ひだまり    今は古事記に夢中! 再々『高森明勅 所功 らの暴言・虚言についてもの申す!!』
FC2ブログ

アメブロから引っ越してきた過去記事の再公開と、                       もっと日本を知るために「竹田研究会」の紹介を主にしていきます。

再々『高森明勅 所功 らの暴言・虚言についてもの申す!!』





※これは、2017年1月に出した記事を再編集したものです。
天皇の御世替わりに際して、マスコミが高森明勅・所功氏らを重用し日本をミスリードしていることを危険視してこれを再度出します。


あなたは、なぜ天皇が尊いのか知っていますか?

それが解れば、
誰がおかしなことを言い、誰が正しいことを言っているのかが解るはずです。



そこまで言って委員会NP 2017.1.15 皇室の未来を考える 緊急総力特集
  ↑ 開いてご覧ください。


いろんな意見にぐらぐら揺れてる人にこそ聞いてほしい。
中学生にも解るように懇切丁寧に解説してみました。



高森氏や所氏は本当におかしなことを言う。

たびたび、いろんなところで、「陛下の御気持ちが~」「陛下のご意志が~」「天皇の資質が~」などと、ところ構わず豪語していますが、それ、とてつもなく 危険思想 なんですが、わかってますか?
もしかして気づいてないのかもしれませんが、
それって、天皇を否定する(天皇の権威を奪い皇室を解体する)ために「天皇にも人権を与えろ」って言ってる共産党や田嶋陽子氏らと同じです。

なぜ天皇には人権がないのか?

それは、
日本人や日本国が本当に究極的に守らねばならないものは、天皇"個人"の尊厳 ではなく、2000年以上守り続けてきた天皇という伝統の存在・皇室の権威そのもの だからです。

『日本の天皇』が尊いのは、たまたま「天皇陛下”個人”の人格や資質が優れている」からではなく、 他のどこにもない2000年以上の日本の歴史と伝統、それを担保してきた「天皇・皇室の正統性」ゆえに天皇は尊いのです。
だからこそ、天皇「個人」の資質によって天皇の権威や日本国の権威が変わらないのです。
たとえ、天皇が未熟だろうと、老弱だろうと、日本の権威も変わらないのです。

昨今の天皇陛下があまりに素晴らしすぎるため、かえって解りにくいけれど、
世界で唯一の2000年以上の歴史と伝統を守ってきた「皇室の権威」があればこその世界での評価・敬意の高さ(白人の間に入ってでも世界最上権威)なのであって、それはたまたまその天皇の在位期間が長いとか、たまたま国の経済力が大きいからとは関係ないのです。

たとえ、国民の「過ち」によって民主党政権のようなボンクラ国賊政権が立って日本政府や日本経済に信用がなくなっても、日本国には、その上の、もっと偉大な、もっと尊い国家権威=国家元首である『天皇』がいるから、日本の国威・信用は完全には失墜しない。「日本への敬意」は失われないのです。

こんな優れた、最強の「システム」を持つのは日本だけ!!
だから、日本は強い。
だから、日本は2000年以上潰れなかった。

しかし、その「根幹」をちょっとでも崩したら、日本はもう、そういう日本ではなくなります。
「強い日本」はなくなってしまうのです。

だから、敵はそれを崩したいのです。

↑  ↑
この意味を「解っている」か「解っていない」かで意見は大きく変わってきます。

つまり、
これを理解していない人間=無知、または、この事実を否定したがる人間=反皇室(敵国)の意見など 聞いてはいけない! のです。



さらに詳しく解説します。

天皇になる資格に「本人の資質」は関係ない。
所氏や高森氏などのように、「血統の原理」より「本人の資質」をことさら重視するということは、言い換えると、資質によって天皇を廃止することを可能にする
(反天連・共産主義者たちが、エセ保守論客(左翼官僚)たちが作ったわずかな”ほころび”をもって「天皇に資格なし!」「天皇に正当性なし!」などと言って「天皇廃止」を叫ぶきっかけ(大義名分)を与えてしまう)ということを意味するのです。

だいたい、皇位継承の議論において「国民の理解が~」とか「民主主義が~」とか「国民の総意が~(オール何とかと間違えてる)」などと言う輩は、そもそもが皇室の存在を認めていない人間、皇室=日本を弱体化させたい人間だと思っていいです。

