ひだまり    今は古事記に夢中! 日本人にしかできないこと ~ 再 「共存共栄」の思想
FC2ブログ

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

日本人にしかできないこと ~ 再 「共存共栄」の思想


前述の中国の水事情  ~」 で書いたんですが・・・

サゲサゲ↓

もっとはっきり言ってやる人はいないのだろうか?


土地を穢すことは、魂を穢すことだ。

水を穢すことは、己の血肉を穢すことだ。

大気を穢すことは、己の子孫を穢すことだ。


早く目を覚ましなさい、と。


・・・というのを あらためて読んでみたら、思い出しました! 目


唯一、中国国家主席に 中国の環境破壊について面と向かて忠言した人がいることを!!

そう、それは天皇陛下だったのです。


平成二十年 五月に来日した 中国の胡錦濤主席への進言について

当時の週刊文春記事にこうあります。

「天皇陛下が、中国国家主席に、環境破壊をおたしなめになった」 ・・・と。 


「・・・農業で農薬が使われないことが大切です。

 動物にとって良い環境ということは、人にとっても好ましい環境ということです。」


・・・という、

中国の環境問題に対して異例ともいえる踏み込んだ発言をなさり、国家主席を狼狽させたとのことです。


しかし これは、そこらへんに転がっているような 「異例」 ではありません!

戦後、60余年にして初めて、天皇が他国の最高権力者に直接的な進言をなさったのですから・・・。

しかも、あの恫喝国家中国の頭に、面と向かってはっきり言えるのは、天皇陛下だからこそです。

この「掛け値なし」のお心とお立場あってこそ実現されたことと言えるでしょう。

日本に皇室があってよかった・・・

日本にこんな天皇陛下がいらしてよかった・・・ と、あらためてそう思います。



この、天皇陛下のお言葉ですが、

動物にとって良い環境ということは、人にとっても好ましい環境

これは、じつは、

先に書いた、森は生きている ~自然との共生  」 という記事にも関係してくることなんです。

なぜなら天皇家は、まさにこの「共存共栄」の精神だからです。


この「共存共栄」というのは、とりもなおさず、古来 日本天皇家の柱となる考えであり、
日本人の根底に脈々と流れている世界観でもあるのです。


それは、神と人との共存共栄 であって、

天皇祭祀とは、まさに、神と人を繋ぐためのものだったのです。

天皇陛下の毎日は、祈りから始まり、祈りで終わる・・・まさに365日祈りの日々です。

自然と人を結ぶものが神(八百万の神)であり、神と人の橋渡しをしているのが天皇の祈りなのです。

それは、旅先だろうが、病床だろうが、天皇は祈りの儀式を休むことはありません・・・。


古来その天皇祭祀を担ってきた伯家神道の継承者の言によると、

日本語の50音というのは、古代の神様とみごとに符号して、対応しているのだそうです。
つまり、日本語のすべての「」 ひとつひとつが「
」を表すものだと。

「古事記」は、神様の物語として今に伝わっていますが、
それは江戸時代の国学者による解釈であり、
本来の本当の存在意味は、
「言葉が神である」 ということを残すために 暗号のように物語の中に50音を使って織り込んだもの
だということです。
それを悪用されぬため、「古事記を説くものは死す」 という戒めとともに、
成立直後から意図的に隠されたそうなのです。 ( 「天皇祭祀を司っていた伯家神道 」 より )


日本には、「言霊」 という観念がありますよね。
「言祝ぐ(ことほぐ)」 「言挙げ(ことあげ)」 という言葉があるように、、
よい言をいうことによって、よい事が起きるようにと祈ることです。
あれは、ほんとうに意味のあったことだと腑に落ちました。

言葉に魂が宿る・・・それは自分でもなんとなく分かっているつもりでしたが、
日本語の一音一音すべてに神が宿っているということを知り、
今更ながら、日本語の素晴らしさ、畏れ多さを感じました。

