ひだまり    今は古事記に夢中! 痛烈!痛快!百田尚樹氏『朝生』を語る!! 「あんなところ二度と出ない!」

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

痛烈!痛快!百田尚樹氏『朝生』を語る!! 「あんなところ二度と出ない!」


痛烈!痛快!!
百田尚樹氏『朝生』を語る!!

「田原総一郎は、一対一の時と、
仲間(左翼)と一緒の時と態度を変える卑怯者!」
「小林よしのりは気持ち悪い!人として態度がおかしい」
「意見が違うというだけで楽屋で(討論外で)怒鳴りつけ、
討論中ずっと睨み続ける不気味な大学教授」 
「もう、あんなところ二度と出ない!!」












(虎の門ニュース 2017.5.30 フル)





朝まで生テレビ 5月27日 




百田氏が怒り心頭になるのは当然です。
こっちも見てて、本当に「気持ち悪い」ですもん!!
あれは、「左翼や共産主義者たちが聞いて気持ちいいモノ」に過ぎません。
議論でも討論でも何でもない。
下世話な表現をすると、あれは所詮、
『左翼が●●ターべーしょんするための番組』 と言っても過言じゃないでしょう。

でも、これまで竹田恒泰氏が出るたびに毎回煮え湯を飲まされてきましたが、
今回の百田氏のぶちまけは 痛快!!でしたね~

だって、竹田氏は他の番組(自分のニコ生放送や「委員会」など)とは違って、
あの番組に合わせた放送コードをきちんと守り、(百田氏も守っていたんだと思いますよ)
そのせいで、左翼の言いたい放題、”卑怯な”司会者のやりたい放題の「不法地帯」の中で、
竹田氏のような「日本人として真っ当な当たり前な正論」は、ことごとく邪魔され、排除され、
それどころか、百田氏が言ったように不当に「愚弄され」「誹謗され」ていました。
だから、あそこは「おかしい」「気持ち悪い」のです。
当然、竹田氏もそれを批判していましたが、この百田氏ほど痛烈で痛快な「物言い」では
なかったので、こっちもやっと溜飲を下げることができました。

ところで、百田氏が言っていた
「討論の場でもないのに、楽屋でいきなり、自分と意見が違うというだけで絡んできて、
いきなり怒鳴り、こっちの意見をきちんと聞かずに一方的に否定してきて、
しかも、その理不尽さを糺そうとすると(自分が不利になりそうになると)
「論点をずらすな」という「捨て台詞」を吐いて逃げる・・・・
あれ? これって・・・ 
百田氏の時は違う人みたいだけど、このパターンって、かつて竹田氏もバッチリ体験してますよね?
そう、あの「所功」ですよ。

これこれ。
(件の話は、記事の中盤あたりの色分けした部分です)

ね?まんま、いっしょでしょ?
つまり、
「女性宮家」を推すようなエセ保守や、エセ識者(学者)なんていうのは、みんな同じってこと!
おそらく、元を糺せば、きっと同じ師匠や同じ組織に辿り着くのでは?
送り出された場所や地位は違っても、
同じ目的のために、同じ薫陶を受けてるから、同じ「異常な態度」を取るのでしょうね。
それが、今回の百田氏のぶちまけのおかげで、はっきりしました。

だから、小林よしのりも、所功も、高森明勅も、
それから、新参者の「三浦瑠璃」なども、
他では(差し障りのない分野においては)一見まともなことを言って支持者を付けながら、
一旦、皇室解体に利する案件(自分たちのミッション)で、本気で皇室を守ろうとする
本物の保守に関わった途端、
同じように「人を見下したような上から目線」で、
同じように「論理破綻しててもものともしない図太さ」で、
同じように「人として態度が気持ち悪い」のでしょう!

ほんと、解り易いですよね?

でも、これほど、ハッキリ、明解に腑に落ちたのは、百田さんがキレてくれたおかげです。
さすがの竹田氏もここまでは言えなかったことを、全部ぶちまけてくれたおかげです。

(ん? そうしてみると竹田氏の方が大人だった?)




その他参考記事


あのドヤ顔で上から目線のトンデモ論法は、小林よしのりや高森明勅らと全く同じです。
まさに「女版・小林よしのり」と言っていい。
金慶珠とのバトルでチヤホヤされてたのはただの「保守派ホイホイ」(保守を騙すため)。
あの森友学園籠池が「教育勅語」を利用したのと同じようなものです。


これも酷かった!!!!
★「朝まで生テレビ」(マスコミ)の言論は「亡国」へのミスリード!!(天皇譲位問題)


これも酷かった・・・・・
★竹田恒泰VS小林よしのり ~ 激論!クロスファイア 2017年5月6日




誰が本物の保守で、誰が「胡散臭い」のか、これで明白!!
どんなに小林よしのりらが「今はただの庶民」だと罵っても、現実、実際、
事実上、「だまれ!!平民!!」と言える立場にある竹田氏!
誰も追及(確認)できない「陛下の御意志(左翼の嘘)」をマジで確かめられるのは
「旧皇族」の竹田恒泰氏だけ!!

★竹田恒泰氏がもし表に出てきてくれてなかったら・・・と思うとゾッとした話  


★「女性宮家」は絶対にダメ!!
 眞子内親王の結婚を機に国民が考えるべき大事なこと


★共産党の本音~結党当初から今もこれからも 「天皇制の打倒が目標」!



