ひだまり    今は古事記に夢中! 皇族批判は「具体的」な「信憑性のある話(デマ)」を信じるところから始まる!

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

皇族批判は「具体的」な「信憑性のある話(デマ)」を信じるところから始まる!

 
皇族批判は
「具体的」な「信憑性のある話(デマ)」
を『信じる』ところから始まる



(※『信じる』ってところを『…に騙される』って脳内変換してみてね)


皇太子批判だろうと、皇太子妃批判だろうと、
秋篠宮批判だろうと、秋篠宮妃批判だろうと、
皇后批判だろうと、天皇批判だろうと、


皇室批判を信じている(拡散している)人たちって、
「これだけ内容が”具体的”で、”詳細な情報”は、
信憑性があるので”事実”だとしか思えない」
・・・って言う (そう言って「疑惑」を拡散してる) けど、

でもね、

その「情報(お話)」の出所(告発者)は信じられるの?
その「情報(記事)」の発信源(記者)は信じられるの?


「具体的」で、
「詳細」で、
誰も否定し難い
万人が騙されてしまった「信憑性がある嘘」
だって、「彼ら」には簡単につけるんだよ?

ほら、
とっても地位の高い、総理大臣でさえ簡単に罷免できない
日本の政治を動かす「官僚のトップ」でさえ、
簡単にバレるような薄っぺらな「大嘘」を平気でペラペラ語ったじゃない?
そして、それをマスコミは、
裏も取らずに「真実」だと言って自信たっぷり報道してたじゃない?

陛下や殿下の「ご意向」だと言って、
宮内庁の長官が、何度も何度も国民にをついてきたじゃない?

「国営放送」の振りをして国民から「徴税」してきたNHKだって、
何度も国民に嘘を発信してきたじゃない?

「週刊誌」は、その、
ず~~~~っと 下のレベル ですよ?


それを信じるの?


発信源は同じなのに、
その”目的”は同じなのに、

こっちは信じないで全否定してるのに、
こっちは「事実」として誹謗中傷を躊躇なく拡散してるのって
変じゃない?


皇太子両殿下への中傷記事は信じないけど、
秋篠宮両殿下への中傷記事は丸っと信じる
…って 変でしょ?

どっちも出元(情報出自)は同じ
所詮は、
ゴシップ記事や宮内庁(皇室)「関係者談」とかいう
同じ反天連つながり ですよ?

テレビに洗脳されてる「情報弱者」でもないのに、
何でそれを信じる?

何でわざわざツイッターで拡散してる?

つまり、

どっちであれ、
皇室・皇族批判に同調して それを 発信 してる時点で、
その人は、 皇室打倒勢力に与してる ってことです。








そうなんですよ。

そういうデマを拡散するってことは、
そういうデマの存在をわざわざつぶやくってことは、
それだけでもう、 
国の誇りを傷つける行為 なのです。


「日本国の象徴」を 
憶測によって、口汚く 批判・中傷 してるのですから。


他の国から見て、
日本を尊敬してくれてる人たちから見て、
それがどう映ると思います?



簡単に「信じ」、簡単に「拡散」している方たちは、
その 事の重大さを自覚していますか?

他のことならいざ知らず、
こと、ご皇室に関することについては、
日本国民として
「信じる」「騙される」…ことに対しても、
その発言に対しても、
もっと 責任 を持たなければならないと思います。

























★竹田恒泰氏がもし表に出てきてくれてなかったら・・・と思うと
 ゾッとした話



関連記事
スポンサーサイト
コメント
Re: No title
鍵コメさま、コメントありがとうございます。
そう言っていただけると、これまで頑張って書いてきた甲斐があります。
ありがとうございました。
鍵コメさまのお子様はまだお小さいようですが、これからです。
わたしは子供が育ってしまってからこういうことに気付いたので、
難しい思春期になると、なかなか話をゆっくり聞いてもらえません。
以前は、高校生だった長女が、毎日記事を読んでチェックしてくれていて、
理解できないことがあると、そこを学生にも理解しやすいように解説を足したり、
注釈をつけたりしていました。
何年も前に出した記事も、急にアクセスが増えると気になって読み返して
何か気づくたび注釈や参考動画や情報を追記していくうちにどんどん記事が長くなって
しまうこともしばしば・・・
あまりの長さに、記事を二つ、三つと分けていくうちにシリーズ化したものも。

でも、そう言っていただけると、そんな苦労も吹っ飛びます。

どうかお子さんには、できるだけ正しい情報を与えてあげてください。
お子さんがまだ小さければ小さいほど、まだ間に合います。
テレビや雑誌、子供向けメディアも危険がいっぱいです。
できれば、モラル崩壊や共産主義になびかせるディズニーアニメも
あまり見せないことをお勧めします。
日本の美しい唱歌や昔話をできるだけ聞かせてあげてください。
小さい頃、何に触れ、何に共感したかで、その後の人生が変わると思います。

幼稚園や小学校教育だけに任せていたら「日本人教育」はできません。
意識がある人から、自分で学んで、自分で子に教えてゆくしかありません。
国民にそういう意識があって初めて、安倍政権も左翼の妨害を乗り越えて
本当の日本国民のための教育改革を力強く進められると思います。

わたしは真剣に、これから国をより良く正していくには、母親の力が必要であり、
母親が変わることが重要だと思っています。
草の根運動のように、そういう意識が国民(母親)の間で育てば、
子供は変わり、救われ、社会や国が変わり、救われると思います。

2017/08/20(日) 22:26 | URL | うさんぽ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示