません。

だって連日やってるトランプ叩きの「理由」を聞いてると、
まるで小学生でもわかるような、
無地の人たちの心にすんなりと染み込みやすい、
あまりにも馴染みやすい(手垢のついた)表現(洗脳ワード)ばっかり! 
ではないですか?

(ああ~、わたしはかつて、こんなのに騙されてたんだ~~ ってやつ)


だから、マスコミは、必死なんですよ。

トランプ流が成功されては困るから。
世界中にいる「在日」の同胞たちは、トランプ旋風で息の根を止められそうだから。
トランプの余波で、
日本人が「移民」に対してまで、
「慰安婦像」へのような拒絶を示されたら困るから。


だから、
中国にとっても、在日にとっても不都合なトランプ旋風は完全否定されなければならないし、
そのトランプ(アメリカ)と上手く渡り合っていけそうな威風堂々な安倍総理を叩かなければならない
のです。

(マスコミが「腰抜け!」とか「日和見!」とか言って叩くときは、そのだと思っていい。
 実はその逆だから、それだとまずいから、「そうあってほしい願望」で叩くんです。)


在日マスコミは、
中国の下僕左翼議員たちは、
日本を破滅させるために、日本を乗っ取るために、
日本に「移民の門」を開いてもらわなければならないのです。


そのとき、
少しでも日本人が外国人に拒否感を覚えないよう、
日本人がこれまでの固い考えを変えて
どんどん移民を受け入れてくれるよう、
どんどん在日の帰化を受け入れてくれるよう、

そして、
外国人や帰化人が日本で不自由を感じないよう、
日本人の習慣や価値観を曲げて外国人に合わせてくれるよう
そして、
日本人が何の違和感なく、
外国人とどんどん結婚して 混血してくれるよう 仕向けてるのです。


欧米ですでに実行してるように、
ゆくゆく、
生粋の日本人なんかいなくなるように ね、



それが、反日マスコミ流の「日本礼賛ブーム」なんです。



<追記>

※あ、「日本ヨイショ」の部分は事実です!
「日本はこんなに素晴らしい!」「日本人はこんなにすごいんです!」
って部分に嘘はないです。

それは疑う必要ないんです。 
そこだけは本当のことですから。


最近は、
自分らで日本上げしといてそれを叩く…っていう、
いかにも「火の無い所に煙を立てるマスコミ」らしいことも始めたけどね!

だから、今度は、
急に「日本ヨイショ番組が多すぎ!」とか、
「日本ヨイショが気持ち悪い」とかいう「声」がいっぱい出てきた。
わたしは、そこまでがセットだったんだと思う。
その【日本ヨイショ叩き】までがマスコミの本当の目的だったんじゃないか? 
と思っている。

まだまだ戦後の「呪縛」から完全に抜けてない日本人にとって、
そっちの方が共感しやすく、なぜだか「落ち着く」のではないでしょうか?

最初はうれしくても、なんだかここまでされるとだんだんムズムズと居心地悪くなってくる・・・
そんなタイミングを見計らって、すかさず、
「これへんじゃない?」「やりすぎ!」「気持ち悪い!」っていう「声」を上げる。
すると、「やっぱりそうだよね?」
「あんまり本気にしたらダメだよね?」って、
また自虐観を取り戻そうとしてしまう。

「ほら~、やっぱり日本人は自分を自慢しちゃだめだよ」
っていう、「日本を輝かせないための呪縛」に再度かかってしまう。

一回解放されかけたことを再度「やっぱりダメ!」って止められると、
今度はさらに強い「警戒心」を植え付けることができる。

「ずっと閉じこもってて窮屈だったから、ちょっと外に出てみようかな、
と思ったら、とんでもない目に遭ったから、もう二度と外へ出ようなんて思わない!」

みたいな心理かな?





だから、
見てもいいけど、常に冷静に、常に客観的に、
とくに子供たちには、
要所要所、ちゃんと、おかしいことは「おかしい」と、ダメなものは「ダメだ」と
釘をささないと危険です。

「テレビって、ほんと、嘘ばっかしだね~」
って言って育ててちょうどいい。



だからわたしは、誤解を怖れず娘にこう言いました。

「世間が何と言おうと、世の中がどう変わろうと、
わたしの目の黒いうちは、ぜったいに外国人との結婚は禁止!!」


ってね。

それは偏見でも差別でもありません。
そのくらいの意識でちょうどいいんです。


日本を守るためには。
子らの未来を守るためには。









だから、間違えないで。

「欧米の価値観」や「左翼の嘘」に騙されないで!


日本は日本人のためにある。

日本が素晴らしいのは、それが日本人の国だから。


日本が好きなら日の丸を挙げよう!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







★日本が「いい国」なのは、日本が「日本人の国」だから!


NEW★日本人が誇りを取り戻すと、よっぽど困る人たちがいるらしい。


★左翼新聞が必死に鎮火を図る <日本礼賛本>ブーム!! 


★竹田研究会入門 ③ 「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか?」


★」なぜ日本人は「日本人らしさ」を失わずにこれたのか?


★「子供の日」に考える ~
 わたしたち大人が次世代に残さねばならない最も大切なもの、それは、
 ”天皇を仰げる日本” を子らに残すことである。



★韓国のネット住民はよく 「日本はストレス社会で生きにくい」って言うけど、違うよ!
 でも…教えない方がいいよね?





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示