そして、

「森との共存」 「自然との共生」 こういう感覚を培ってこられたのは、

まさに、万物すべてに「神」が宿る と信じた日本人だからなのだということも。

これは、唯一絶対の「神」 を拝する欧米人にはない考えなのです。

分かり合えない理由の正体が、ここでもはっきりと分かってきました。


また、

日本語についてある日の中日新聞にこんな社説がありました。


主語がいらない日本語」の構造にこそ世界を救う秘密がかくされている。

それはまさに、日本語の共存共栄の思想と世界観です。

主語と述語がなければ成り立たない英語は、<我>と<汝>が区別され、対立する世界です。
しかし、主語のいらない日本語の世界は、我と汝が一体となって溶け込み「対話の場」がつくられて

います。 敵も味方もなくなります。
・・・・
これこそが、日本語が何世紀にも何世代にもわたって先祖から引き継いできた
共存共栄の思想だというのです。
敵対、対立から共存共栄の世界へ。
英語公用語などという愚かで不要な議論はやめて、世界を救える思想を含む日本語を

世界で教えられる正しい形に整えること、
これが武器や資源にもまして効果的な日本国家戦略だと訴えるのです。


( カナダ・モントリオール大学で日本語を教える金谷武洋氏の「日本語は亡びない 」からの引用 )


哀しいけど、

「ここまで分かり合えないのか」と、はっきり認識せざるを得ません。

でも、だからこそ、

分かり合えないからこそ、

それぞれの立場の人たちが実際に会って、テーブルを同じくして,、話し合い、お互いに理解に努め、

同じ地球に住むものとして「共生」していかなければならないのだと思います。

その「共生」とは、

けっして 誰かが言うように、

垣根を取っぱらって相手を全部懐へ入れる、または相手の懐へ丸腰で入る、ということではありません!

それは単なる「一人勝ち」であって、「共存共栄」とはまったく違うものです。


自然と人間がお互いの「領域」を侵すことなく、

征服するのではなく、支配するのでもなく、思い通りにコントロールするのでもなく、

互いに認め合い、尊重し合い、

恩恵と脅威とのバランスを取りながら畏敬の念をもって「共に生きる」 ということだと思います。


これは、これからの地球にとって、ぜったい必要な概念だと思います。


この日本人にしか理解できない「自然との共生」というテーマを世界に広めることこそ、

地球温暖化をはじめ、地球環境と人類保全のための最後の鍵になるような気がします。


そして、それは、日本人にしかできないことなのです。


..................................................................................................................................



「共存光栄」から「自然との共生」へ・・・

日本語と、神と、天皇家 ・・・ まさかこんなところで繋がるとは・・・ (^_^;)
まるで、脳内シナプスが手を結ぶように、

今まで乱読してきた知識が、ここにきて一遍につながり、ひとつになったような気がします。

たぶん、ブログを書かなかったら気づかなかったと思います。


中国の水事情  ~」 から始まった一連の話は、

わたしが中国行きがきっかけとなって気付いたことです。
これは、中国人のことだけを言っているのではなく、
韓国人もアメリカ人もイギリス人もロシア人も・・・
日本と深い因縁がある国は根底に同じ思いが隠されていると思ったのです。

わたしも個人的にすばらしい中国人を知っています。
しかしこれは、個人というより、民族間の根っこの深い問題だと思います。
しかし、日本人のこの感覚は、

中国にも韓国にも欧米諸国にもないものだから、誰からも理解されていないかもしれないけれど、

日本人にしかわからないこの感覚こそが、日本を世界のトップに導いたのだと思うから、
ですから、それに胸を張って、

経済活動だけでなく、今こそ、世界や地球のために行動してもらいたいのです。

そして、日本人が自信と誇りをもって、

これからの世界のイニシアティヴをとってもらいたいと、心から願います。



COP10 今日からいよいよ始まります。

どうか、よい方向へと導かれますように・・・ ※これは2010年の10月に書かれた記事をもとにしています。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


日本人は日本人にしかできないやり方で繁栄してきました。

人と自然と神との共存です。

その「共存共栄」の精神をもういちど取り戻すべきだと、

そのときがきたんだと、思います。


このたびの震災・原発事故を「神の怒り」だとか「天罰」だとかいう人がいるけど、

じゃあ、神は何? 神様ってのは、「罰」を与えるとき、罪もない人たちを大量に殺めておいて、

ほんとうのこの「罪」の張本人たちは、これからも罪を重ねるだろう者たちにはお咎めなし?