今の天皇および歴代天皇は、凶暴な共産主義者たちにさえ「隙」を与えない、「非の打ちどころのない天皇」です。が、もし、高森明勅氏らの言うような考えの元に皇室典範が改正(悪)されてしまったら、近い将来、保守にとってでさえ「非の打ちどころのある天皇=正当性が崩れた天皇」が誕生してしまうことになるのです。

共産党や反天連たちは、自分たちでその「道」を開いておいて、いざそうなったら、即、「こんな天皇はもう存続する正当性がない」「こんな皇室はもう価値がない」と、本領発揮とばかり積極的な廃止運動を撒き起こすでしょう。

これが一番危険。
絶対にこの危険を避けるために作られたのが「男系継承」なのです。
これが先人たちの「尊い知恵」なのです。


天皇は「人」に選ばれて立つのではなく、完全な世襲による「血統の原理」によって立つのです。
それは、誰が何と言おうと、125代、今上帝まで続いた揺るぎない事実です。
「血統の原理」ということは、その立場に生まれ、その星を背負って生まれ落ちた人が立つ、ということ、天命によって選ばれたものが、その宿命を背負ってその環境に生まれ、粛々とその地位(責務)を果たすということに意味があるのです。

もし、高森氏が主張するように、
天皇になる資格を「能力」や「資質」に求めるなら、それは結局、天皇の地位を、人が決め、人が選ぶということにつながります。
つまり、「天皇の存在価値」が、人(時代)によって変わり、人(時代)によって揺らぐ(価値をみとめなくなる)ことにつながるのです。

どれだけ危険なことか、解りましたか?

現実に、古来、そうやって選ばれた王や皇帝たちは、資質や才能や人気で成った他の王朝・国家は、皆、王朝交代や亡国の歴史しか紡げなかったのです。
つまりそれは「亡国論」であり、非常に危険です。

そういう他国が何度も間違い失敗してきた道を、
日本だけは選ばなかった
 ということなのです。

わたしたちの先人たちは、そういう選択肢を最初から一度も選ばなかった。他の国が”安易に頼った”その選択肢を、日本だけは頑なに拒み続けてきた。
なのになぜ、あえてその「滅びの道」を選ぶ理があるのでしょう?

なぜかれらはその道を開こうとするのでしょう?

2000年来、日本人が認めてきた旧皇族男子(世襲親王家の末裔)という男系継承でつなぐ方策があるのに、
かれらの「旧皇族復帰に反対」する理由はこうです。
「旧皇族の復帰や活用(養子縁組)は ”国民の理解を得られない”
究極には、それしか ”大した理由”はないんです。

それでも尚、「どうして男系でなければならないのか分からない」「女性がなぜダメなのかわからない」と言う脆弱な人たちがいますが(わざとマスコミはそういう輩をたくさん配備してきますが)、そもそも、それでも理解できない人たちは、議論に交じる必要はないのです。
解りやすく言えば、たとえば、「暴力団や過激派を取り締まる条例」案を作る議論に、「暴力団を取り締まる意味がわからない」って言ってる人を議論に入れて上手くいくと思いますか?
または、陰で暴力団や過激派から資金をもらっている人間の意見や組織の人間を議論に入れて、市民を守るまともな対策案が成立すると思いますか?
「どうしたら日本の領土である尖閣を守れるか」という議論にそれを盗ろうとしている中国の意見を入れて、現実的な対策が取れると思いますか?それといっしょです。
無駄な時間を費やすばかりか、そういう無知な人やそもそも敵対している人全員が納得しないと結論を出してはいけない…なんて言ったら、かれらの言うことに耳を傾けていたら、永久に解決なんぞしませんよね。

簡単に想像できると思いますが、暴力団取締法が成立するのを組織が阻止したいなら、自分らの手下をその会議に潜り込ませて反対運動をしたり、自分らの息のかかった弁護士や有識者をその会議に送りこんで、真っ当な条例案が成立するのを邪魔しようとするでしょう。現実に今の国会(野党)や沖縄の活動家を見ればわかります。

そ れ が 、ああいうどう説明しても男系継承を理解できない人たち、けっして旧皇族の復帰の正当性を理解しようとしない人たちだと思えばいいのです。

考えてみてください。
仮に「旧皇族に反対する声」を押しのけて、旧皇族を復帰または活用して男系継承を守ったとして、いったい、どんな不都合が日本に、日本人に起きるのでしょう?
男系継承を崩す女性宮家や女性天皇の道を避け、旧皇族を活用して皇統を守ったとして、いったい誰が困るのでしょう? 
いったい日本人にどんな苦痛や不都合があるというのでしょう?