愛子天皇を目論む、左翼・田原総一朗
【悠仁親王殿下は事故で死亡】のテロ予告!












本当に怖い「皇統保守を装った皇室批判ブログ」の実体!! ~まとめ~



関連記事
スポンサーサイト
コメント
左翼にとって本丸は皇室問題
うさんぽ様、お久し振りです。
かな~り以前に、一度だけコメント欄に書き込ませて頂いた者です。
(思い出せずとも、どうかお気になさらずに(^^;)

その頃はまだアイヌ問題に専従していなかったのですが、
実は私、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系日本人なんです。
父方の曾祖母が一人、アイヌだったんです。

で、保守活動において、
最も自分を有効に使えそうなのがアイヌ問題なので、
現在そこに専念しているのですが、ずっと小林氏に関しては「?」でした。

早い話、私は小林よしのり氏とは、
アイヌ問題以外では何一つ、意見が合いません(笑)
皇統護持に関しては元より、SAPIOにおける安倍叩きも酷い。
うさんぽ様のこの一文で、やっと思考の整理が完了しました。

>だから、小林よしのりも、所功も、高森明勅も、
>それから、新参者の「三浦瑠璃」なども、
>他では(差し障りのない分野においては)
>一見まともなことを言って支持者を付けながら、


小林よしのり氏はアイヌ問題において
出版界に突破口を開いて下さった方なんです。
その意味では確かに恩人なのですが、ずっと腑に落ちませんでした。

アイヌ問題なんて、所詮は慰安婦問題と同じなんですよ。
海外では、白人の米大陸での侵略行為のように語られていますが、
彼等はジャパン・ディスカウントの一環として使い道があるから
生かされているだけで、実はいつ切られてもおかしくないフロント要員。
(たかだかフロントに苦労する私は何なのかって話ですが)

日本人なら、御皇室に傷を付けるなど夢にも思わない蛮行ですが、
だからこそ、左翼にとっては本丸であり、何としても落としたい。

小林氏が騙されていようが確信犯であろうが関係ない。
コレは明らかな利敵行為です。
2017/06/01(木) 16:08 | URL | ふわふわ(曾祖母はアイヌ) #h.RW8IYQ[ 編集]
Re: 左翼にとって本丸は皇室問題
ふわふわ(曾祖母はアイヌ)さま、コメントありがとうございます。
ブログ拝見しました。
アイヌ問題に特化していった経緯なども読ませていただきました。
とても共感いたします。
ふわふわさんは、他の誰にもできないこと、ふわふわさんにしか出来ないことがある。
それがアイヌ問題であると、その使命感に気付かれて実行されていることに敬意を表します。
わたし自身、まだまだアイヌ問題は勉強不足で、ただ、アイヌ問題と同和問題は
共に在日や共産主義らが人権問題として既得権益を作り上げていること、
人権問題と言いながら、それによって逆に、何の落ち度のない普通の日本人の方が権利を奪われたり、
不当に搾取されたりしている・・・という認識くらいしか解りません。
それもなんとなくオブラートに包まれたような感じでの理解に留まっていました。
正直、そこまで踏み込むのは、あまりに自分自身が準備不足で、力不足で、
中途半端な知識や見識で足を踏み入れることには危険を感じて躊躇していました。
わたしはわたしで、皇室問題を中心に研鑽し情報発信していくことだけでせいいっぱいだと
特に、ここ最近の状況では感じていました。
だからこそ、その知識の穴を埋めてくださる、ふわふわさんのブログはとても貴重で、
有り難いと思いました。
拝見したのは、まだまだ一部ですが、折を見て、わたしも勉強させていただきます。
そして、
わたしはこれまで、あまり(というか全然)他の方のブログリンクを貼っておりませんでしたが、
今回リンクを貼らせていただきました。

それによって、
この問題についてわたしの知識不足を補ってくださると共に、
わたしが力を入れて発信している皇室問題と
ふわふわさんが力を入れて発信しておられるアイヌ問題というのは、
日本人または日本を締め上げるためにそれらを利用しているのは「共通の敵」であり、
究極的には「共通の目的」であるという視点を今後たくさんの方にも持っていただきたい
と思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m


2017/06/03(土) 00:50 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
丁寧なお返事、ありがとうございます。
うさんぽ様、お忙しい中、丁寧なお返事をありがとうございます。
あっ、名前を呼ぶ時は普通に「ふわふわ」で構いません。
カッコ内は無視して下さい。長くなっちゃいますから。

拙宅へのリンクもありがとうございました。
私の方は、うさんぽ様に断りもご報告もせず、
既にリンクを貼らせてもらってました。ゴメンナサイ(^^;

ちょっと小林氏の言動が、思っていた以上に酷かったので
頭に血が昇ってしまいましたが、うさんぽ様の温かいお返事で落ち着きました。
重ねて、お礼申し上げます。


先ずは保守同士、横の連携ですよね!
所詮は有志の素人ですし、専門以外はなかなか手が回りません。
でも協力しあうことで、全体の流れだけは把握できますもんね!

簡単ですが、お礼まで。
このコメントへの返信は気になさらないで下さい。
今後も、うさんぽ様の記事で勉強させて頂きます。
2017/06/04(日) 12:58 | URL | ふわふわ(曾祖母はアイヌ) #h.RW8IYQ[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示