「これは罰だから受け入れろ」というのはおかしいし・・・もんのすごく不条理を感じて、
ちょっと腹が立ってしまったわたしです。


そういえば、神を畏れずバベルの塔を作ろうとした人間の傲慢さを諌めようと「神」は怒りの雷と共に、

人々の言語を分けて意思の疎通を妨げた…っていうのがあるけど、(映画で見たくらいですが)

聖書はよく知らないけど、わたし流解釈によれば、

「上ばっかり見てないで、もっと手の届く範囲の 人間同士で分かり合い高め合うことをしなさい」

と、そのためには、「不便」なくらいがちょうどいいだろう、という意図ではないかと思ったんです。

勝手にね。


そう、なんでも便利すぎるから、人間退屈しちゃって、刺激を求めて、

もっといいこと、もっとすごいこと…って欲張りで傲慢になるんだと思う・・・。

ここは、もっと原始に返って、人間と自然をもっと見直しなさい、と、

自然からの恩恵を忘れていると、その自然からしっぺ返しがくるよ、と、


いくら便利になったって、いくらお金持ちになったって、自然が牙を剥いたらひとたまりもない、

自然から拒絶されたら生きて行けない・・・

そういう意味で原始にかえれ、と、自然の声を聞け、と、

日本人の原点を忘れるな、と、

そう思い至ったら、この記事を思い出したんです。

書き直すのは面倒だったので、ちょっと書き足してそのまま出します。






<参考記事>

「可愛い子には旅をさせましょう」
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-143.html  


必見! 『大日本帝国が世界で初めて提案した『人種差別撤廃案』』

「世界のトヨタと真央ちゃんが教えてくれたこと」 
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-886.html


『学校では教えてくれない 本当の江戸社会と江戸日本人のすごさ! 』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-825.html


「日本人のプライド③」          
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-228.html


『再 日本人の「共存共栄」の心』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-833.html


『天皇、皇室についてのさまざまな誤解について』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-815.html


『再々 次世代に残さねばならないこと』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-839.html


『追記:アメリカ人も知らない太平洋戦争の事実』  
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-827.html


『国旗の重み 靖国編 ~ブラジルからの手紙~』
http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-814.html



関連記事
スポンサーサイト



コメント
1. 無題
神様を悪者にするのは許せない発言です。
でも罰が当たったって思ってるんなら、もうやめないとね。
2011/05/21(土) 11:24 | URL | ちい #79D/WHSg[ 編集]
2. はじめまして(^^)
よく調べてみえて尊敬します(^_^)
時々お邪魔させていただいてました!

天皇陛下の話は知りませんでした(>_<)
感動しました(;o;)


2011/05/22(日) 14:11 | URL | あむうさ #79D/WHSg[ 編集]
3. Re:無題
>ちいさん
コメントありがとうございます。
ほんとにね。
許せないのは、天罰が国民や人類に対するもので、一番許されない者への罪状がぼやかされてしまうことです。
その罪を一番近いところで許したのは誰か?
一番遠いところで許したのは全国民だけど、その前にきちんと断罪して、そいつらにこそ「もうやめます」って言ってもらいたい。
そうでなければいつまでたっても終わらないと思うから。
犯人捜しとかじゃなくって、自分では分かってるはずだから、
自分がそう言えば「終わる」って分かってる人がいるはずだから・・・
終わらせてくれ~~~(>_<);;;;
2011/05/22(日) 15:58 | URL | うさんぽ #79D/WHSg[ 編集]
4. Re:はじめまして(^^)
>あむうささん
初めまして。コメントありがとうございます。
わたしは天皇陛下のことが心配です。
体調がお悪いはずなのに、被災者のためにご自分でしかできないことだと、そうお体に鞭打って慰問を続けておられるのだと思います。
天皇陛下にもしものことがあったら・・・
そう思うと、今のこの日本の状態を考えると、今まで以上に日本がどうなるのか心配でなりません。
正直、今上天皇は心の支えです。
現天皇に代われるものはないと思います。
もし、お隠れになったら、外国からつけ入る隙を広げてしまいます。
お体を大事になさって欲しいと心から願います。
2011/05/22(日) 16:05 | URL | うさんぽ #79D/WHSg[ 編集]
5. 無題
愚問で申し訳ありません。共存共栄が日本人の原点であることはわかりましたが、では現代の人類が自然と共存共栄するためには具体的に何から実行すればよろしいのでしょうか?
2011/09/23(金) 09:51 | URL | きさらぎ #79D/WHSg[ 編集]
6. Re:無題
>きさらぎさん
コメントありがとうございます。
具体的にというのがどの程度なのか分かりせんが、わたしに言えることは、
「次世代に残さねばならないこと」http://ameblo.jp/usanpo117/entry-10989426258.html 
にも書いています。抜粋しますと…