ないですよね?
おかしいですよね?
日本の皇室が「男系」を固持したことで頭を抱えて悔しがるのは、日本の皇室が未来永劫続くことを好ましく思わない人、天皇を戴く「強い日本」でいてもらっては「困る」人たち、またはそれを望んでいる敵国だけではありませんか?


日本を崩そうとする者たちは、いつも好んで「民主主義が~」とか「民意が~」とか「差別」とか「人権」とか言いますが、一見正論に見える彼らのロジックに騙されてはいけません。
つい最近、わたしたち国民は、民主主義によって民主党というとんでもない国賊政権を選んでしまったように、国民がそのとき「いい」と思っても、多数決(民主主義)で選んだことでも、間違う ことがあるのです。そのときは納得したことでも、あとになって取り返しのつかない間違いだったと後悔することもあるのです。
それが政治ならまだあとから(安倍政権のように)取り返しがつくこともあるかもしれないが、こと天皇・皇室のことは、一度男系継承を崩してしまったら、もっと解りやすく言えば、今起きていること(所・高森・水間らの提言)のように、今はそう見えなくても、将来「男系継承の道を崩す道(蟻の一穴)」を開いてしまった」ら、それは二度と戻せない、取り返しのつかないことになるのです

何度もいいますが、これに関しては世界の王政や帝政は全て間違っていた。はっきり言って日本だけが正しかったのです。ゆえに、日本の皇室だけが2000年以上途切れずに続き、それを守り続けてきた日本の国家だけが一度も途切れずに続いている。
それが紛れもない事実です。
おかしな思想にかぶれて事実が見えない人だけ、意図的に皇室を潰したいと思っている人だけが、これに反発し、認めようとしないだけ。

そのおかしな思想にかぶれている人たち、またはそういう使命を負った人たちが言う、高森氏らの言う「天皇に資質を求める」ということの裏には、「国民が天皇になる資格を見定める」という危険が隠されています。
それはつまり「血統」ではなく、「国民が認めた天皇を選ぶ」という意味、そういう危険な思い違い、危険な誤解(ミスリード)を生むものです。
それは、これまで日本人が皇室に対して持ったことがなかった認識。
日本人がけっして皇室にもってはいけない認識。
すなわち「亡国論(亡国へのミスリード)」です。



そもそも「選ぶ」とか「選ばれる」ということは、その地位を目指して勝ち上がるということ。何かの総選挙みたいにその地位に就くことそのものが目的となると言えます。選ぶ側にはそんなつもりがなくても、選ばれる側にはそういう意識が生まれてくるのは確かです。
しかし、天皇はそんなものじゃないんです。一般社会の競争ように、何かの能力を競い合い、勝ち上がって獲得するような目標や地位ではないのです。
天皇とは、究極的には、ひたすら国民のために「わたくし」を捨てて「祈る存在」です。
自分の好きなように、自分の目的のために、自分の能力や権力を使って何かを動かしたり、個人の理想を実現したりするものじゃない。
では、そういう特殊な地位や職務役目に適合する「資質」が、その人物にあるか、ないか、どうやって人が判断するのでしょう?
果たして、それができるのでしょうか?
高森氏らは簡単に「資質を求める」って言うけど、その「血統にこだわらない天皇になる資格」とやらを、どうやって判断するのでしょうか?
おかしいでしょう?
あれはまるで、竹田恒泰氏が主張する「血統の原理」を否定したいがため、もっといえば、竹田氏の言論を否定したいがため、竹田氏の後ろに存在する旧皇族の復権を阻止したいがため、そのためだけの、中身のない主張のようにわたしには聞こえます。

少なくとも、高森氏らこそ、「皇室の未来(日本の未来)を守ろうとする資質などない」と思います。
だから、所氏や高森氏らの言葉に騙されてはいけません。あれはとても危険です。

「天皇に資質を求める」というのは、たしかに一見聞こえはいいけれど、思わず納得させられてしまいそうだけど、
それはつまり、その考えの行き着く先は、「それを許す」ということは、
人(国民)が、天皇になるべき人間を、候補のうちから、勝手に、自分の好みで、「いい天皇」と「よくない天皇」とに分けることができる ということ。

「この天皇はよかったが、この天皇はダメだ」 と国民の好みで天皇を糾弾したり、やめさせることができるということを意味するのです。

最初は「そんなつもりではなかった」と言っても、結局、一度そういうことを許してしまえば、
一度そういう空気をつくってしまったら、近い将来、とくに「レリゴー」世代なんかは、あっという間に、天皇皇室への畏敬の念も分別も無くしてしまうことでしょう。


それが、「人が天皇の資質を求める(決める)」ということです。


いかに危険な発言かお解りいただけましたか?

