ひだまり    今は古事記に夢中! 毎日湯船に浸かって親子でスキンシップできる「お風呂文化」は日本人の宝!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

毎日湯船に浸かって親子でスキンシップできる「お風呂文化」は日本人の宝!



【「親子で入浴」に異議】武田久美子「米国なら通報される」
http://jacklog.doorblog.jp/archives/50754567.html

は?

女性セブン読者330人に、子育てに関するアンケートを取った。
「一緒の入浴はいつまで?」の結果は、「小3まで」が22.4%で1位。
2位は「小4まで」16.4%、3位は「幼稚園・保育園卒園まで」で12.7%となった。
年長~中学入学までの間に「一緒に入浴」をやめる親は全体の7割。
「いつまででも入りたい」という親の内訳では、女の子を持つ母親が多く1割以上はいた。

 
アメリカ・カルフォルニア州でフィギュアスケートに夢中の一人娘(14才)と2人で暮らす、
女優・タレント武田久美子さんは、「アメリカでは、子供と入浴なんて聞いたことありません」と語り、
次のように続けた。
 * * *
 アメリカでは1才の子供だろうと独立した人間として早く自立させる傾向にあって、
一緒の湯船に入るのも同じ部屋で寝るのも赤ちゃんの時まで。
特に子供が異性の場合、中学生になっても一緒に入浴していたら、通報されかねません。

うちでは、幼稚園に入る頃には、同じ湯船に入ることはなかったですね。
髪の毛を洗うなどの手伝いは小3くらいまでしていましたが。
娘は今、14才で思春期の真っ盛り。自分の世界ができてきて、夜は自室でお友達とテレビ電話に夢中。
学校行事にも「来るな」です(笑い)。
振り返ってみれば私もそうでしたから、あまり干渉しないようにしています。
もちろん門限は厳守させますけどね。
幸い娘はずっと、スケートに夢中だし勉強もしているので、特に心配していません。
元気でいてくれれば充分です。

部屋の掃除は見るに見かねてついやってしまいますが、それも18才で大学の寮に入るまでと言って
あります。それを機に、娘はより自由になり、私は早朝の送迎から解放されて、自分のやりたいことが
できる(笑い)。

寂しくないか? いいえ、親子ともにその日が待ち遠しいねって話しています。

※女性セブン2017年3月9日号


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


<この記事についたコメント> 抜粋転載~


西洋価値観の輸入もうお腹いっぱい


ここは日本です


ここアメリカじゃないから


いい加減アメリカの価値観で語るの辞めないかなぁ


アメリカで「日本なら通報されない」って言ってくれば?


アメリカの方がよっぽど狂ってると思う


だったらお前はライフルも日本で買えるようにしろというのか!!
バカも休み休み言え!!


幼少期のスキンシップによって前頭葉が発達し、
理性のコントロールが出来るようになるのが人間って生き物なんだそうな。
そういわれてみるとアメリカ人って理性的ではない人が多いな。



親子がお風呂で毎日スキンシップもできない可哀想な国が何だって?
そんなんだから殺伐としてるんだよ。
日本では市民が銃持ってたら通報されるますけど?

ああ、平和な日本人で良かった!!



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。







※開いて読んでね! 
言いたいことは皆これら  の記事の中に!


★「テルマエ・ロマエ」~お風呂の文化はすてきだ!!その3
毎日湯船に浸かるお風呂文化は日本の宝だ!!

★児童ポルノ法~ 日本人のスキンシップが奪われる日


★日本の入浴文化と外国人のマナー 3 外国人に日本で学んでほいしこと


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示