ひだまり    今は古事記に夢中! 家族法の破壊は日本の伝統文化の破壊であり、皇室伝統(国体)の破壊。

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

家族法の破壊は日本の伝統文化の破壊であり、皇室伝統(国体)の破壊。


今日の「委員会」は 酷かった。

なので、

これだけは絶対に言っておきたい、
日本人のみなさんに、
これだけは絶対に理解して肝に銘じてもらいたいことを
ツイッターに書きだしたことをつなげてみました。










「委員会」メンバーでさえ、しょせんはこの程度さ。

だから、マスコミで重用されてる人は最後まで信用できない。















世界で最も安定した日本社会の礎となっている家族法が、いかに大切で貴重なものか。
浅はかな反日左翼の口車に乗ってそれを失うことが、どれだけ危険で怖ろしいことか。
日本を弱体化しようとしたGHQが真っ先にそれを破壊しようとしていたことを、
左翼がそれを踏襲していることを、日本人は知らない。

家族法は、二千年来の歴史に培われ、
紆余曲折、取捨選択、時代の価値観に合わせて考えに考え抜かれて、
最終的に「これだけは守るべき」
「どんな時代であっても変えてはならない」大事なものが担保されている。

国家の繁栄や日本人の幸せにとって必要不可欠なものの集大成。
だから敵国・左翼はそれを壊しに来るんです。






日本の家族法に対して「時代遅れ」と言っているのも同じことです。
左翼は寄ってたかって日本の伝統文化を壊そうとするが、
本当に理解すれば、日本ほど進んだ国はないものを。
はっきり言って欧米の方がずっと遅れている。
日本は早くに気づきすぎただけ。

「日本の貴重な民族性を家族法が守っている(から破壊しちゃダメ!」
…って書くと、すぐ左翼が
「今の家族法なんて、たった数十年か百年前に作られたものであって、
長い歴史を持つ日本の民族性からいって全然関係ない。(はい論破!)」
って噛みついてくるけど、それ二重に間違ってるから!















「欠損家庭の子供が可哀想だから…」という理由で、
「欠損家庭」に倣って、「母の日」の行事をなくしたり、「子供の日」の行事をなくしたり、
なぜ普通の家庭の子供まで家族の絆を確認する体験を奪われなければならないのか?
今の教育は間違ってる。
まるで「ジェンダーフリー」教育のように捻じ曲がってる。










関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示