間違えないでいただきたいのは、だからといって、「どんなおかしな人格や思想理念を持った者が天皇になってもいい」などとは誰も言っていません。「天皇になる資格」に「資質(人気)」を求めないということは、「天皇に人望がなくてもいい」という意味ではなく、
天皇には「個」を求めないといことです。国家や国民が究極に「守る」べきは、天皇「個人」ではなく、「天皇」という日本の伝統を背負った「国体そのもの」なのです。高森氏らは、それをはき違えています。とても、皇統保守とは思えません。だから危険です。

日本国民のみなさんは、そんな誤誘導にそそのかされず、もっとしっかり日本の行くべき正しい道を見極めてください。
それを見誤ったら日本は滅びます。

「天皇に人権がない」ということは、
究極的にいえば、天皇「個人」の気持ちや嗜好によって、国事行為や祭祀を好き勝手に変えられて皇室伝統が途絶えたり、
皇統の正統性や継続が途切れたり、天皇の意志で政治が壟断され、国家が傾いたり、本の国柄が変えられてしまうようなことがないように天皇には「個人(人権)」が認められていないのです。
それは奪われたものではなく、最初からなかったと言ってもいいのでしょう。実際、歴史を紐解いても、「個」を色濃くした天皇の御代は国が乱れていますから。
というか、戦後の歴史教科書には、そういった「個の強い天皇(世を乱した天皇)の逸話」しか出てきませんが・・・

(GHQが日本人の誇りを奪うために
「尊敬される天皇の歴史は語ってはいけない」という規定を作ったから。
戦後70年たっても、GHQが作った日教組がそれをずっと守っているから。)




そもそも天皇と国民は「平等」じゃない。そんな単純な薄っぺらいものじゃない。
それにこだわるのは共産主義者です。「天皇制は非人道的で不平等と格差を作り出す制度だ」とやるのですが、おかしなことです。
共産主義国家には、そもそもが本当の平等なんかどこにもないのに。共産主義国家には、結局、「独裁者(暴君)」しか生まれないのに。

でも、日本の天皇は違います。
天皇には他の王や皇帝のように「人権がない」から尊いのです。「資質がある」から尊いのではなく、「人権のない天皇」だからこそ尊いのです。だから日本の天皇は「独裁者」にはならないのです。

(※戦後の歴史教育の天皇の歴史やドラマや小説などの天皇についての認識は、
 反日左翼の「願望(洗脳)」が色濃く入った「嘘」だらけです!)




究極にいえば、
「天皇」とは、
2600年以上続く日本の伝統・文化・精神 等を 子子孫孫と「受け継ぎ」、
それを未来に「引き渡す」ための 「器」 なのです。

自分の意志で実力や才能で成る、ただの「英雄」や「カリスマ」とはまったく違うのです。
考えてみてください。そんな重い覚悟が、「一般人」に背負えるでしょうか?

小さい頃から自分が何になりたいかを夢見て、いろんな職業やヒーローに憧れて、自分の夢や目標を叶えるために一生懸命努力し、一個一個目標を達成し、実績や人望を積み重ね、夢の実現に向かって突き進んできた・・・ような、そんな人間が、果たして、天皇が背負うような責任や役目を<自己実現>として望むでしょうか?

それ以前に、一般人にその重みを理解できるでしょうか?
だから、「血統の原理」なのです。

その定められた星の下に生まれ落ちた者が、そのその環境の中、その宿命を背負って粛々とそれを「受け継ぐ」のです。
その覚悟は、そしてまた、その覚悟をつくる環境は、その伝統を背負っている一族だからこそ、できることではないでしょうか。

