ひだまり    今は古事記に夢中! そこまで言って委員会NP 2018.4.8 犯罪被害者の声を聴く 緊急討論スペシャル
FC2ブログ

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

そこまで言って委員会NP 2018.4.8 犯罪被害者の声を聴く 緊急討論スペシャル



そこまで言って委員会NP 2018.4.8
犯罪被害者の声を聴く 緊急討論スペシャル


議   長   辛坊治郎  副議長 渡辺真理
パネリスト
長谷川幸洋、竹田恒泰、 須田慎一郎、門田隆将、田嶋陽子、下村健一、紀藤正樹、 丸田佳奈
ゲ ス ト  諸澤英道、 本村洋、 河野義行、 さかはらあつし、増元照明、 中村将












リアルタイムで動画か見られない方は、番組終了後に動画が上がるのをお待ちください。
動画がアップされ次第、追加してゆきます。




動画主さま、いつも素早いアップありがとうございます。 m(_ _)m

動画はすぐに消されてしまいますので、すぐ見てね。



過去動画の配信
http://www.ytv.co.jp/mydo/iinkai/

たかじん 公式ホームページ
http://www.ytv.co.jp/iinkai/

※貴重な過去動画一覧はこちら→ http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1617.html

(※最近のものは欄下の<関連記事>からどうぞ!)





★「相撲は今でも立派な神事」② 神域の「女人禁制」は「女性蔑視」ではない。
土俵に塩を撒く行為に 「ドン引き」?
「言葉にならないほど驚いた」 ?  それ、 本当に日本人?

そのRT、ちょっと待って!!
あなたは、
日本の伝統を否定したいマスコミやネット(反日勢力)の
危険なミスリード に引っ掛っていませんか?



日本人は間違えてはいけない。騙されちゃいけない!
非難されるべきは、「協会」や「理事会」であって、
「相撲」でも「神事」でも「伝統」でもない。


気を付けてください。
これはマスコミの常套手段。
確かに、使われている「言葉」はどれも一個一個は「事実」かもしれませんが、
その使い方、「並べ方」ひとつで、まったく違う印象操作ができ、
まったく違う 間違った「結論(意見)」を導いてしまうのです。



★貴乃花親方が戦っているのは相撲界のみならず、日本人全体の
 ”戦後レジュームからの脱却”
















★最近ツイッターでつぶやいたこと ~「森友文書」問題について 






まだ聞いてない人は絶対聞いてね!
あの上念司氏が
”バルカン砲”を封印して 竹田恒泰氏と初コラボ!!
「皇室」と「憲法」のことは竹田恒泰氏に聞け!!
(竹田さんの衣冠束帯姿もあるよ!)


これは、絶対、ぜったい!!聞くべき!!



竹田恒泰
「天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか ~ 変わらぬ皇統の重み」

この書は、
改憲議論において、これまで学者の間でも、国民の間でも永らく欠損し(誤解されて)ていた、
必要重大な 「正しい天皇理解」 のための 『全国民の必読の書』 であります!


★竹田恒泰氏の論文が 皇室打倒に寄与してきた戦後の憲法学会に激震を走らす!
これが世に出て世間に浸透すれば
天皇論における戦後レジュームを終わらせられる!
戦後反日左翼史観を終わらせ、日本人の共通認識を正す為にも、
みんな、 注文して、 買って、 応援してね!!




関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
本村さんがお話されてるとき 涙が出そうでした(´;ω;`)

2018/04/08(日) 22:46 | URL | ユリ助 #halAVcVc[ 編集]
マスコミについて
ネットで情報を集める時に、ミスリードに引っ掛からないために必要な知識(基準)を視聴者に与えるのがメディアの仕事なのに、日本のメディアはその役割を放棄し、むしろミスリードを率先して行ってますね。マスメディアがまともになって欲しいです。愛国心と民族主義と尊皇心を持って欲しいです。
2018/04/09(月) 22:49 | URL | 保守少年 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示