ひだまり    今は古事記に夢中! 敵は"青山"騒動を使って ”『虎の門』潰し” に必死のようです。
FC2ブログ

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

敵は"青山"騒動を使って ”『虎の門』潰し” に必死のようです。

最近、ユーチューバーのKAZUYA氏が、保守言論番組「虎の門ニュース」の月曜レギュラーである青山繁晴氏に対し、「苦言」を呈した動画をあげたことによってさまざまな波紋を呼んでいるようです。

ネットでは、わたしの知るかぎり二つの現象が起きているるように思います。
それは、ひとつが「保守の仲間割れ(仲間批判)」現象、もうひとつは「虎の門(保守番組)批判」です。
わたしは、青山氏の言動の是非よりも、そういう「空気」こそ違和感と危険を感じています。

よくよくいろんな動画を聞いてみる、とKAZUYA氏の意見はもっともだと最終的に思いました。
KAZUYA氏は別に青山氏の全人格を否定しているわけでもないし、全意見や功績に疑問を抱いているわけでもありません。そうれに対しては、誤解されないように非常に神経を使って発言されているように感じます。
ネットでは「保守の仲間割れ」とか「仲間叩き」などという言葉が飛び交っていますが、そういう短絡的な言葉でくくってしまうのは、熟慮の上勇気を出して苦言を呈したKAZUYA氏の真意をまったく無視した無責任なものだと思います。
もちろん、単なる無思慮なコメントもあるでしょうが、危険視するのは、わざとそういう空気をつくり、「保守潰し」(保守番組潰し)のために、過激な言葉や、もっともらしい言葉で扇動しているということです。

KAZUYA氏のやったことは、わたしを含め多くの保守論客たちが、安倍政権を強く支持しながら、増税や入管法などに対してははっきり苦言や判を述べていることと同じで、まったく問題ないことです。たとえ基本的な思想信条を同じくしていても、大切な目標(例えば憲法改正という大義)の達成のための同志として認めている相手であっても、かならずしもその人の言動全てに賛同できないことは普通にあることだと思います。
安倍総理しかり。田母神氏しかり・・・ 他にもいろいろ。
その人の一部の価値観についてたとえ賛同しかねることがあって、それには目をつぶることができても、たとえば、共通の目標、大義実現のためには「これはまずいんじゃないか?」「これは何か違うと思う」と、「これだけば認める訳にはいかない」ということがあれば、それについて反論したり、改めていただくよう「苦言」を呈することは何の問題もないことだと思います。

わたしはほぼ毎日虎の門ニュースを聞いていますが、じつは、月曜日だけはあまりフルで聞いたことがなく、かいつまんでしか聞かないことが多いです。それは、内容がどうとかいうより、わたしには青山氏の独特の語気がちょっと神経に触るというか、聞き流していて不快に感じることが多かったので、自然そうなってしまいました。青山氏の話で貴重だと思うことも多々ありますが、なぜか虎の門ではよく、急に声を荒げて「怒鳴る」ことが多いので、そういうところのない安心して聴ける(穏やかに話している)「切り取られた動画」から選んで聞いたものが多かったです。(かった…というのは、最近ここ数年それすらなかったので)
ただ「虎の門」での青山氏の妙な熱血ぶりが受け付けなかっただけで、氏の発言内容に対しての拒否反応ではありませんでした。(そのくらい聞いていなかった訳ですが…)
ところが、今回のことで、青山氏の問題発言集動画を聞いて、初めて「そんなことを言っていたのか…」と正直驚きました。

※追記です。
青山氏の言うところの『政府高官(そういう筋)からの機密情報=「ここだけの話」』がやたら多すぎることにびっくりしました。
それが本当だとしたら、KAZUYA氏のほか良識ある人たちが指摘するように、「国家機密漏えい」に抵触する問題として、普通の人としてもいかがなものかと思いますし、国会議員という立場上、ゆゆしきことかと思います。
もし、それらが事実でなかったとしたら、それは虚言・妄言ということになり、どちらにしても、そういう発言をすることそれ自体、良識が疑われるものになります。
日頃、日本人の誇るべき良識・民度や、気高い精神性を熱心に語ってこられ、そういった熱い言葉によって多くの若者たちに誇りや勇気を与えてきた人だからこそ、これは残念としか思えません。