竹田恒泰氏が言っておられました。かつて、ひげの殿下として有名な三笠宮寬仁親王殿下が、「時々、急に天皇になる夢を見る」とおっしゃられていたそうです。それは、「わーい、僕も天皇になれる」・・・という、ワクワクするようなものではなく、冷や汗ものの「悪夢」として見る・・・のだそうです。
ずっと後ろの方とはいえ、殿下には「皇位継承順位 第7位」というものがついている。ということは、万万が一、万万が一にも、天皇になる可能性は「ゼロではない」ということです。とはいえ、よほどの天変地異でもない限り、よっぽど回ってくることはないはずなのに、それでも、万万が一、もし、本当にそういう事態になったら、その時は、寬仁親王殿下は「天皇にならなければならない」のです。・・・という一縷の意識(いざという時には逃げられない覚悟)があるだけでも、そんな「悪夢」を見てしまう・・・というのです。
そのくらい、天皇の地位(役目)というのは「重い」のだそうです。
それは、なりたくてなるものじゃない、ということ。夢や目標として憧れてなるようなものじゃない、ということ。いざとなれば「なるべき者がならなくてはならないとてつもない重い責任」だということです。


もう一度整理します。
高森氏が豪語していた「天皇に資質を求める」ことは一見聞こえはいいですが、よく考えるとそれはつまり、「資質のある無しを決めるのは国民である」=「国民の好みで天皇を決めたり、やめさせられる)
という勘違い(驕り)を生み出し、これまで「天皇になる資格=血統の原理」において「非の打ちどころのなかった天皇」を、「国民が認める天皇」と、「国民が認めない天皇」に分けようとしてるものであり、それは、国を二分した「南北朝の再来」であり、皇室打倒の共産主義に利するだけです。

また、高森氏らはおかしなミスリードばかりしてるけど、仮に皇室典範を改正し、旧皇族の男系子孫を養子に迎えるなどして「旧皇族を活用する」としても、それは、旧皇族の人間が皇族となって男系の子孫を残すのが目的であって、その者が直接天皇になるなどということはありません。

天皇になる人間は外から入ってくるのではなく、皇族として、生まれながらにしてその命運を背負って、その立場に生まれてくるのであって、たとえ男系の旧皇族といえども、いきなり「天皇になる」ことはありません
「旧皇族を天皇にする」などということは誰も言っていません。それを議論に乗せた(主張した)人は一人もいません。
高森氏は、完全な嘘をついて国民に誤解を与えているのです。

また、高森氏や所氏のように、「昭和天皇は素晴らしい」「今上陛下は素晴らしい」と、ことさら強調して「天皇に資質を求める」と言うのは、裏を返せば、将来の天皇に少しでも未熟さや気に入らない所があれば、国民がそれを糾弾して、天皇の資質を批判し、「天皇を否定できる」(退位させられる)ということなのです。

それがとても危険な思想であるということは、もうお解りですね。


そういう意味で「天皇は資質でなるものではなく、血統の原理でなるもの」だと竹田氏は言っているのです。


懇切丁寧に書きすぎたかもしれませんが、お分かりいただけたでしょうか?

<今後は、こんなキーワードにご注意を!>
「天皇に資質を求める(のは当然)」
「天皇にも人権を」
「女性差別だ」「皇族女子に自由恋愛を」
「旧皇族はもう平民。天皇になる資格はない」
「男系にこだわると皇室は続かない」


・・・ みんな、みんな、 大嘘つきの危険思想です。



高森氏の正体を見たり!!です。
























★皇室を敬愛しているけど、
 「もしこれが本当だったら そんな天皇をわたしは認めない」と思っているあなたへ・・・


関連記事
スポンサーサイト



コメント
歴史
日本の歴史・国史が見事にやられています・日韓議連により定められた中韓日の「歴史認識の共有」・これにより・更に歴史教科書の改ざんが進んだように思います・反日日本人・中韓にとって都合の良い方向へと流れています・日本が日本であるためには・天皇の存在なくして語れません・道鏡事件・藤原氏の専横・国王に任じられた足利義満の朝貢貿易・数々の試練を乗り越え・営々として天皇の居られる歴史が紡がれてきました・私達の世代で・時代で・これを途切れさすわけにはいきません・それが先人たちの想いに応えることだと思うからです!
2019/06/07(金) 02:23 | URL | waravino #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

うさんぽ

Author:うさんぽ
アメブロにいた「うさんぽの小径」のうさんぽです。
普通の子持ちの主婦です。
うさぎブログのはずだったのに、気がついたらこんな重いブログになっていました…
思いっきり、主婦目線、母親目線、オバサン目線でいろんな情報に感想を書いています。

記事を引っ越してきたので改行が狂ったりリンクが開けないなど見苦しいところがあり申し訳ありません。

QRコード
QR
RSSリンクの表示