これからは、原点に戻って、もっと自然から学ぶことです。
それが何からできているのか。 それがどこから来るのか。
それは何を伝えているのか。
それに目を向け、見いだせる力を身に着ける必要があると思います。
(その力を、今の便利すぎる生活で見失っていると思います)

我々は生きるために「生きているもの」から命をもらっています。
その「相手」をよく知ることです。
「生きている自然」がどれだけ強いものか。
「生きている自然」がどれだけ脆いものか。
相手が生きられないということは、自分も生きられない ということを知ることです。
相手を傷つけ痛めつけておきながら、自分だけ生き延びることはできないと思い知ることです。
人間は、自然が生きていないと この地球上で片時も生きられないけれど、
自然は、人間がいない方がむしろ生き生きとしているのです。

わたしたちは、自然に対してもっと謙虚にならなければなりません。
自然に生かされていることを、自然を殺したら生きられないということをもっと真摯に考えなければなりません。
それを忘れた人たちが、
自然への感謝も畏敬も忘れた人たちが原発を作ったのです。

マスコミ情報も教育も、すべてこれらから逸脱した、むしろこれに反したことばかりです。
それが普通になってしまった人たちを軌道修正することです。
そういう声は昔からあったのに、それを実践できる政治体制がなかった、
その理由が、すべて「原発推進」に根が繋がっていたと気づきました。




2011/09/23(金) 10:18 | URL | うさんぽ #79D/WHSg[ 編集]
7. Re:無題
>きさらぎさん
日本人もまったくそれを失ってしまったとは思いません。
マスコミはけっして伝えようとしませんから気がつかない努力や成果はいっぱいあるのだと思います。
わたしはCOOP10名古屋議定書はそれなりに評価しています。その真逆のことしか報道されないことが悔しいです。

また、一見関係ないようですが「日本語は亡びない」①~③にもそのヒントが書いてあります。
日本人が本来持っていたすばらしい自衛の知恵は、すべて自然に逆らうのではなく、自然に身を委ねながらうまく乗りこなす(やり過ごす)ことでした。
防波堤を高くすることよりも、受け入れることで守ってきました。
自然を「制止」することは西洋的な概念です。
それを日本的な概念に立ち返っていくことが大事だと思います。

あまり具体的でなくてごめんなさいね。
読んでくださってありがとうございました。
疑問を持ってくださったこともうれしく思います。
みなさんが考えてくれることこそ大事だと思います。
2011/09/23(金) 10:30 | URL | うさんぽ #79D/WHSg[ 編集]
8. 無題
陛下のお言葉、有り難いです。

皆にとっての良いことを。
2012/04/20(金) 12:20 | URL | そよ #79D/WHSg[ 編集]
9. Re:無題
>そよさん
コメントありがとうございます。
過去記事読んでいただきありがとうございます。
政治家には言えない「掛け値なし」の言葉を言える天皇陛下の存在は日本の柱だと思います。
これだけの重みある言葉を出せるのは、今の政治家にはいません。
駆け引きも必要ですが、たまには日本の矜持を見せてほしいですね。
また、陛下のこの言葉の重みを受け止めることができない狭量で野蛮な中国とは早く縁を切るべきだと
2012/04/23(月) 23:49 | URL | うさんぽ #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示