また、KAZUYA氏の言うことろの、「オカルト的な発言」が過ぎると、他でどんなに正しいことを言っていても、それまでもが信憑性を失う恐れがあるし、そのことで氏のこれまでの功績や保守活動そのものへの否定工作に使われかねないので「自重したほうがいい」というのは、至極もっともなことだと思います。

青山氏のあるオカルト的体験を「事実だ」として擁護する動画が出ていましたが、もはやこれは、その話を信じる、信じない、その話(現象)が事実かどうかは問題ではなく、人間としての「わきまえ」の問題だと思います。
不思議な心霊現象は、ある人にとっては真実であるかもしれませんし、救いになることもあるかもしれませんが、一方、大半の人にとっては「怪しげ」であり、「現実性のない不確かなもの」です。それを、現実的な政治活動や保守言論活動と同じ土俵で語ってしまったら、現実的な方まで「怪しげ」で「不確か」なものとして感じられてしまうのは当然です。
そう考えて、あえてここでは言わないのが「大人の良識」、かつ、「公人としての良識」ではないかとわたしは思います。
青山氏はその良識を求められているのです。

わたしは日頃、霊的現象や、宇宙人やUFO、それらの国家機関の機密や隠ぺい工作などの話に興味があり、中には信憑性・現実性が十分あるものもあると考えています。が、それを誰にでも話すことはしません。たとえ自分がそれに類似する「不思議」体験をしたとしても。たとえ「不思議」」現象で誰かを助けられたことがあったとしても、それを「自慢げに人に話す」ことは、それを生業にしている人は別として、大人の分別として、それは違うと思っています。

青山氏がそういう体験をしたこと、そういう現象を信じていることをわたしは否定しませんが、そういう現象を信じているわたしが聞いても違和感を覚えたのは、それがその場に不必要な「自慢げ」に聞こえたからであり、自分をどう見せたいと思っているのか疑問に感じるというか、信じて秘めている自分にとっても、氏のそれは不信に感じこそすれ、愉快なものではありませんでした。
どうしてもそういう体験を語りたいのであれば、それはもっと別枠で、完全に保守言論とは別の土俵で、もっと慎重に表現すればよかったのにと思います。

青山氏のファンにとっては、青山氏のそういう面も含めてファンであると思うし、または、そういう面だけはちょっと…と思いながら、ほかのいい面があるのでそこだけ目をつぶって話を聞いている人もいると思います。でも、KAZUYA氏の言うように、青山氏は立場的に公の国会議員ですし、保守仲間としても大切な大義を共有している仲間として目をつぶれないことであると思います。

要するに、わたしのようにオカルト現象を理解しているつもりの人間にとっても
青山氏のあれらの言動は、立場上慎むべきものであり、不適切な言動であると感じていることをお伝えしたかったわけです。


次にどうしても言いたいのは、この問題の動画です。




これは、明らかに「虎の門批判」(保守番組潰し)のために造られた動画です。
しかし、わたしから言わせれば、むしろこの検証動画は、「虎の門」の制作サイドの良識の高さを再確認しただけの動画でした。

老婆心かもしれませんが、動画主の主張を聞いて、うっかりこれに納得してしまう人がいるといけないと思って、この記事を書いた次第です。


この動画に最初についたコメントが、青山氏の発言とこの動画主の主張の問題点をズバリ言い当てていますので、そのまま引用させていただきます。


YABAIYO x2 さん

三菱の女子社員が特定出来れば、その技術が欲しい、朝鮮や中共に誘拐・拉致されてしまう恐れがあるかではないのかね・・・人名がかかっているのかも。


(”解り難い”日本語で書かれているのは、わざとかな?)

そういうことです!
動画主は、「虎の門ニュース」サイドがあたかも「青山氏の利益になることを”妨害”した」かのように言っていますが、事実はまったく違います。青山氏が自分の活動をPR(告知)するだけに留まっていれば何の問題もなかったのに、いつものように、「余計なこと」を語っていたのです。
コメント主が言うように、それが重大な懸念につながる内容だったため、制作サイドの正しい見識によって、その危険を回避するため、「放送できない」と判断し、編集でそこだけ上手く切り取りできなかったので、やむなく、青山氏の活動報告部分を含めて全カットすることになった・・・というのが真実だろうと思います。

であれば、動画主が詳細説明欄で訴えて(非難して)いるような、
青山氏を日頃批判している人たちが一斉にDHC擁護にまわり、この元動画を「検証するな」と言うのは、むしそ当然な、真っ当な行動だとわたしは思います。せっかく制作が人道的、政治的配慮して「身バレ」を防ぐために編集したのが全て無駄になるからです。
う・・・あ・・・ じゃあ、この記事も問題かな・・・

あ、いや、これを知った方は、どうぞ問題の動画を通報し、<削除>要請してください。 

つまり、このように、残念ながら青山氏の一部言動は、保守言論のみならず、個人の安全や国家の安全を公に守る立場であるべき国会議員としても不適正であったことが確認されました。
公人として、いえ、人として、これはあまりも無配慮で無思慮ではなかったかと思います。

これを聞くと、こういう危険な発言を繰り返すことに対する苦言、提言は当然だと思います。

かつ、
「虎の門ニュース」の制作サイドに対しての良識度、信頼度はわたしの中で数段上がりました。

加えて言うと、
青山氏のみならず、「ここでなら言える!」と、つい調子にのって「暴れて」しまっている各曜日のクセのある面々を、見事に「猛獣使い」のように御している司会の居島一平氏こそ、番組内で最も「良識」があるのではないかと、改めて痛感しました…。


青山繁晴氏の今後の良識ある行動を期待しています。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
何とかじょうこうの怪しさ
ひだまりさん、こんにちは。「あめつちはじめてひらけしとき」さんから、聖徳太子つながりで飛んでまいりました。

今回、KAZUYA君が、青山氏に言及したことで騒ぎとなり、私も当初、彼の批判的な内容に眉をひそめました。
しかし、21日の虎ノ門ニュースで、KAZUYA君が発言の意図を説明する姿を見て、自身への批判や、ファンを無くすことも覚悟して苦言を呈したことがよくわかり、彼の言葉をそのままを受け取ることにしました。やっぱり、KAZUYA君はやさしくまじめですね。
このあとは、親子ほど離れた若人から放たれた体当たりを、青山氏がいかに捌くか(捌かないかも?)が楽しみです。

ところで、ひだまりさんもご存知かも知れませんが、かのせいけんさんもこの騒ぎに乗っかって、青山氏をあれこれ揶揄しております。別の曜日の番組に出演した大高未貴さんを引き合いに出すなどして、青山氏がパクったとお怒りのようです。正直”あーあ⤵”とがっかりする出来事です。

ここ数年、私はひだまりさんと同じく(?)、古事記にときめくようになりました。特に、先日本屋で田中英道先生の「日本国史」を手にした時のときめきは・・・この辺りにしておきましょう(笑)

ひだまりさん、ごゆるりと更新をなさってください。ときおり様子をうかがいにまいります。
2019/04/27(土) 19:22 | URL | ちょこ #r7kgzLsk[ 編集]
最も冷静な省察
初めまして。
この記事は非常に的を得たものであると思います。
今回の件については最初のkazuyaさんの事を荒立てたくなさそうな様子を無下にするかのようにどちらの支持者も本質を見誤った罵り合いに終始していて、あまり見ていて良いものではなかった。
あれからしばらく経ちましたが、やはりこの記事が最も冷静に事の分析を出来ていると思います。
字面も穏やかで、しっかりとものを見て書いていらっしゃることが伝わってきました。

私は、皇室の悠久さんや日本国紀への評価など、枝葉のところではうさんぽさんと少なくない比率で意見を異にする立場です。
しかし、この記事でうさんぽさんはうさんぽさんで日本の時事を真剣に考えていることを確認でき、嬉しかったです。
病気ご自愛下さい。また有益な記事をお待ちしています。
竹田先生を強力に支持する者同士頑張りましょう。
2019/06/19(水) 23:34 | URL | 神祇官見習い #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示